« 初体験! 「映画館を独占」 | Main | 高知県競馬組合の前田管理者が異動 »

Tuesday, March 22, 2005

昨年観た映画52本の感想

 昨年観た映画の感想をサラッと。オマケで今年これまでに観た7本も。満足度を★で5段階評価してます。内容については忘れてる部分もあるのでご容赦を(俳優名以外はネットで確認せずに、敢えて自分の記憶だけで書いてみます)。昨年は金欠のため厳選して観たので、「金返せ!」という映画はなかったです。

≪1月≫7本

『イン・アメリカ』★★
 アイルランド系移民の貧乏家族4人(父、母、娘2人)がニューヨークに住んで…という話。ゆったりした気持ちで観れた。姉妹がとってもかわいらしい。

『タイムライン』★★
 タイムトラベル物は辻褄合わせが大変だな~と思った。城での攻防戦は迫力あり。

『リクルート』★★★
 主役(コリン・ファレル)のリクルート先はCIA。勧めたのはアル・パチーノ。ドキドキしながら観たのを覚えてる。

『シティ・オブ・ゴッド』★★★★★
 TOHOシネマズ川崎のリバイバル上映(1000円)で鑑賞したブラジル映画。テーマはチルドレン・ギャング。刺激的なストーリーと演出、テンポの良い展開に飲み込まれて、終わったときは「うひょ~!」となった。

『ミスティック・リバー』★★★★
 友人は結末に怒ってたけど、自分は演出や演技に唸ってた。良い人なケビン・ベーコンはなんか新鮮だった(苦笑)

『シービスケット』★★
 競馬の映画だけに初日に鑑賞。原作になった小説も読んでないし、予備知識もほとんどなし。でも、2時間半という時間でもストーリーをいろいろ省いてるんだろうな~と感じて、物足りなかった。期待ハズレ。前編(マッチレース)と後編(サンタアニタH制覇)に分けても良かったのでは。物足りなかった。後で小説を読んで感動した。

『ハリウッド的殺人事件』★★★
 主演はハリソン・フォードとジョシュ・ハートネット。けっこう軽いノリ。期待してなかった割には楽しめた。

≪2月≫6本

『ニューオーリンズ・トライアル』★★★★
 日本でも注目を浴びている陪審員制度の映画(日本では裁判員制度)。ダスティン・ホフマン、ジーン・ハックマンといった名優ぞろい。ストーリーとともに謎が明るくなっていくのが心地よかったし、陪審員制度というのは自分にとって新鮮だった。

『コンフィデンス』★★★
 『ニューオーリンズ~』のダスティン・ホフマンとレイチェル・ワイズも出演。2人とも正反対のキャラで、それが自分は面白かった。詐欺の映画です。

『ラブ・アクチュアリー』★★★★
 ラブがテーマのオムニバスムービー。行くかどうか迷ったほど期待してなかったけど、劇場で観てよかったと今でも思う。『ミスティック~』の鬼嫁の、恋する女性っぷりにビックリ(一流の女優っす)。ビル・ナイが一番面白かった。

『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』★★★
 この長い映画を観終わったとき、長距離走を完走し終えた気分になった(自分は『2』からしか観てないけど)。映画の内容よりも達成感。最後の20分は余計。

『ドッグヴィル』★★★★★
 セットはスタジオ内の床にチョークで描かれた村。他にあるのは家具とか最低限のもののみ。舞台劇に近いかもしれない。小さい村に逃げ込んだ女が虐げられ、犯され、最後の最後に復讐する。観てる自分の気分はだんだんダークになり、劇場を出るときは何とも言えない気分。ニコール・キッドマンが美しかった。

『リベリオン』★★★★★
 浅草のボロ劇場のリバイバルで鑑賞。近年観た映画のなかで最高傑作。主人公(クリスチャン・ベール)の変化に思いっきり感情移入したため、自分は2度泣いた(近くでオヤジどもがイビキかいて寝てるのに)。史上最強の格闘術・GUN=KATAに大感激。カッコよすぎ! DVDを購入して何度も何度も観た。イェーツの詩集も借りて読んだ。夢を君の足許に…。;y=( ゚д゚)プシュ

≪3月≫5本

『ツインズ・エフェクト』★★★
 ジャッキー・チェンもゲスト出演している香港アクションムービー。主役の本職はアイドル2人組らしい。ダメ映画かなと思ったら、けっこう楽しかった…。

『マスター&コマンダー』★
 予告で「ある船長と、それに従う少年船員達の話」と思ったら、そうじゃなかった。騙された。あんな予告作るんじゃねぇ!(怒)

『天地英雄 ヘブン・アンド・アース』★★★
 中井貴一が"日本に帰りたいけど帰らしてもらえない遣唐使"の役で出演した中国映画。「惜しいよな~」と思った部分が多数あったことを覚えている。それらをクリアしていれば★5つだった。

『レジェンド・オブ・メキシコ』★★
 あんまり印象に残ってない。

『ペイチェック』★★★
 ベン・アフレックとユマ・サーマンが主演。まあまあ楽しめた。

≪4月≫3本

『ドラムライン』★★★
 マーチングバンドのスポ根映画。スポ根のお約束が詰まってます。

『エレファント』★★
 チネチッタ川崎の無料券で平日の夕方に観たんだけど、やけに人が多かった。内容は、あのコロンバイン高校の銃乱射事件。同じシーンを、別々のキャラの視点で繰り返す。監督はガス・ヴァン・サント。異色すぎて、自分はいまだに消化できない。

『タイムリミット』★★
 どんな映画か思い出すのに苦労した。まったく印象に残ってなかった。デンゼル・ワシントンが主役だった。

≪5月≫7本

『キル・ビル2』★★★
 『1』よりは面白かった。それだけ。

『オーシャン・オブ・ファイヤー』★★★
 ヴィゴ・モーテンセン主役。こういうアトラクション的エンターテイメント作品も好きです。

『ゴッドディーバ』★★
 話が理解できず。アニメみたいな映画だった。

『スクール・オブ・ロック』★★★★★
 昨年公開された映画ではこれがベスト。後半のクライマックスのカタルシスと言ったら…。劇場を出るとき、みんなニコニコしていた。自分はHR/HMが好きなので倍楽しめたかも。ニール・パートのドラムは絶対聴けよと言って、RUSHの『2112』を渡すシーンとか(笑)

『アップルシード』★★★
 フルCGのアニメ。ストーリーは知らないけど、楽しめた。

『コールド・マウンテン』★
 つまらんかった。

『パッション』★★★★
 メル・ギブソン初監督の問題作。キリストがボロボロにされていく様はまともに見れなかった(ノД`) どんな映画でもオッパイプルルンで自己主張するモニカ・ベルッチが何も無くてガッカリ(´・ω・`) モニカ・ベルッチと言えば、自分は『アレックス』を劇場で観ている。

≪6月≫6本

『ランダウン』★★★★
 WWEのザ・ロック主演のアクション・ムービー。思いっきりB級の香りがするので期待はしてなかったけど、アクションは切れがあって迫力有るし、話もサクサク進むので意外と面白かった。良作。

『クリムゾン・リバー2』★★
 なんてこたぁない、アンフェタミンだ! 俺にも1本くれ! 聞いてはいたけど、結末に脱力。友人と呑み会でどれだけネタにしたことやら(苦笑)

『トロイ』★★★
 ZERO-ONEにいたネイサン・ジョーンズが序盤でブラビにやられた。

『ビッグ・フィッシュ』★★
 どんな映画だったっけ? けっこう面白かった気が。

『レディ・キラーズ』★★★
 トム・ハンクス主演。トムたち泥棒が、老婆の家の地下室で音楽の練習をすると言いながら、じつは銀行破りのトンネルを掘る。それを老婆に見られて…という話。

『メダリオン』★
 ワイヤーやCGを使いまくるなんて、ジャッキー・チェンじゃないやい(ノД`) 駄作。ラストは予想通りNG集をやってて、これまた予想通りジャッキーは車にひかれていた(苦笑)

≪7月≫6本

『下妻物語』★★★★
 実写の邦画は嫌いなんだけど、これは予告をやってる頃から観たかった。で、観たら面白かった。CMのように歯切れがいい。シベ超Tシャツのマイク水野に心の中で爆笑。

『デイ・アフター・トゥモロー』★★★
 こういう映画に出てくるキャラって、なんでバカばっかりなんだろうと思った。

『スパイダーマン2』★★★★
 これまで観たマーヴルの作品では一番良かった。ヒロインがかわいくないこと以外は文句なし。

『マッハ!!!!!』★★★★★
 ムエタイの映画。公開初日に行った。トニー・ジャーに蹴られる人たち、かわいそすぎ…。タイの妙なパワーをビンビンに感じた。

『いかレスラー』★★
 監督が川崎実という時点で糞映画だと確信してたけど…。イカモードの西村が、まったく西村らしくないことが気に食わなかった。あれじゃあ、別人…じゃなくて別イカ。エンドも最悪。話をまとめることができないから、ムチャクチャにして強引に終わらせている。西村修に★1つ。西村の「イカイカイカイカイカレスラ~♪」に★もう1つ。

『キングアーサー』★★★
 ジェリー・ブラッカイマー製作。アーサーが地味すぎ。

≪8月≫1本

『華氏911』★★
 この映画を「面白い!」と言ってた人は、『ボウリング・フォー・コロンバイン』を観てないのでは。ユーモアがないから退屈だった。大統領選挙に間に合わせるため、急いで作ったのでは…と聞いたけど。

≪9月≫2本

『ディープ・ブルー』★★★
 動物のドキュメント映画といえば『WATARIDORI』というのを劇場で観たんだけど、鳥が飛んでるばかりで、しかもストーリーラインに起伏がないので退屈だった。でも、これはいろんな動物が出てくるし、驚きの映像ばかりで面白かった。シャチは怖ぇよ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

『アイ・ロボット』★★★
 ウィル・スミス主演。じつはウィルがロボット…というオチを勝手に予想していた自分はバカです。

≪10月≫5本

『ヴァン・ヘルシング』★★★★
 次回作も作って欲しい。

『アラモ』★★
 惜しい以前にトホホな映画。(実話とはいえ)ストーリーも「酷ぇよ(;゚Д゚)」と思った。創り手たちは、じつは「こんなはずじゃ…」と思ってるのでは。ジェイソン・パトリックを思いもかけず発見したのが収穫。でも、ベッドで殺されちゃう。

『トゥー・ブラザーズ』★★★
 虎の赤ちゃん、かわいい(*^-^*)

『バイオハザード2』★★★
 台風で飛行機が欠航になった日に観た。個人的妄想だけど、ミラ・ジョヴォヴィッチのセックスは激しそう…。

『モンスター』★★★★★
 横浜を離れる前に最後に観た映画。シャーリーズ・セロンの迫真の役作りと演技に脱帽。エンドロールでジャーニーの"Don't Stop Believin'"が流れてるときにジーンと来た。

≪11月≫2本

『コラテラル』★★★★
 ここからは宮崎での観賞。トム・クルーズ主演。雰囲気が好き。

『シークレット・ウィンドウ』★★★
 ジョニー・デップ主演。最後のデップが怖い。

≪12月≫2本
『スカイ・キャプテン』★★★
 独眼竜のアンジーは色気ないと思う。

『パニッシャー』★★★★★
 ツボにはまった! 復讐はマメで大変なんだなあと思った。ラストで爆笑しそうになりながらもスッキリ。レベッカ・ローミン=ステイモスに惚れてしまった…。

≪2005年≫7本

『Mr.インクレディブル』★★★★
 1年前に『ファインディング・ニモ』を観たときから予告はやってた。「ダサいな~」と思ってたけど、面白かった。

『ターミナル』★★★
 1つ1つのシーンは楽しめたけど、劇場を出ると意外と印象に残ってなかったりする。

『カンフー・ハッスル』★★★★★
 いろいろ笑えたけど、自分の楽しみはブルース・リャンが出ていること一点と言っていい。とにかく、劇場のスクリーンで、禿オヤジになったとはいえブルース・リャンを観れる喜びに感激しまくっていた。これを観た人、だまって『帰ってきたドラゴン』という映画を観るといい。倉田保昭とリャンの走っては闘い、走っては闘うハイスパートバトルは香港映画史上に残るベストバウトである。

『アレキサンダー』★★
 戦闘シーンは泥臭いのが現実味あって迫力あったけど、ストーリーがいきなり飛ぶのは…。アレクサンダーがホモなのは生理的にきつかった。

『オーシャンズ12』★
 前作を観ていなかったのは失敗。話もキャラも理解できなかった。でも、それ以前にストーリーと展開が不親切だった気が。各泥棒の特殊スキルはわからないし、トリックはつまらないし(特に結末)。

『ボーン・スプレマシー』★★★
 『オーシャンズ』からハシゴして観賞。こちらも前作を観ていなかったけど、話は分かりやすいし、序盤にアクションがあったのでスンナリ入れた。芸の細かさに感心。でも、両親を殺された娘に「すまない」の一言で済ますのは酷いと思った。

『セルラー』★★★★
 昨日書いたとおり。

|

« 初体験! 「映画館を独占」 | Main | 高知県競馬組合の前田管理者が異動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昨年観た映画52本の感想:

« 初体験! 「映画館を独占」 | Main | 高知県競馬組合の前田管理者が異動 »