« 自分が選ぶ明治以降の名(迷)力士39人 | Main | 宇都宮競馬を廃止に向かわせたもの 「新競馬場計画」と「栃木県」と「農水省」 »

Saturday, March 12, 2005

3/12 榎原神楽

 1ヶ月ぶりに、たまゆら温泉神楽まつりに行ってきた。場所は宮崎観光ホテル、神楽は南郷町の榎原(えばら)神楽。いつものことながら、多くの人でにぎわっていた。
 南郷町は西武ライオンズのキャンプ地として知られる町。榎原神楽は榎原神社創建から奉納されていたもので、一時期途絶えはしたものの、旧暦2月の初午に近い日曜日に作祈祷神楽として毎年奉納されている。
 手力男(タヂカラオ)が天岩戸を開けるシーンがもっとも力が入るのだろうが(張りぼての岩戸を使っていた)、一番盛り上がったのは男性器を模した御神体が登場したとき。竹で作られたもので、太さは20cmほど。「祈願」と書かれている。先細りなのは気になったが(苦笑) これにおばちゃんたちが大喜びで(笑) これを使って、和紙を貼った籠を破ったり(処女膜か?)。会場にまわすと、老若男女みなが触っていた。他にも棒の先に実物に近い大きさの御神体を付けたものがあって、舞手が股間にピコーンと上向きに勃起させる踊りをやってこれまた大騒ぎ。これまで行った神楽のなかで、一番の盛り上がりだった。
 神楽まつりは3/26まで。来週はホテルプラザ宮崎、再来週はホテル神田橋で行われる。
「えばら」と呼びます 小学校の頃から舞って、今は高校生という舞手も 男性器の御神体。おばちゃんたち、うれしそうです。ボケた写真にして良かった
会場の様子。洋風のロビーです 海幸彦・山幸彦物語のオブジェ

|

« 自分が選ぶ明治以降の名(迷)力士39人 | Main | 宇都宮競馬を廃止に向かわせたもの 「新競馬場計画」と「栃木県」と「農水省」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60301/3281230

Listed below are links to weblogs that reference 3/12 榎原神楽:

« 自分が選ぶ明治以降の名(迷)力士39人 | Main | 宇都宮競馬を廃止に向かわせたもの 「新競馬場計画」と「栃木県」と「農水省」 »