« 破壊王に関するコメントまとめ 2 | Main | 江平子安観音祭 »

Tuesday, July 19, 2005

NOAH東京ドーム大会テレビ観戦記

 観戦記とは言っても、HERO'sのときみたいに試合の流れとかは書きません。感想だけです。試合の詳細はスポナビ速報を。

 プロレスリングNOAH、1年ぶりの東京ドーム大会。感心するのはテレビ側の熱心さ。G+で当日の18時から5時間も中継するんだから。観るこっち側としても、すぐに、しかもノーカットで興行の全てを田舎にいながら観れるのはありがたい。NOAHと日テレは良好な関係なんだろうなぁ…。

 では、試合の感想を。興味のない試合は観てないので、悪しからず。ビデオに録画してるので、あとで観るかもしれませんけど。

第1試合 ジュニアの6人タッグ
 お客さんの多さにビックリ。ほんとよく入ってる。プロレスはガラガラの会場よりも、熱のある会場のほうが楽しい。
 第1試合からいい盛り上がりで、オープニングマッチの務めを上手く果たしていたと思う。
 青柳館長は「空手軍」としてZERO-ONE MAXに参戦してるので、ちょっと違和感が。まあ、メンツはプロレスにどっぷり浸かってる人たちばかりで「空手軍」と呼ぶにはアレなんだけど。

第2試合 4人ダッグ
 ヘビークラスの4人タッグ。前の試合の熱さを冷やすことなく、これもまた盛り上がりのある試合だった。
 若手の潮崎は森嶋をジャーマンで投げた。しかも、いいブリッジで。
 森嶋の拷問コブラはジャンボ鶴田を思わせたけど、肉体はハーリー・レイス…だよね?

第3試合 8人タッグ
 「クスッ」と笑わせる上手さにちょっと唸った試合。最後はよくわからんかった。
 彰俊と越中の立場はいつの間に逆転したんだ? 越中は尻攻撃ばかりじゃないころが好きだった。

第4試合 ムシキング・テリー vs ブラックマスク
 冒頭、デパート屋上のヒーローショーの延長みたいなスキットで、なぜか恥ずかしくなっちゃった。それ以上にアレだったのは、実況の大げささ。「タイガーマスクを上回るヒーロー」とか。子供を映すのも、あれだけしつこいとね…。
 ムシキングの正体は「鈴木鼓太郎!」とすぐに思った。目元と頭、あとは顔の形で。ブラックマスクはわかりづらい。目元が外国人かな…と。動きを見て、なんとなく「リッキー・マルビン?」かなと…。
 お互いのムーブは素晴らしいんだけど、予定調和の感が強くて興奮できず。あと、攻勢と劣勢のメリハリ(ピンチとチャンス)がはっきりしていないから、子供は応援しづらかったのでは。
 一緒に観ていた弟は「これは次につなげれるの?」と気にしていた。

第5試合 GHCジュニア 金丸義信 vs KENTA
 KENTAは新人だった頃、IWA JAPANで見たことがある(パートナーは丸藤、相手はグレート・タケルとアジアン・クーガー)。細身だけど鍛えられたボディで「メジャーは新人からして肉体が違う。凄いよな」と感心したっけ。
 自分は金丸が王者というのは不満があった。Low-Kiとやったとき、試合内容では負けてたから。まあ、個人的な思い込みか(^-^;
 さて、この試合。いい試合だった。最初から最後まで、ライブで観てる人はヒートアップできたのでは。2人の攻防はスピードもあり、キレもあり、そして説得力があった(スローで見ると、膝蹴りは顔には当たってないように見えたけど)。NOAHは試合内容で魅せれるよなぁ…。
 ここで気づいた。今日の興行は日本人選手だけだと(ブラックマスクは正体がわからない)。これはこれでNOAHらしさ、か。

第6試合 GHCタッグ 鈴木&丸藤 vs 秋山&橋
 観なかった試合。秋山と鈴木のからみよりも、橋がクローズアップされてたのが興味を削いじゃったのかなぁ…。

第7試合 GHCヘビー 力皇猛 vs 棚橋弘至
 もっとも興味なかった試合。観てない。

第8試合 小川良成 vs 天龍源一郎
 試合前の小川の「(天龍の)引退試合にしましょうか」というコメントを聞いて、なんか違うよなと思った。小川は技巧で上手く丸め込むタイプだし、感情を表に出すタイプでもない。天龍を叩きのめすような試合ができるレスラーではないから。
 たとえば、技巧を活かしまくって徹底的にかきまわす、容赦のない打撃をぶち込む、感情を表に出す――試合の小川はいずれでもない。小川の打撃は怪我はさせないようなもので、彼のプロレスの上手さがこの試合ではマイナスに作用してるように感じた。できないなら、あんなこと言わなくていいのに。
 天龍は55歳になった今でも前線でやってるのは凄いけど、説得力ある試合を見せれるかという点ではもう終わってると思う。WJ旗揚げ戦で呆れたのが、個人的に尾を引いてるのかな(苦笑) アレは、第1試合以外はダメだったもんなぁ…。
 試合はアッサリ終わったけど、それで良かった。試合後、小川に肩を貸す天龍がなんかイヤだった。

第9試合 小橋建太 vs 佐々木健介
 プロレスバカ2人の素晴らしい試合。「ショア!」の人じゃないよ。もっとハイレベルの、肉体も精神も立派なプロレスバカ2人。
 試合前から観る側ができあがっていて、ちょっとしたことで沸く。健介と小橋の剥き出しの感情は、ドームの後ろ側にも伝わってたんじゃないだろうか。力比べで沸くのを観て「これがプロレスだよな~」ってジーンと来たよ。
 序盤から熱が入りすぎてダレるかなと思ったら、バカバカしいまでのチョップの打ち合い。「このまま、チョップだけで試合を作っちまえよ!」って言葉が出た。チョップの攻防だけで引きこまれたし、プロレス史で語り継がれるものだと思う(ちょっと大げさ)。
 単純な打撃の繰り返し――破壊王と長州の試合であったっけ。破壊王はやられる姿も素晴らしかったなぁ。
 お互い、投げのフィニッシュ技を出すまでには至らなかったけど、試合がいつ決まってもOKの沸点のなかでの決着。十分、満足いくものだった。
 この試合に敗者はない。2人が勝者。プロレスは目の前のレスラーとの戦いでもあるけど、それ以上に観客との戦いでもある。自分は健介と小橋にKOされちゃいましたよ(苦笑)
 試合の途中でチラッと映った北斗。鬼嫁スタイルでセコンドに付くのではなく、正装でじっとリングを見守っていた。これがなんかいいスパイスだったと思う。

第10試合 三沢光晴 vs 川田利明
 「俺だけの王道対決」でもあるし、「航海に出た者同士の対決」でもあった。三沢は三沢なりの王道を守り続けたし、川田の軌跡は全日本に籍を置きながらも(今はフリー)いろんな相手と戦い、エンターテイメントのハッスルに踏み込んだりと5年前には想像できないものだったから。
 内容は全日本時代のような、我を忘れてヒートアップするものではなかった。いや、いい試合なんですよ。でも…。
 試合の内容うんぬんではなく、2人が向き合う姿、交錯する姿を見ていろいろ思いつめるものだったのではないだろうか。

 以上。

|

« 破壊王に関するコメントまとめ 2 | Main | 江平子安観音祭 »

Comments

TBアリガトウございます。
試合はムシキングは両方とも中身が分かるだけに素顔でのシングルが見たかったのと
GHCの棚橋には拍子抜けしましたがそれ以外はホトンドお腹一杯です。

Posted by: 芸能&スポーツ瓦版 | Wednesday, July 20, 2005 07:33 PM

>>芸能&スポーツ瓦版様

こちらこそ、TBありがとうございます。

ムシキングの正体、みんなわかりますよね(苦笑)
ビッグマッチでここぞというときにファンを満足させれるNOAHの底力は凄いですね。
自分も久しぶりにプロレスの興行で満足しました。

Posted by: てるKUN | Wednesday, July 20, 2005 07:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NOAH東京ドーム大会テレビ観戦記:

» ノア5周年の東京ドーム大会 [芸能&スポーツ瓦版]
18日にプロレス団体ノアが5周年の東京ドーム大会があり 6万2千人を集め10試合がありどれも白熱した試合だった(^v^) 1試合目は中嶋君の蹴りとSUWAの最後FFFが良かった(*^o^*) 2試合目は森嶋がもうちょっと伸びればノアも面白くなる(o^-^o) 3試合目はダー... [Read More]

Tracked on Wednesday, July 20, 2005 02:45 PM

» DESTINY 2005雑感 [笑ってくたばる奴もいる]
暫く更新していないうちに色々な事があったけど、7/18にあったNOAHの東京ドーム大会「DESTINY 2005」の雑感を…当初見に行くか迷いに迷ったが、結局WWEの公演を見に行ったので今回はテレビ観戦のみとした。7/18の深夜の2時間半の特番で、日テレも久々に力を入れたプロレス中継という感じだ... [Read More]

Tracked on Sunday, July 24, 2005 11:20 PM

« 破壊王に関するコメントまとめ 2 | Main | 江平子安観音祭 »