« 宮崎神宮流鏑馬 | Main | オースミレパードの最高齢出走は間違い »

Thursday, April 28, 2005

九州トレーニングセールへの期待

 5月9日(月)、宮崎県のJRA育成牧場で、サラブレッド2歳を対象とした「九州トレーニングセール」が行われる。
 北海道や千葉ほどの規模も実績もないセリではあるが、昨年は韓国馬事会(KRA)が世界で初めて購買者として参加したことで注目を集めた。そして、KRAは5頭を購入。日本軽種馬協会(JBBA)が購入した1頭を加えた6頭が韓国に渡った。うち3頭が九州産で、九州産馬が韓国に輸出されるのは初めてだった。

 今年は昨年以上の盛り上がりと成果が期待できる。
 今回はソウル競馬場の馬主会である果川(カチョン)馬主クラブが購買者として参加する。果川馬主クラブの関係者は昨年から日本での視察を行っていた(『JBBAニュース』の記事で紹介されていた)。
 昨年同様、KRAも購買者として参加する。目的は昨年同様、新設される釜山競馬場で走らせる競走馬の調達(競馬場は今年の春にオープン予定と言われていたが、今は今秋オープン予定となっている)。
 上場予定は65頭。これは昨年の16頭を大きく上回るものだ。どういった馬が出るのかまだわからないが、東北や北海道からも参加すると聞いている(昨年はすべて九州の牧場で育成された馬だった)。

 今年は馬を出す側も、馬を買う側も意識が違うと思う。
 昨年、じつはKRAは日本馬に厳しい見方をしながらの参加だった。九州セールで購入した5頭の価格帯は100万~150万(税別)。千葉や北海道で300万の馬を買ったりしていたが、数は少なかった。高い金を出すことはなかった(いったん主取りになって、お台が安くなって再上場される馬を狙ってた気がする)。じつは当初、予算を「輸送代込みで1万ドル」で考えていたとかいう噂も…。
 あれから、JBBAの寄贈馬がソウル競馬場でデビューした。この馬たちが頑張った。連勝する馬もいたし、牝馬の重賞を勝つ馬も出た(ピルスンガンジャが2月20日の世界日報杯を優勝)。実績を残したのだから、彼らの見方は違っているはず。
 しっかり買ってくれそうなお客さんがいるのだから、売り手の期待も昨年以上と見ている。不安は、韓国の馬主がどれだけ高く買ってくれるか…だが。『JBBAニュース』3月号には“外国産馬の導入価格は2万USドル以下に設定された”と書かれている。昨年はJBBAとKRA以外は7個人が参加したのみで、3人が1頭ずつ買っただけだった。今年は上場馬が大幅に増えるのだし、日本人の個人馬主も多数参加して、セリを活発にしてくれることを期待したい。

 セリの様子や関係者の話は報告するのでお楽しみに(と書いて、期待を裏切ることが多いのが、このブログ…)。
 写真は昨年の様子。昨年は右回りだった公開調教を、今年は左回りにしてスタンド前をゴール地点にするようだ。セリもスタンド前で、と聞いている。
 当日がいい天気でありますように…。
kyusyu04_002 kyusyu04_004
kyusyu04_034 kyusyu04_038
kyusyu04_051 kyusyu04_097
kyusyu04_134 kyusyu04_137

|

« 宮崎神宮流鏑馬 | Main | オースミレパードの最高齢出走は間違い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 九州トレーニングセールへの期待:

« 宮崎神宮流鏑馬 | Main | オースミレパードの最高齢出走は間違い »