« サッカーボールの感触 | Main | 20日夜、NHKで日南の焼酎文化を紹介 »

Tuesday, August 16, 2005

宮崎県護国神社へ

05Aug15_03 8月15日の昨日、宮崎県護国神社に行ってきた。

 宮崎県護国神社は宮崎神宮の敷地内にある。裏手は流鏑馬馬場だ。
 護国神社の祭神は「国家公共に尽くした人の神霊」。神社の中には太平洋戦争に出兵した人たちの遺品を収めた建物があるし、大きな慰霊碑もある。

 自分の目をもっとも惹いたのが、ブーゲンビル島で亡くなった方々の慰霊碑だ。南太平洋ソロモン諸島の激戦地といえばガタルカナル島(餓島)が有名だけど、じつは最も多くの戦死者を出したのがブーゲンビル島(墓島)。連合艦隊の山本五十六長官が撃墜された島でもある。日本の戦死者は約42,000人と言われている(まだ多いかもしれない)。地獄である。碑文には宮崎出身者が5000人亡くなったと書いてあった…。
 他は神風特攻隊員の慰霊碑など。第37師団戦没者の慰霊碑の横には馬魂碑――軍馬を慰霊する碑もあった。
05Aug15_06 05Aug15_07

05Aug15_10 宮崎から多くの戦死者が出ているし、戦艦大和は沖縄水上特攻で日向灘を南下して沖縄に向かっている。手を合わせて、祈りを捧げた。
 神社を出ようとしたら、入れ違いに親子連れが入っていった。

 夜は自宅前で送り火を焚いた。

|

« サッカーボールの感触 | Main | 20日夜、NHKで日南の焼酎文化を紹介 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60301/5493438

Listed below are links to weblogs that reference 宮崎県護国神社へ:

« サッカーボールの感触 | Main | 20日夜、NHKで日南の焼酎文化を紹介 »