« 宇都宮競馬を廃止に向かわせたもの 「新競馬場計画」と「栃木県」と「農水省」 | Main | 昨年観た映画52本の感想 »

Monday, March 21, 2005

初体験! 「映画館を独占」

 初めて映画館に行ったのが、小学校1年生のときの香港映画『Mr.Boo!』。映画を活発に見るようになったのがここ2年。2年間の"主戦場"は日本で最も観客動員数が多いチネチッタ川崎だ。自分は人ごみが嫌いなので、人が少なければ少ないほどいい。レイトショー、しかも人が少なくなる時期を狙って行くようにしてたけど、人が10人以下…というのは滅多になかった。一番少なかったのは準主戦場のTOHOシネマズ川崎で観たローワン・アトキンス主演の『ジョニー・イングリッシュ』の6人(自分も含めて)。ガラガラなのは良かったけど、肝心の映画が退屈で辛かった…。
 そんな自分が、遂に「映画館に自分1人!」という状況を体験することができた。場所は宮崎ピカデリー内の宮崎シネサロン(57人収容)。映画はサスペンス・スリラーの『セルラー』。月曜のみ、男性客は1200円だったので行ってきた。
 5分前に劇場に入ったら誰もいなくて「あれ~?」と思い、映画が予告なしで始まっても誰も来ないから「こりゃ、もしかして…」と思った。30分経過しても誰も来ないので、最後列のど真ん中――いち番いいと思った席に座った(自分は近くに人がいるのが嫌いなので、いつも最後列の端に座る)。
 いや~、1200円で独り占めというのは気分が良かった。人の存在も、変な雑音も気にしなくていいし。100%集中できる。しかも、『セルラー』がとっても面白い映画だったから尚更グッド。人がいなかったのは映画がつまらないからじゃなく、宮崎ピカデリーが目立たない場所に建ってるし、しかも宣伝らしい宣伝をしてないからだと思う。
 たった1人で映画館という空間を、しかも素晴らしい映画を見ながら独占するというのは、また味わってみたい。まあ、劇場的には痛いだろうけど。

 さて、『セルラー』について。宮崎でやってること以前に映画の存在さえ知らなかったけど、脚本が『フォーン・ブース』のラリー・コーエンと知って観ることにした。『フォーン・ブース』(主演はコリン・ファレル)は一昨年の秋に公開されたサスペンス・スリラーで、観たときあまりにも面白くて友人にも勧めたほどだったから。
 どんな映画でどんなキャストが出てるかは公式サイトを見て欲しい。
 話の軸は「携帯電話」。誘拐された女性と主人公をつなぐのは携帯電話のみで、これが切れると彼女の身が危うくなる。本作は携帯電話の機能や弱点がさまざまに活かされ、随所にちりばめられている。たとえば「建物の一部では電波が弱くなる」「トンネルの中では通話不能に」「バッテリーが切れると使えなくなる」など。ピンチもチャンスも携帯電話だ。携帯じゃないけど、応答メッセージの声を聞いて本人かどうか確認するシーンというアイデアには感心させられた。数々のアイデアに驚かされ、そしてハラハラさせられっぱなしだ。
 電話の、コミュニケーションの道具としての脆さも活かされている。電話で伝えれるのは声のみ(女性のは古いタイプの電話機で、しかも壊されたやつを辛うじて使用)。人の特徴、今の状況など何から何まで声で伝えなければならない。しかも、ゼロの状態から。見てるほうは互いを視覚的に観ながらもどかしくなり、そして主人公と一緒に悪者の正体や狙いをゼロからつかんでいく。
 ストーリー展開も秀逸。最初、閑静な住宅街で母親が息子を見送る、とっても穏やかな日常的なシーンから始まる。それがいきなり、ドアのガラスが突き破られて突発的に変わる。そこでグイッと引き込まれる。そこからはテンポ良くピンチとチャンスが積み重なって、エンドを迎える。ワクワクして観れる。
 笑える部分もいくつかある。ヒロインと通話しながら必死に車を急がせる主人公が、携帯で話しながらノロノロ走ってる女に「携帯を切って運転しろ!」と叫んだり。道路を逆走して事故を誘発させる主人公の車に「安全第一」と書いてあったり。中盤に出てくる弁護士みたいなアホキャラもいる。ヒロインの息子の名前はリッキー・マーティンで、リュックの柄は『ロード・オブ・ザ・リング』だ。
 キム・ベイジンガーはさすがにオバサンだけど、色気ありあり。ストッキングの脚に(*´Д`)ハァハァしてしまった。序盤のギャルでも萌えたけど。
 自分の知ってるキャストがいたのもうれしかった。しかも、面白かった映画の。『トランスポーター』のアクションがカッコよかったジェイソン・ステイサム、『ウェルカム・トゥ・コリンウッド』で子連れのカメラマンを演じてたウィリアム・H・メイシーとか。他の人たちもどこかで見たような顔だった(ヒロインの旦那とか)。主役も良かったよ。
 ちなみに、使用していた携帯はNOKIA。「NOKIAの宣伝になってるだろうな~」と思ってたら、エンドロールに名前が出てた。NOKIAのデザインは好きなので、じつは欲しかったりする。
 ドキドキハラハラする映画が好きな人はぜひ! 満足できると思う。

|

« 宇都宮競馬を廃止に向かわせたもの 「新競馬場計画」と「栃木県」と「農水省」 | Main | 昨年観た映画52本の感想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60301/3386886

Listed below are links to weblogs that reference 初体験! 「映画館を独占」:

« 宇都宮競馬を廃止に向かわせたもの 「新競馬場計画」と「栃木県」と「農水省」 | Main | 昨年観た映画52本の感想 »