« 宮崎に無いもの、少ないもの | Main | うめこうじ「キャラメルポップコーン」 »

Friday, May 27, 2005

オースミレパードの戦後生まれ最高齢出走も間違い

 現役最高齢の競走馬オースミレパード(高知、牡14)が、29日のメイ特別(高知1600m、サラA級)に出走する。
 オースミレパードは5月3日に出走し、これを高知競馬は「戦後生まれのサラブレッド最高齢出走(14歳と7日)」とアナウンスした。そして、複数のメディアで報道された(自分が確認した限りでは共同通信、高知新聞、中国新聞、北海道新聞、読売新聞、毎日新聞、朝日新聞、サンケイスポーツ、日刊スポーツ、サラブnet)。
 しかし、これは間違いである。

 先日、ある競走馬の情報を寄せていただいた。
 1972年5月21日、益田競馬(島根県益田市)でゼントルマンという競走馬が出走している。このゼントルマンは1958年3月24日生まれ。つまり、14歳と2ヶ月で出走したということになる。
 これはオースミレパードの5月3日出走(14歳と7日)だけでなく、29日出走(14歳と1ヶ月)をも上回るということになる。

 高知競馬は当初、オースミレパードについて「最高齢での出走日本一」と謳っていた。しかし、第6回日本ダービー優勝馬ヒサトモがいるとの指摘を受けて、「戦後生まれ」の記録とした。詳しくは高知競馬公式サイト「Ryoma Derby」ニュースボードの1588と1591を見てみるといい。
 高知競馬は過去の記録を確認もせず、信憑性がはっきりしていないものを「記録達成」とアナウンスしていたのだ。

 高知競馬にお願いしたいことは3つ。
 1つ目は間違いであることを認め、報道を行った各社にリリースを流し、公式サイトでもアナウンスすること。
 2つ目はオースミレパードが7月以降に出走したからといって「戦後生まれ最高齢出走」と言わないこと。ゼントルマンの記録はたまたま見つかったものであるし、これが最高齢とははっきり言えない。定年制のなかった競馬場の記録をつぶさに調べれば、さらに上の記録が見つかる可能性がある。
 3つ目は記録達成というなら、きちんと調べてから行うこと。以上である。

【高齢の競走馬】
 高知競馬にはサラブレッドもアラブも含めて442頭の競走馬がいる。うち、10歳以上の競走馬は45頭。14歳は2頭で、オースミレパード以外に現在休養中のナムラコクオーがいる。他は12歳が6頭、11歳が7頭、10歳が30頭。高知競馬は10頭に1頭が10歳以上ということになる。
 全国的にみると、地方競馬に所属する10歳以上の馬は(ばんえいも含めて)228頭。年齢別に見ると14歳2頭、13歳3頭、12歳13頭、11歳45頭、10歳165頭。20%が高知所属で、他では道営が多い。

【参考】
国内最高齢馬が出走 高知競馬(高知新聞)
雑記帳:高知競馬(高知市)で3日、14歳7日の…(毎日新聞)
14歳馬、最高齢の出走記録を達成 高知競馬(asahi.com)
14歳で出走オースミレパード、南井感激?(日刊スポーツ)
高知競馬で14歳の競走馬が出走・戦後生まれで最高齢(サラブnet)
オースミレパードの最高齢出走は間違い(5月1日)
高知競馬に記録を語る資格なし(5月4日)

|

« 宮崎に無いもの、少ないもの | Main | うめこうじ「キャラメルポップコーン」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60301/4301878

Listed below are links to weblogs that reference オースミレパードの戦後生まれ最高齢出走も間違い:

« 宮崎に無いもの、少ないもの | Main | うめこうじ「キャラメルポップコーン」 »