« January 2005 | Main | March 2005 »

Thursday, February 17, 2005

宮崎市江平「大盛うどん」

 小さい頃(20年以上も前)、よく連れて行ってもらった江平の「大盛うどん」。味は覚えていないが、「いつも繁盛していた」という記憶だけある。中学生になり、そして宮崎を離れてからは行くことはまったくなかった。近くを通るぐらい。
 昨秋宮崎に戻ってから、食べに行きたいと思っていた。毎月第3木曜に「うどん・そば全品100円引き」をやってるのは知っていた。そして今月、かな~り久しぶりに食べてきた。そういえば、一人で行くのは初めてだった。

 「大盛うどん」は90年近い歴史を持つ老舗。宮崎では有名で、地元の情報誌「タウンみやざき」がうどん特集をやったとき、大きく取り上げられていた。
 自分が行ったのは(木曜の)夕方5時。お客はやはり多い。年配の人が中心だが、学校帰りの女子校生が意外と多くて驚いた。そういえば自分は子供の頃によく連れて行ってもらったのだし、ちょっと大きくなっても足を運ぶ若者が多いということだろうか。
 店内は新しくなっていた(一昨年秋にリニューアルしたようだ)。和の茶屋っぽいイメージは変わらず。テーブル席の他に座敷席、カウンター席もある。テーブルには熱い緑茶の入った急須と湯呑が置いてある。
 席に座ると、店員のおばちゃんが注文を聞きに来る。自分は「たぬきうどん」(400円)と「いなり」(70円)を1個頼んだ。100円引きなのでトータル370円。他にあったのは「かけうどん(そば)」(300円)、「肉うどん」など。「カレーうどん」もあった。持ち帰りもやっていて、買っていく人は多かった。

 うどんは関東風の濃い汁。やや甘みがあって美味い! この汁はちょっと他では味わえないかも。
 うどんは讃岐うどんのような腰の強いタイプではない。(悪い言い方に感じられるだろうが)ボロッとした麺。この麺に汁がよく絡むから、これまた美味い。麺を箸で持ち上げれば、汁が馴染んでるのがわかる。
 今回は「たぬき」にして正解。油揚げと汁の相性が良くて、旨味が増してる感じだったからだ。
 ボリュームも多めだし、自分はとにかく「美味い!」と感じた。

 さすがは宮崎の名店。100円引きの日に毎月行こうと思う。
 宮崎といえば「釜揚げうどん」もあるので、今度はこっちにチャレンジしようと思う。じつは、食べたことないので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, February 16, 2005

2/16 セレッソ大阪vsベガルタ仙台(練習試合)

 エントランスプラザでの練習試合観戦2回目(前回はコンサドーレ札幌vsホンダロック)。今回はエントランスプラザで9日からキャンプしているJ1・セレッソ大阪と、都並新監督を迎えたJ2・ベガルタ仙台。J同士の試合を生で観るのは初めてっす( ゚Д゚)y─┛~~プカー

【練習試合】
 この日の宮崎は前日の雨が上がり、正午には20度ほどの暖かさ。ただ、風が強く(南風。画像の左から右方向に吹いていた)、昼過ぎから曇りだして体感温度はちょっと寒いかな~…って感じだった。
 試合開始が14:00で、自分が到着したのが14:10。セレッソがすでに先制していた。試合は30分の3本。1本目と2本目はセレッソが攻める場面がほとんどで、2本目にもセレッソが得点(ちなみに、1本目はベガルタが風下、2本目はセレッソ)。選手はまったくわからないので何とも言えないけど(ゴメンナサイ)、両チームとも外国人選手を使っていた。
 3本目はピッチの変更無し。途中からベガルタの攻める場面も増えて、惜しいミドルシュートがあった(ゴール端に来たのをキーパーが弾いた)。セレッソも絶好機があったけど、キーパーの正面だったり、バーを越えたりで得点できず。2-0のセレッソ勝利で終わった(結果はここ)。
 平日なので、観戦のファンは前回ほどは多くなかった。ただ、報道陣は多かったように思う。テレビカメラは2台あったし、小さいビデオカメラで撮ってる人もいた。カメラマンは多く、「河北新報」などがいた。
 それにしても、間近で見れるのはやっぱいいよな~。選手の表情とか、喋りもわかるし。
 自分が着いた直後、たまたまボールが自分のところに来た。サッカーボールを掴むのは高校までゴールキーパーをやって以来だろうか。ちょっとだけ血が騒いだ。
セレッソのフラッグ。風の強さがわかってもらえるだろうか? ファン。報道陣も含めると、多くて100人だったかな?
ベガルタゴールを脅かすセレッソ。ボールの支配率はセレッソが高かった ベガルタ28番のフリーキック
セレッソ9番の攻めを防ぐベガルタ 試合終了。セレッソが2-0で勝利

【終了後】
 試合終了後、ファンや報道陣が帰る選手を待っていたので、自分も一緒に待つことに。
 選手がやって来ると報道陣が寄って、インタビューがそこかしこで始まる。セレッソのシャツを着た女の子2人がインタビューしてたけど、あれは地元の応援番組なのだろうか? 自分がただ一人顔のわかる選手が森島なんだけど、森島はひょうきんに受け答えしていた。
 ベガルタと言えば、都並新監督。報道陣に囲まれて、けっこう長い時間取材を受けていたけど、何を言っていたかは聞こえなかった。ベガルタは9番の外国人選手が足を痛めて途中交代したのだけど、バスに乗るときも冷やしたままだった。
 セレッソのフラッグにサインをもらう老夫婦、記念撮影する若い人たち、化粧してる女性などファンはいろいろ。自分も握手して撮影させてもらいたかったけど、誰が誰だがわかんないので(^-^; 「あの~、お名前は?」とか聞いたら失礼だろうし。ちょっと残念だった。
「なにわ」ナンバーのセレッソバス セレッソシャツを着た女の子2人がインタビュー 森島。「地鶏食べました」とか言ってた
ベガルタの選手を取材する報道陣 報道陣に囲まれるベガルタ・都並監督

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, February 06, 2005

1/28&29 広原神楽&椎葉神楽

たまゆら温泉神楽まつり
 宮崎では各地で数多くの「神楽」が行われているんだけど、気軽に見に行けるものではない。高千穂や椎葉など交通の便が悪い遠方の地域があるし、夜通し行われる夜神楽なら道具などきちんと準備して行ったほうがいいだろう。
 1月から3月に行われる「たまゆら温泉神楽まつり」は、宮崎市にいながら多くの神楽を気軽に鑑賞できる絶好の機会と言える(本場での本格的な鑑賞もいつかはしたい)。
 今週以後のスケジュールは以下の通り。

≪ホテル神田橋≫
2/18(金)高鍋神楽、2/19(土)神椎葉神楽
3/25(金)住吉神楽、3/26(土)野島神楽
≪ホテル浜荘≫
2/25(金)新田神楽、2/26(土)高鍋神楽
≪宮崎グランドホテル≫
3/4(金)船引神楽、3/5(土)野島神楽
≪宮崎観光ホテル≫
3/11(金)高屋神楽、3/12(土)榎原神楽
≪ホテルプラザ宮崎≫
3/18(金)大島神楽、3/19(土)三ヶ所神社神楽
※ホテル金住での公演はすでに終了
【1/28 広原神楽】
 自分が行ったのは1月末。このときは「宮崎グランドホテル」が神楽宿だった。
 神楽宿となる大淀川河畔の6軒のホテルには、日向神話のハイライトをオブジェにしたものが飾られている。ホテル神田橋にはイザナギの「みそぎ伝説」、ホテルプラザ宮崎には「天の岩戸伝説」、宮崎観光ホテルには「海幸彦・山幸彦伝説」、ホテル金住には「神武天皇誕生」、ホテル浜荘には「神武東征物語」、そして宮崎グランドホテルには山幸の「竜宮城伝説」である。
 神楽は1Fのロビーで行われていた(ホテル金住は2Fの広間だった)。
 この日は宮崎市の「広原神楽」。広原神社の奉納神楽として三百年以上舞われてきた昼神楽で、三十三番からなり、「天照大神の岩戸隠れ」などの神話に基づいている。クライマックスは「綱の鬼神」――と配布されていたガイドに書かれている。舞の合間にいろいろ説明してくれるので、わかりやすかった。
 踊ってる人たちは、普段は農業などをやってるとのこと。4人による舞では「ピンチヒッターが1人いるんですけど、間違える人がそうです」なんて言ってた。最初に踊ったのは中学生の兄弟、鬼神の舞をやったのは小学6年生。たぶん、(自分が聴いた限りでは)伴奏も簡単なもので、芸能としての洗練度は高くないと感じた。地元の人たちが(大人も子供も)気軽に取り組めるものだったのでは…と思う。
 エンターテイメント度は高い。観てる人も一緒に楽しめるものだった。真剣で綱を斬るクライマックス「綱の鬼神」は迫力があったし、場内が一体となって盛り上がるシーンもあった(具体的に何だったかは忘れた)。紅白の餅まきもあったし。
 神楽といえば「ふるまい」。焼酎や清酒が無料でふるまわれており、ほとんどの人が紙コップを片手に…だった。食べ物は無料ではなくて、おでん・チキン南蛮・レタス巻・ぜんざいなどが売られていた。
 「御幣」が用意されていて、自分は2本持ち帰った。これは部屋に飾っている。
竜宮城物語のオブジェ まずはお祈り ときどき解説してくれる 中学生の兄弟による舞 伴奏は太鼓と鉦 紅白餅 助っ人が1人 迫力のある舞 クライマックス・綱の鬼神 太刀で大蛇退治

【1/29 椎葉神楽(仲塔神楽)】
 翌日は宮崎県の北西部にある椎葉村の「仲塔神楽」。椎葉神楽といえば国指定の重要無形文化財であり、仲塔神楽は椎葉村内の27集落で伝えられる神楽の一つ。観に来た人が多かったのは土曜というのもあるけど(座る場所がまったくなかった)、「国指定」の神楽を見てみたいというのもあったかもしれない。自分がそうなんだけど。椎葉に行くのは遠いし。
 神庭の紐、太鼓、面などの道具の年季と精巧さは前日の広原神楽とは違う。面を着けるときは直接触れず、紙を使うようにしていた。
 最初に舞われたのが「荒神」。荒神面を着けての一人舞い。祝手(ほおて。椎葉神楽では舞手をこう呼ぶそうな)は地元の若い男性。この舞が一番面白かった。この後の「火の神」(二人の舞)、年配の方による「鬼神」は単調な動作の繰り返しに感じて自分は退屈だった…。
 伴奏は太鼓のみ。ただ、この日は椎葉村から来たおばちゃんたちがたまたま宿泊していて、「せり唄」を歌ってくれた。歌詞は即行らしい。神楽は男性が舞うものなので、女性が参加する手段とも言ってたような違ったような…。あと、最後のほうには客席にいた男性が飛び入り参加していた。
 椎葉神楽は修験道の影響を受けているとも言っていた。鬼神のなかで面棒を持って山芋を掘る仕草があるんだけど、これなんかは山の生活が表現されている。椎葉の歴史と暮らしが、この椎葉神楽には反映されている。
 台風で被害を受けたけど、この椎葉神楽を守っていきたいとも言っていた。
荒神 神楽宿
伴奏は太鼓のみ 太鼓のアップ
火の神 せり唄を歌うおばあさん。椎葉村のおばちゃんたちが、たまたま泊まっていた
準備中 鬼神 飛び入り参加

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, February 05, 2005

1/29 新春馬術大会

【新春馬術大会 at JRA宮崎育成牧場】
 1月29日と30日、南九州の馬術競技者が集まる「第40回 新春馬術大会」が行われた。会場は宮崎市・花ヶ島のJRA宮崎育成牧場。ここは乗馬クラブがあるし、公園など憩いの場にもなっている。
 2日間のプログラムは以下の通り(看板に書いてあったもの)。

1/29(土) 開会式12:00~
第1競技 馬場馬術競技
第2競技 二段階障害飛越今日日(ジュニア・少年)(一般)
第3競技 チャレンジカップ競技(新設)
第4競技 クロス障害飛越競技(ジュニア)(少年・一般)
第5競技 中障害飛越競技
1/30(日) 8:30~
第6競技 小障害飛越競技(少年)(一般)
第7競技 低障害飛越競技(ジュニア)(少年・一般)
第8競技 ジムカーナ競技
第9競技 場長杯飛越競技
 他の催しは「乗馬試乗会」「ポニー馬車」「造鉄実演」など。
 自分が行ってきたのは土曜の夕方だけ。第4競技の途中からだった。
馬術大会の看板 競技場。向うに見えるのは、かつては国営や公営が行われた競馬場

【クロス障害飛越競技(ジュニア)】
 障害用の棒を交差させてるから「クロス障害」なのだろうか? 低い。ジュニアクラスにはちょうどいい高さかな。
 ボケ~と眺めていたら、アナウンスされた出場馬のコールに「おお!」となった。ヤマニンミラクル――ミホノブルボンの同期で京成杯3歳Sを勝ち、朝日杯3歳Sで2着と活躍した馬だ。その馬が今、子供を背に障害を飛んでいる。「へ~」と思ってたら…騎手を落としてしまった。いや、騎手がバランスを崩して落ちた、が正解か(^-^;
 障害が低いとはいえ、人馬が飛ぶ姿を目の前で見るのはちょっとした感動がある。中山で障害のレースを見て以来、人生で2度目だし。
ヤマニンミラクル! 騎手が落ちた ジュニアの障害は低い

【中障害飛越競技】
 次は一般の障害競技。障害の高さも数も違う。迫力も違った。
 でも、自分は途中で帰っちゃった。進行が押してるうえに、障害のセッティングに時間がかかり、暗くなってしまったから。寒さで震えてたし。
 機会があれば来年、改めてレポートしまっす( ゚Д゚)y─┛~~プカー
さすがに迫力ある 騎手は女性だったかな?
最後にある三連続障害 進行が遅れて、照明が点いた

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, February 01, 2005

1/31 プロ野球4球団が宮崎入り

 プロ野球の宮崎キャンプがいよいよスタート。2月1日からは宮崎市で読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークス、日南市で広島東洋カープ(若手)、南郷町で西武ライオンズがキャンプを始める。西都市では2月7日からヤクルトスワローズ(ファーム)が、日向市では東北楽天ゴールデンイーグルスが2月15日からキャンプ。アマチュアでは2月7日から欽ちゃん球団ゴールデンゴールズが日向で初めての春季キャンプを行うし、他にも数多くのチームがやってくる(詳しくはここを)。2月の宮崎はべースボールキャンプ花ざかりである。
 キャンプスタート前日の1月31日。宮崎入りする4球団を見に、宮崎空港に行ってきた。一度に4球団を拝めるってのは、お得感があるので(^-^;
 この日のことは宮日新聞2月1日朝刊の記事もどうぞ。

読売ジャイアンツ
 最初の歓迎セレモニーはジャイアンツ。時間は11:30から。自分は11時半すぎに着くように行ったんだけど…着いたら、もう終わってた( ̄□ ̄; 早いよ。
 選手がバスに乗ろうとしてたんだけど、周辺はファンやら報道陣やらでちょっとしたパニックに。ファンは1000人ほどいたらしい。
 う~ん、わけわからんまま終わってしまった。遅れた自分のせいだけど(-_-;
 ジャイアンツのキャンプ日程は2/1(火)~25(金)、場所は宮崎県総合運動公園。練習試合は19日にvs楽天、20日にvsホークス。20日の試合は悪友バンと行く予定。読売巨人軍広報部発行のフリーペーパー『観戦ガイド2005宮崎キャンプ号』がJR宮崎駅など各所に置いてあるので、参考に。
バスに乗る選手たちを追っかけるファンや報道陣でちょっとしたパニック 巨人のハッピvs西部のハッピ

広島東洋カープ(若手)】
 次は広島東洋カープ。到着ロビーの前で12:10から。あわただしく準備が始まる。ポカーンと突っ立ってると、いつのまにか自分の位置が最前列になり、「歓迎 広島東洋カープ」の横断幕を持つことになってしまった。
 カープといえば、バンが熱烈に応援する球団である。バンの野郎は山本浩二監督のサイン入り携帯を大事に持ってるし、車の中はカープグッズだらけ。昨年は天福球場に連れて行かれたし、9月には横浜スタジアムで横浜vs広島を一緒に観戦した。そういや、数年前の結婚式でカープの応援歌を使ってたな。「カ~プ♪ カ~プ♪」の応援歌を耳にして思い出した。そんなバンのために、このときだけカープファンになってやることにした。「にわかファン」だけど。
 飛行機がなかなかやって来ない。10分の遅れ。疲れる。いや、自分の前で花束を持ったまま硬直してる女性のほうが大変か…。まわりには広島テレビなどの報道陣、日南市の関係者、旗を持ったファンたちが集っている。
 セレモニーが始まったのは15分遅れの12:25。スーツ姿の選手たちが並び、監督らに花束が渡される。う~ん…誰が誰だがわからん(^-^; バンがいたら、名前やプロフィール、入団のいきさつなど詳しく教えてくれるんだけど。夜にバンに電話したら「若手やけど、前田とか緒方とかもおったやろ」と言われた。そんなトップ選手でもわからんのよね(-_-;
 広島の若手キャンプは2/1日(火)~21(月)で、場所は日南市総合運動公園野球場。主力は2/13(日)~28(月)、天福球場で。試合は26日に都城で西武と。天福球場はボロっちいとこで、駐車場は舗装されていない。改装したので変わってるようだけど。6日、13日、20日には「日南の食プレゼントデー」として、魚の味噌汁などが振る舞われるとのこと。今年もバンと行く予定っす( ゚Д゚)y─┛~~プカー
「歓迎 広島東洋カープ」 なぜか自分は最前列で横断幕を持つことに… 広島ナインが到着。バンがいたら選手の名前を教えてくれるのに…
花束贈呈 バスに向かう選手たち

西武ライオンズ
 12:45からは日本一の西武ライオンズ。ここでも自分は前のほうに(NHK宮崎のニュース番組で自分が映ってた!)。
 飛行機が到着した後にアナウンス。「ジャイアンツの選手も乗っています」。飛行機を降りた選手は、オアシス広場の向こう側にある通路を歩いてやって来る。ジー…と見てると工藤、小久保、そして清原が! 自分のまわりが騒ぎだして、ライオンズそっちのけで写真を撮りに行ってしまった。う~ん、清原を見れるとは思わんかった。
 さて、ステージに選手たちが揃ってセレモニースタート。南郷町長が挨拶する。力を込めすぎて、なんか変。噛んだり、どもったり…。感想。「伊東監督って、新日本プロレスのイケメン・永田さんによく似てるよな」。
 バスに乗ろうとする松坂や和田さんを撮ったんだけど、ピンボケだった。すみましぇん(ToT)
 西武キャンプの日程は2/1(火)~25(金)、場所は南郷町中央公園野球場。試合は26日に広島と。南郷町にもバンと行く予定っす。
「宮崎は、北から南までキャンプの花ざかり。」 ライオンズ歓迎モードのオアシス広場ステージ 報道陣
宮崎交通の制服を着た歓迎レディース軍団 ライオンズの旗の下の人影は誰でしょう? 正解は、巨人の清原
伊東監督って、新日本の永田さんに似てるな~と思った…ペイッ! 花束贈呈。和田さんを見た近くのおばちゃん曰く「あの人、すぐわかるよね」
花束を持つ松坂 永…じゃなくて、伊東監督の挨拶

福岡ソフトバンクホークス
 14:45からは同じオアシス広場で福岡ソフトバンクホークス。時間があるので空港内を歩き回って時間を潰し、いろいろ試食して飢えをしのいだ。いろんなものを食べて大満足…。
 下で見ようかと思ってたんだけど、人が多い。1800人はいたらしい(人が集まりやすい時間ではあったけど。というか、1800人もいたか?)。制服姿の女子学生や、若い女性が目立つ。宮崎ではジャイアンツよりもホークスのほうが人気あるのだろうか…? 昨年のキャンプはホークスのほうが多かったらしいし。
 セレモニーは時間通りにスタート。孫正義オーナーも来てるとは。王監督兼GM、秋山2軍監督、松中選手会長たちと一緒に花束を受け取り、「世界一を目指します」と挨拶していた。
 セレモニー終了からバスに乗るまでは写真をどうぞ。面白い選手が一人いたなあ(^-^; じつは、この日持って来たリチウム電池の調子が悪くて、インタビュー中の川崎を目の前から撮ろうとしたら、そこでカメラが止まってしまった…。一番のシャッターチャンスだったのに(ToT)
 ホークスキャンプの日程は2/1日(火)~26(土)、場所は生目の杜運動公園。試合は20日に巨人と。まだ現物を手にしてないけど、フリーペーパーが発行されてるはず。あと、バンが「昨年行ったけど、朝早くなのに駐車するところがなくて困った」と言っていた。車で行く人はご注意を。一度は行くつもりっす。
ホークス歓迎モードのオアシス広場 歓迎式典スタート
花束贈呈 王監督兼GMが挨拶
手を振る孫オーナー ウィリー・ウィリアムスみたいな外国人選手。後ろに秋山2軍監督
王監督 名前わからない選手その1。城島の顔が少し
名前わからない選手その2。バスの窓から一人でアピールしまくってた 産業再生機構の支援が決まった宮崎交通のバスに乗って出発

読売ジャイアンツ(2軍)】
 「これで全部終了。さ~て、帰ろう」と思ってたら、オアシス広場になぜかジャイアンツの旗が。ステージ前でハッピを着て待ってる人たちの横断幕を見てみると「歓迎 読売巨人軍 清武町」と書いてある。ああ、2軍はこの後に来るんだ。ついでだから、見ていくことにした。
 人は今までよりは少ない。でも、ハッピを着てる清武町の関係者らしき人たちからは「歓迎します!!」という熱意のオーラが伝わってくる。和服のおばさんは旅館の女将さんだろうか。
 選手は若い人ばかり。端っこにいたのは河原かな? 他に顔がわかったのは、コーチの屋鋪だけっす(ファミスタのスーパーカートリオは敵にまわすと嫌だった…)。
 ジャイアンツ2軍キャンプの日程は2/1(火)~3/1(火)、場所は清武町総合運動公園野球場。清武といえばラーメンブームの中心地…だったはず。
花束の贈呈 清武町長が挨拶

【宮崎キャンプに来る方へ】
 キャンプ情報のチェックはみやざき旬ナビ スポーツランドみやざきを。
 宮崎に来たら、フリーペーパー『観光みやざき2月号』とクーポンブック『宮崎たべ天~宮崎食べもの天国~』の入手を。『観光みやざき』はキャンプ情報の特集がある。『宮崎たべ天』はキャンプシーズンに合わせて作られたもので、郷土料理が食べれる店などを扱っている。
 土産を買うなら、宮崎空港が一番。日南名物の「おび天」を例に挙げると、空港内の各店で売られているし、専門店では揚げたてが買える(チーズ入り、玉子入りなど種類も豊富)。自分の好きなトマトジャムのように空港限定の商品もある。試食もたくさんあるので、美味いものを自分の舌で探すことが可能だ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2005 | Main | March 2005 »