« さらば、セントラル会館 | Main | フローランテ宮崎&松泉宮 »

Wednesday, May 04, 2005

高知競馬に記録を語る資格なし

 3日のオースミレパード出走について、当初「サラブレッド系最高齢出走日本一」と間違ったリリースを流した高知競馬。自分の指摘を受けて「戦後生まれ」に変更した。しかし、これは疑わしきが真実に近づいただけであり、本当に正しいか確認されたものではない。高知競馬のやり方はおかしい。
 自分と高知競馬のやり取りは以下の通り。

(高知競馬)「オースミレパードがサラブレッド系最高齢出走記録達成」というリリースを流す。
 ↓
(自分)27日に知る。「それ、ほんと?」と思う。
 ↓
(高知競馬)公式サイトでも紹介。その根拠は「テイサウンドを上回るから」というものだが、タイトルには「?」が付いていた。
 ↓
(自分)その日のうちに公式サイトで確認。「怪しい?」と思い、詳しい人に聞いてみる。
 ↓
(自分)ヒサトモのことを教えてもらい、詳しく調べて間違いであることを確認。現役の高齢馬やテイサウンドについても一応調べる。
 ↓
(自分)5月1日深夜、ブログの記事を書いて、高知競馬にメールを送る。
 ↓
(高知競馬)翌日の朝、自分の指摘メールを受け取って間違いに気づく。返信を送信。
 ↓
(自分)高知競馬からメールを受け取る。
 ↓
(高知競馬)その日のうちに修正したリリースを流し、公式サイトでも公表。「戦後生まれの最高齢」に変更。ここでもタイトルには「?」が付いていた。
 ↓
(自分)公式サイトで確認。自分のアドバイスとは違うものだった。
 ↓
(自分)高知競馬から改めてメールを受け取る。担当も大丈夫かなと思いながらやっていること、地方競馬の記録を確認するのが困難なことを認める。
 ↓
(自分)高知競馬に返事。ブログの記事に追記。
 ↓
(高知競馬)3日、オースミレパードが出走。取材を受けて、リリースを流す。
 ↓
(メディア)共同通信、時事通信をはじめ多くのメディアが「戦後生まれの最高齢出走」として報道。
 ↓
(自分)今、この記事を書いている。
 高知競馬から「正確な情報の提供、感謝します」と言われたが、自分が教えたのはオースミレパードやテイサウンドより高齢で走った馬がいたこと。彼らの言う「戦後生まれ最高齢」に関する情報は一切伝えていない。
 そして、彼らは自分が指摘をしてから、ろくな確認作業をしていない。テイサウンドを最高齢としていたように、もともとこの記録は怪しいものだし、彼らの持っていた知識や情報も怪しいものだった。戦後生まれならば、30年代以後の出走記録やニュースを洗って確認しないといけないが、それは時間がかかるはずだ。
 結局、「調べた限り」と逃げの言葉を使い、タイトルに「?」を付けた。ところが、高知競馬の情報や新聞の記事を見た読者は断定的に物事を受け取ってしまう。
 自分は、オースミレパードのことは凄いと思う。記事にするなら現役最高齢、もしくは平成以降では最高齢とかでいいだろうと考えていた。日本一や戦後生まれについては「その可能性もある」にとどめておけばいいのだ。

 今日の高知新聞と読売新聞の記事に、こんな一文があった。

 県競馬組合は「今も一番強いクラスにいる馬。人間なら60歳ぐらいだが、中高年の星として頑張ってほしい」とエールを送っている。(高知新聞)
 県競馬組合は「高齢に負けずに元気で走っている姿をぜひ見てもらいたい」とファン獲得に期待している。(読売新聞)
 高知競馬の狙いは話題の馬作り、ファンの獲得。記録の信憑性よりもニュースバリューを取ったということだ。この手の記録なら、走るたびに記録更新となるわけだし。走り続けるうちに、本当に記録を更新してるだろうと思ってるのかもしれない。

 しかし、これだけは言わせてもらう。ろくに調べもしないのに記録達成だと言い張る高知競馬に、記録を語る資格はない――と。

|

« さらば、セントラル会館 | Main | フローランテ宮崎&松泉宮 »

Comments

まー君が言うことも一理あるが、それで高知競馬が存続できるんなら良いじゃない。それとも君はこのまま何の話題も無いまま地方競馬場が潰れていくのを高笑いしながら見ていたいのかい?

Posted by: ただの馬好きさん | Wednesday, August 24, 2005 at 02:39 PM

>>ただの馬好きさん様

リアクション、ありがとうございます。

話題をどう出すか、記録をどう扱うかは別問題。
オースミレパードについてはいい話題ですが、
高知競馬の記録の扱い方は正しいものでしょうか?
不確かなものだとわかりながら、裏も取らずに記録だと言うことは、
競馬に限らず、スポーツに関わる団体として問題ないことでしょうか?
そして、高知の言っていた「戦後生まれ最高齢」はさらに上がいました。

自分は数ある地方競馬のなかで高知競馬は好きなほうですし、
お世話になってる人たちもいます。
だからこそ、「これは?」と思って何か言うことはあります。
オースミレパードについては、何かわかれば
「違いますよ」「こうしたらどうですか?」と伝えるようにしていました。

批判一つで最後の一文のように考えられたら、何も言えなくなりますよ。

そういえば、5月以来コンスタントに出走してるんですが、話題になってないですね。
近況など聞いてみます。

Posted by: てるKUN | Wednesday, August 24, 2005 at 08:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60301/3982999

Listed below are links to weblogs that reference 高知競馬に記録を語る資格なし:

« さらば、セントラル会館 | Main | フローランテ宮崎&松泉宮 »