« “破壊王”橋本真也、死亡… | Main | 高千穂通のムクドリ対策 »

Tuesday, July 12, 2005

破壊王に関するコメントまとめ

 黒霧島を片手に書いてるよ(ノД`)

 さて、破壊王のニュース。全てのテレビ局で報道されたのでは(宮崎じゃ確認できない)。NHKのニュース9でも伝えていた。テレ朝の『報道ステーション』では橋本vs蝶野のヤングライオン杯などの映像、坂口や蝶野などのコメントも交えて大きく取りあげていた。
 今日のスポーツ新聞は、ほとんどが一面で取りあげるのでは。

 さて、レスラーおよび関係者のコメント。まずは、三銃士の同胞・蝶野から。

蝶野「本人がエンジョイした人生だった」
 亡くなった橋本さん、全日本の武藤敬司(42)とともに闘魂三銃士として激しく戦った新日本の蝶野正洋(41)は「本当に残念だね。ただ、本人がエンジョイできた人生であればよかったと思う」と突然に悲報に、言葉少なく語った。(日刊スポーツ)
 蝶野は報ステでもコメントしていた。
 武藤敬司はブログで。ちなみに、自分の携帯着信は電話が武藤の前のテーマ、メールが『爆勝宣言』だよ(ノД`)
お悔やみ申し上げます
 橋本真也選手の訃報、残念でなりません。心の整理が難しく、今は言葉がみつかりません。故人のご冥福をお祈りいたします。(武藤社長日記)
 2人ともこれからいろいろコメントしてくれるし、動いてくれると思う。
 新日で仲間だった馳浩。
橋本急逝に、馳衆院議員「信じられない」
 橋本真也さんと対戦経験もある元プロレスラーの馳浩衆議院議員(44)は、「20年以上の付き合いだけど、まさかこんなに突然に…。信じられないよ」と話した。「ちょっとおっちょこちょいだったけど」と愛された橋本のキャラクターを思い出し、無念の表情を見せた。(日刊スポーツ)
 議員と言えば、大仁田も。ZERO-ONEのときにいろいろちょっかい出してた。でも、真撃の参戦で助けてくれたとも言える…。
大仁田「なんで今なんだ…」
 プロレスラーの大仁田厚衆議院議員(46)は記者会見で「(橋本選手は)プロレス界の構造改革の担い手だった。低迷するプロレス界の改革を進めるために、本当に重要な人だった。何で今なのかなぁ」と言葉を選びながら、故人をしのんだ。(日刊スポーツ)
 馳つながりで健介も。東京ドームでの“なんちゃってバーリ・トゥード”も見たぞ(ノД`)
心よりご冥福をお祈り致します。
 突然の橋本真也選手の訃報に私達も正直動揺しております。健介の元に一報が入った時には「嘘であって欲しい。」と願うのが精一杯で家族で言葉を失いました。故人のご冥福を心よりお祈り致します。合掌(佐々木健介「嫁バカ日誌」)
 新日本プロレスはサイモン猪木社長のコメントが公式サイトに載った。
橋本選手の逝去にあたりサイモン・ケリー猪木社長のコメント
 橋本さんのあまりにも早すぎる悲報に言葉がありません。ロスにて汗を流していた頃の橋本さんの笑顔が思い出され残念です。心からご冥福をお祈りいたします。(新日本プロレス)
 坂口相談役のコメントも。猪木は報ステで紹介されたけど覚えていない。新日の選手たちもこれから出るだろう。
坂口相談役目赤く「オレより先に…」
 「破壊王」橋本真也さんが40歳の若さで病死した。11日午前に死亡が確認された横浜市立大付属市民総合医療センターには、午後になり関係者が慌ただしく駆け付けて悲報に肩を落とした。
 新日本プロレスの坂口征二相談役(63)は、橋本さんがかつて自分の付き人を務めたこともあり「信じられない。オレより先に逝きやがって…。橋本が結婚するとき、自分が親代わりだった」と赤い目で言葉を詰まらせた。
 橋本さんは新日本プロレスを退団した後、新団体「ゼロワン」を設立したが、坂口相談役は「もともと血圧は高かったが…。ゼロワンで心身ともに大変だったのではないか」と言葉少なだった。(日刊スポーツ)
 元・新日のレスラー。まずは越中から。
橋本
 今日、知り合いからの電話で訃報を聞きました。40歳になったばかりだっていうのに、まだ若いよな・・・。正直言ってまだ全然実感が湧きません。色々あったけど、無邪気ないい奴だった。沢山の想い出があるけど、今は考えられないな。太く短く、精一杯生きたんじゃないかな。いい人生だったと思いたい。とりあえず今は、心からご冥福をお祈りします。(サムライ越中日記)
 破壊王の付け人だった小島。
橋本さん
 すいません。今はうまく言葉が見つかりません。謹んで御冥福をお祈り申し上げます。(コジログ 小島聡blog)
 ZERO-ONE旗揚げ前から戦ってきたプロレスリングNOAH。
橋本真也選手のご訃報に接し心から哀悼の意を表します。
 本日、高知においてプロレスファンの皆様と共に10カウントの弔鐘を手向け、謹んで御冥福をお祈り申し上げます。(プロレスリングNOAH)
 三沢、秋山、小橋が携帯サイトでコメントしてるみたいだけど、チェックできないので…。
 では、現在欠場中の高山。
橋本氏の訃報に高山絶句「一騎打ちしたかった」
 「病み上がり同士で一騎打ちがしたかった」。11日午前に40歳の若さで死去した橋本真也氏の訃報を聞いた高山善廣は「残念です」と絶句した。この日、東京海洋大学で特別講師として講義を行った高山は、終了後に取材に応じ「ケガだと思っていたので、まさか亡くなるとは……」と言葉を詰まらせた。約1年前に「脳血栓」で倒れ、現在復帰に向けリハビリ中の高山は、「橋本さんが復帰したら、病み上がり同士で一騎打ちをしたかった」と、タッグで一度しか対戦できなかった“破壊王”の早すぎる死を惜しんだ。
 皮肉にもこの日の大学の講義テーマは「トップアスリートの食と健康」。講義の前に「橋本死去」の噂を聞き「(ヘルスフード科学の専門家)矢澤一良教授の話を聞いていて、橋本さんに当てはまるなって思った」という高山は、「橋本さんだけでなく、すべてのプロレスラーに言えること。プロレスラーらしい豪快さもいいが、健康管理もしっかりしないと」と、プロレス・格闘技界に警鐘を鳴らした。(スポナビ)
 警鐘といえば、報道ステーションでの古舘。
古舘キャスター「橋本さんは殉職」
 急逝した橋本さんの現役時代に何度もテレビの実況をした古舘伊知郎キャスター(50)は、11日夜、テレビ朝日「報道ステーション」の生中継で「本当にいい選手でした」と早すぎる死を悼んだ。
 番組では、自らが実況した蝶野とのヤングライオン杯決勝や小川戦など橋本さんの過去の対戦映像を放送した。
 映像後に、古舘キャスターは「(現在のプロレスは)受け身を取りずらい技を連発するようになった。それに歓声を上げるファン。リング上は、それに応えるようにヒートアップする。彼は殉職だと思います」と厳しい表情で話した。(日刊スポーツ)
 自分は良いほうに受け取りたい。大きく取り上げてくれたのだから。最後に「ほんっっっっっっとに、いいヤツでした」と言っていた。
 破壊王のニュースは、海外の『Wrestling Observer』でも伝えられている。
Japanese wrestling legend passes away
 Shinya Hashimoto passed away at approximately 9:30 a.m. Monday morning in Yokohama, Japan. His death is believed to have been due to a brain aneurism. He collapsed suddenly and was rushed to the hospital and is believed to have been dead on arrival. No other details are available at this moment. He was 40. Hashimoto, a many time IWGP champion and Hall of Famer, had, along with Hulk Hogan, headlined more successful huge live pro wrestling events than any wrestlers in the history of the business. He had been out of action for several months due to a shoulder injury and the collapse of the original Zero-One promotion. He was recovering from surgery in December.(Wrestling Observer)
 ZERO-ONE MAXのコメント。ブログでの中村社長のものを。
橋本さん
 昨日午後より報道されていたように橋本さんがこの世を去りました。選手を全員待機させ私は故人の元へ。先ほど事務所に戻りました。私達も故人に関してはお話させて頂きたいこともたくさんあります、しかし今はコメントを差し控えさせてください。選手・社員皆気持ちを整理する時間を頂けますでしょうか。今は、選手・社員一同心よりご冥福をお祈りいたします。(BLOG@ZERO1-MAX)
 待つよ。彼らは言葉なり試合でどうするかを示してくれるだろうと思う。
 破壊王は晩年はハッスルで活躍していた。そういや、1年前の帝王賞にプレゼンターとして来ていて、トークショーでハッスルしていた。
“ハッスルキング”橋本真也さん
 あなたのことを、私たちは忘れません。選手・スタッフ一同、謹んでご冥福をお祈りいたします。(ハッスル公式サイト)
 DSEの榊原社長。
DSE榊原社長「遺志引き継いで」
 ハッスルを運営するドリームステージエンターテインメント(DSE)の榊原信行社長は11日、橋本さんの訃報(ふほう)を受けて都内の事務所で会見した。「ハッスル創世記の第一人者。本当に残念。肩のケガを治してから復帰してもらえると話していたばかりだった」と悲痛な表情で口を開いた。さらに「ハッスル自体をどう進めていくか考えていけなければならない。13日に福岡、15日は大阪で開催を予定している。選手は、特に小川さんは悲しい気持ちだろうが、大会はきっちり開催して、戦うことで橋本さんの遺志を引き継いで欲しい」と選手に奮起を促し、「橋本さんをいい形で送り出したい」とDSEとして葬儀・告別式に協力することも明らかにした。(日刊スポーツ)
 そして、小川直也。小川のコメントが泣けたよ…。
小川は涙で「彼に会うまで信じない」
 橋本さんのライバルであり親友でもある小川直也(37=フリー)は11日午後8時20分から都内のDSE事務所で会見した。突然の訃報(ふほう)に「あまりに突然で信じられない。この目で確かめるまでは信じたくない」と絞り出すように言った。「訃報を聞いて携帯に電話した。(呼び出し音が)鳴ったんだけど…」と続けると両目に涙があふれ「何が何だかさっぱりわからない」と現実を受け入れられない様子だった。
 5月のハッスル札幌大会の時に電話で話したのが最後の会話になった。その後は留守番電話でやり取りがあり、橋本さんの復帰も考えていたという。記者の質問にも「信じたくない」と繰り返すばかり。「彼に会うまでは言葉が出ない」と橋本さんが待つ横浜市内の斎場に向かった。(日刊スポーツ)
 他にもいろんあレスラーがブログなどでコメントしている。「ザ・ワイド」ではHBK草野も話していた。
 他のニュースはとりあえずこちら。

「破壊王」プロレスラー橋本真也さん、死去(asahi.com)
プロレスラー橋本真也さん急死、40歳
ターザン山本氏「あの体形で心臓に負担」

 では、また改めて…。

|

« “破壊王”橋本真也、死亡… | Main | 高千穂通のムクドリ対策 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60301/4935293

Listed below are links to weblogs that reference 破壊王に関するコメントまとめ:

» 訃報:プロレスラー橋本真也(破壊王)40歳の若さで死去 [いいかもねっと【 ニュース 】]
***人気プロレスラーの橋本真也(はしもと・しんや)さんが11日午前脳幹出血のため、横浜市内の病院で亡くなった。40歳だった。代理人の弁護士事務所によると、自宅で倒れ、救急搬送されたが、既に心肺停止状態だったという。葬儀は16日午後0時半、横浜市西区元...... [Read More]

Tracked on Thursday, July 14, 2005 at 12:32 AM

« “破壊王”橋本真也、死亡… | Main | 高千穂通のムクドリ対策 »