« 高校野球宮崎県予選開幕するも… | Main | “破壊王”橋本真也、死亡… »

Sunday, July 10, 2005

3/27 みちのくプロレス宮崎大会

 3月27日、雨の降る日曜日。宮崎市のUMKスポーツスタジオでみちのくプロレスの興行「思えば遠くへ来たもんだ『~酒宴~』第2戦」があった。今さらながらのレポートっす。

 宮崎でのプロレス観戦は14年ぶり2回目。1回目は初めてのプロレス観戦、新日本プロレスだった。あれから関西に出て、関東に移って……何度行ったかわからないほど、プロレスの会場に足を運んだ。後楽園ホールとか東京ドームとか。でも、昨年になってから回数が減ってしまい、プロレスが滅多に来ない宮崎に戻ってご無沙汰に…。じつは2月に全日本が来たんだけど、会場が遠くて行かなかった。今回のは自転車で行けるし、みちのくプロレスは観たことないので。まさか宮崎で見るとはね、みちプロ(苦笑)

05Mar27_01 雨の降るなか、FMみやざきへ。この中に会場のUMKスタジオがある。当日券を買って中へ(チケットはタイガーマスクやグラン浜田が載っていた。使いまわし)。う~ん、ガラガラ(^-^; 試合開始予定の17時を過ぎても、やはりガラガラ。前売りはあまり売れてないと聞いてはいたけど。プロレスファンのウチの弟でさえ知らなかったしね、みちプロが来るの。
 UMKスポーツスタジオは300人ほどの小さな会場。小さい会場のいいところは、後ろの席でもリングに近いこと。自分は一番安い立見で入ってる。立見客用に、椅子の後ろにカーペットを丸めたものを置いてくれている。椅子席は5列ほどしかないから、都内の大会場ならリングサイドっす(苦笑)

 予定時間からかなり遅れて、選手の入場式がスタート。新崎人生やザ・グレート・サスケなどがリングに上がる。ベビーもヒールも一緒だ。
 選手を代表して、いかついマスクをした景虎があいさつ。「よろしくお願いします」。
 選手が退場…していくけど、1人残る。気仙沼二郎。演歌歌手というのも触れこみのレスターだ(旧・ヨネ原人)。「デビューしてから今年で3年目になります」「メジャーデビュー目指して頑張ります」「デビュー曲『海の魂』を唄わせてもらいます」…って、3年目でまだデビュー曲かよ!(苦笑) リング下で若手がのぼりを掲げ、場内の手拍子のなか熱唱する沼二郎。声量があるわけでもないし、正直うまいとは思わなかった。無理でしょう、メジャーは…。
 さあ、いよいよ試合開始。
05Mar27_02 05Mar27_03

05Mar27_04【第1試合 景虎 vs 大間まぐ狼】
 選手入場。スピーカーを1つしか使ってないので、音響が悪い悪い…。
 大間まぐ狼はまぐろ漁師みたいな格好で入場。紹介コールは「脂のってます!」。レフェリーは「脂のりすぎ! テッド・タナベ」。服を脱ぐまぐ狼――ふんどし一丁という素敵ないでたちにチェンジ! お尻に目が行ってしまう、ウホッ! それにしても細いなぁ…。景虎が太く見える。
 まぐ狼の攻めはヒップアタックなど尻による打撃。やはり(苦笑) 尻を見て苦笑いする人が多い。トペでは場内がドッと沸いた。
 後半になると攻防が激しくなり、場内のテンションも上がる。景虎は垂直落下式プレーンバスターを繰りだす。「決めるぞ~」とアピールするけど決めれない。フォールの奪い合いが続く。最後は景虎がまぐ狼をF5(ブロック・レスナー)のように両肩に担ぎ、そこからエメラルドフロウジョウン(三沢光晴)に移行する荒業『一騎当千』でピンフォール。これはキツイ(ノ∀`)アチャー
 場内が熱くなった試合だった。
○景虎 (6分45秒 一騎当千→片エビ固め) 大間まぐ狼●

【第2試合 FTO(大分)提供試合 バトル・シャーク vs VINNI】
 FTOとは大分を拠点に活動するプロレス団体『フリーランスチーム大分』のこと。この日初めて知った。選手は4人。この九州シリーズで、FTOの選手が帯同して試合を提供しているようだ。
 バトル・シャークはウルティモ・ドラゴンのようなコスチュームのマスクマン。ジュニアの選手だ(85キロ)。対するVINNIは110キロの選手。素顔で、コスチュームは“細くしたベイダー”っぽい。シャークがベビー、VINNIがヒールとわかる。
 序盤、VINNIがシャークのポーズを真似て、さりげない笑い声が起きた。それ以降は盛り上がることなし。リングの上で2人の男が淡々と戦い、リング下でお客さんが淡々と見つめ、淡々と時間が過ぎていく。ムーンサルトが出ても、なぜか大きくは沸かない。最後はVINNIのパワーボムを、シャークがウラカン・ラナで切り替えしてピンフォール。
 唐突な終わり方だったけど、これでよかったような。この日一番、つまらない試合だった。これは、他に来てた人も同意見。
○バトル・シャーク (8分15秒 ウラカン・ラナ) VINNI●

【第3試合 ガルーダ vs 119・小暮隊員】
 119・小暮隊員は消防隊員をモチーフにしたマスクマン。パラパラを踊って踊って、リングに上がっても手拍子をあおって踊りまくる! これがフェイバリット・ムーブじゃないの?(苦笑) 入場テーマ、いまだに耳に残ってるぞ…。
 ガルーダもマスクマン。ZERO-ONE MAXの佐々木とFMW時代の同期だよね? マスクマンデビューの相手は天龍源一郎&冬木弘道(故人)だった。新日のベスト・オブ・ザ・スーパーJr.にも出ていたはず。ガルーダの入場はビックリした。身体がガッシリしていて、これまでの選手とはまったく違う。鍛えられているから、実際以上に大きく見えてしまう。これは小暮隊員、分が悪い…。
 小暮隊員、ガルーダの攻撃をやけに痛がる。プランチャするときは、お客さんに「下がって!」と声をかけるなどやさしい。そんな小暮隊員をお客さんは応援。冷えていた会場が暖かくなり、お客さんの少ない場内がノリノリになっていく。好試合に。
 でも…。ガルーダのフィニッシュ、延髄ぎりからの首固めってのはないだろう。説得力なし。もったいなかったなぁ…。
 最後を〆たのは小暮隊員。パラパラをこれまた踊る踊る(苦笑) 心なしか、手拍子は入場時より大きかった気がする。
○ガルーダ (7分53秒 首固め) 119・小暮隊員●
05Mar27_05 05Mar27_07

05Mar27_08【第4試合 GAINA vs ラッセ】
 ラッセがこれまたいいボディ。ムッキムキだ、ウホッ! 身軽そうだし。ちなみに、青森のねぶたがモチーフのマスクマンだ。スパッツはリック・ルードに似てる。
 GAINAは元・湯浅和也。昨年9月の「ケッパレ」からロッカー風に変身したような? 85キロだけど、もっと大きく見える。衣装はザ・ロックをちょっと意識してるのかも…。
 ラッセはドロップキックがきれいで、トペコンも鮮やかに決めた。対するGAINAはラリアットなど力技で。最後はパワースラムのような技でフィニッシュ。
○GAINA (9分45秒 メキスウィープ→片エビ固め) ラッセ●

【第5試合 遮那王&佐藤兄弟 vs ロス・サルセロス・ハポネセス】
 まずは、双子の佐藤兄弟“セーラーボーイズ”が登場。入場曲“キープ・オン・ジャーニー”を歌う。正直、うまくない…。場内は静か。それにしても、男子プロで歌のステージを2階も見るとは…。
 遮那王は小さいマスクマン。じつは、彼ら最近デビューしたマスクマンたちの正体を聞いて驚いた(ヒント:闘龍門X)。ヒールの3人組はヒールらしくない派手さと明るさ。チーム名、憶えられん…。
 ゴングが鳴ってから6人がリング、リング外で入り乱れる。ヒールチームは笑えるムーブをおりまぜている。「佐藤さん、どうした~?」と相手チームをバカにしたり。お客をのせるのが上手い。
 遮那王はムーブにただならないものあり。トップロープ越しの619とか。細かいなあと思ったのは、佐藤兄弟が「しゃなおうさま!」と“様”付けで遮那王を呼んでいたこと。義経主従ってことですな。
 試合はパイナップルが決めて勝利。Tシャツの宣伝をしていた。
●佐藤恵、佐藤秀、遮那王 (15分17秒 ループ・オブ・パイン→片エビ固め) 南野たけし、マンゴー福田、パイナップル華井○
05Mar27_09 05Mar27_11

【第6試合 初代タイガー&サスケ vs 新崎&気仙沼】
 初代タイガーマスクを見るのはUFO以来。ずいぶん昔だ。ちなみに、新日本・福岡ドームでのエキシビジョン(vsライガー)も見ている。
 タイガーの登場はやはり沸く。声援はこの日一番。トップロープに立って天を指すシーンはジーンと来る。往年のムーブ(フロント・ネック・チャンスリー・ドロップなど)に声を出してしまう。ただ……太い(^-^; これじゃあ、○ァットタイガーだ。
 人生は“マッスルモンク”って感じ。沼二郎はリバースデスロックの体制で『海の魂』の“よ~いとこらさ~!(×3回) どっこいしょ~!”とやって、場内も合唱。自分も笑ってしまった。
 サスケは沼二郎に頭突きをかまして痛がって、笑いを取る。ラ・ケブラーダも見せてくれた。最後はタイガーがツームストンでピン。
 試合後はサスケのマイクタイム(人生と沼二郎にも少ししゃべらせた)。「どうもありがとう」「子供も安心して楽しめるプロレス。それが世界で唯一、みちのくプロレスだけです」「みちプロは永遠に不滅ダーーーッ!」
○初代タイガーマスク、ザ・グレート・サスケ (18分2秒 ツームストンパイルドライバー→体固め) 新崎人生、気仙沼二郎●
05Mar27_12 05Mar27_16 05Mar27_14

05Mar27_18【試合後】
 選手達が売店に直行して、サインや撮影に応じたり。出口ではハポネセスの3人がファンサービスをしていた。自分も握手させてもらった。やはり、いい人たちだな(^-^;

【感想】
 いい試合(第2試合以外)が続いて、なかなか楽しめた。みちプロの選手は上手い。
 ただ、物足りなさもあった。熱気のない会場で観るのは寂しい。東京とか大阪に行けるようにして、そこでプロレスを観たいっす。

|

« 高校野球宮崎県予選開幕するも… | Main | “破壊王”橋本真也、死亡… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60301/4896975

Listed below are links to weblogs that reference 3/27 みちのくプロレス宮崎大会:

» 青空の下で、みちのくプロレス [☆ベガ・たま☆]
夏です!!  お祭りや、盆踊りに、みちのくプロレス。 楽しいですよ! 夏休みの思 [Read More]

Tracked on Wednesday, July 13, 2005 at 11:42 PM

« 高校野球宮崎県予選開幕するも… | Main | “破壊王”橋本真也、死亡… »