« 宮崎県人として、今この時間の苦しみを記録しておく | Main | 一夜明けて »

Monday, June 06, 2005

宮崎初のシネコンで初観賞

 映画の日(毎月1日、映画が1000円)に、やっとセントラルシネマで映画を観た。
 前のセントラル会館からグレードアップしていたのは――。

【画面の見やすさ】
 まずは、スクリーンが大きくなった。壁のほとんどをスクリーンが占めるほどに。前のが小さすぎたか。
 そして、座席が段差のあるスタジアムシートに。前に座ってる人の頭が邪魔…というのはなくなった。

【サウンド】
 これも重要。ドルビー社のデジタル音響システム「SD-D EX」を導入し、迫力あるサウンドが楽しめるように。前のは壁にスピーカーが数個ついてるだけだった。

【椅子】
 座り心地は良いとも悪いとも思わなかったけど、前の椅子との幅が大きいので、ゆったり感はある。もちろん、カップホルダー付き。

【指定席】
 前は自由席だったけど、指定席に。これに伴ってチケットも映画名、上映開始時間、座席番号が印刷されているものに変わった。

【最後列の後ろが壁】
 最後列の後ろが壁になっている。古い劇場なんかは通路になってる。で、たま~に、スクリーンに人影が映る。

【移動が楽】
 劇場全体が同一フロア。車椅子の人でも問題なし。前のは1Fから4Fとか6Fに行くのが面倒だった。小さいエレベーターを使うか、階段で頑張るか…。

【ノー袋菓子】
 セントラル会館で自分が「(´゚д゚`)えっ?」と一番思ったのが、ポテトチップスのような袋菓子を販売していたこと。袋をいじる音が雑音になるのに。
 セントラルシネマはそんなものなし。ファーストフードみたいな売店で、ポップコーンやチュロスなどを販売している。

【レイトショー】
 自分のように「映画はほとんどレイトショー、値段は1200円!」って人には、レイトショーが水曜と金曜だけってのは不満も不満、大不満だった。
 でも、セントラルシネマは日~金と週6日にレイトショーを拡大。川崎みたいに土曜もレイトショーにしろよ…と思ったけど、まあいいか。
 他にも、金曜午前中は1300円になるフライデーモーニングショーを導入。レディースデイ、夫婦50割引もあり。

【ポイントカード】
 ポイントカードを取り入れている劇場は多い…と思う。チネチッタ川崎は無料でスタンプカードを配布しており、映画を1~5回観ると1回無料で観れた。これ、とってもありがたかった(これでレイトショーじゃない映画を観ていた)。鹿児島のミッテ10でも6回観れば、1回無料で観れる。
 セントラルシネマも新たにポイントカードを導入。内容は「入会翌日から3ヶ月有効の平日招待券を1枚」「カード提示で300円引き」「映画料金の10%をポイント還元、1200ポイントで平日招待券を1枚」というもの。入会金が1000円かかってしまうけど、1番目の特典でペイされる。
 劇場で頻繁に観る、しかも平日に観ることがあるなら、会員になって損はないだろう。

【シネマガイド】
 シネマガイドというのは、上映している映画のスケジュールをプリントしたもの。折りたためばポケットに入るサイズで、毎週更新される。木曜あたりになれば、翌週のものが配布されるようになる。これもポイントカード同様、やってる劇場は多い…と思う。
 セントラルシネマも配布していた。

【上映映画の増加】
 スクリーンが9つに増えて、上映する映画も増えた。今週は14本。

 以上。自分が一番不満だったのは割引きなどのサービス面だったので、それが解消されたのはうれしい限り。
 劇場としてはTOHOシネマズに似てるなぁ…と感じた。
 気になったこと、これはどうにかして欲しかったなぁ…と思ったのは――。

【トイレ】
 トイレはロビーにある。スクリーンのある通路沿いにはない。もし映画の途中で用を足したくなったら、ロビーに戻らないといけない。奥のスクリーンだと遠くになってしまって、ロスする時間が長くなってしまう。
 チネチッタ川崎なんかは、随所にトイレを置いている。まあ、広いからなんだけど。
 奥にトイレを1つ置いて欲しかった。

【ランプ】
 座席の階段通路、小さいフットランプを付けてほしかった。このほうが、暗くなってるときに歩きやすいので。

【案内板がお粗末】
 チケットカウンターの後ろの壁にある、上映時間の案内板が小さい。座席が満員のときとか、どうやって知らせるんだろうか。

【ロビー】
 スクリーンを設置して、公開中や上映予定の映画の予告編を流してもよかったのでは。今からなら、ベンチスペースにテレビを置く形でもいいので。

【半券サービス】
 川崎駅そばの2つのシネコンでやっているサービス。半券を提示すれば、施設内のショップやレストランでお得なサービスが受けれる(チネチッタ川崎の半券サービスはこちら)。
 協力してくれそうなイオンの店はないのだろうか。

 こんなところ。まあ、大したことではない。
 皆さんの感想はどうでしょうか?

 今回観た映画は『炎のメモリアル』。『パニッシャー』のラストで豪快に死んだトラボルタが、消防士の隊長として復活。しかも、かわいいトランクス姿まで披露(苦笑) ジ~ンと来る、いい映画だった。
 映画の日とはいえ、平日の昼から人が多くてビックリ。もう1本観る予定だったけど、人が多いのは苦手なのでやめた。

|

« 宮崎県人として、今この時間の苦しみを記録しておく | Main | 一夜明けて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宮崎初のシネコンで初観賞:

« 宮崎県人として、今この時間の苦しみを記録しておく | Main | 一夜明けて »