« September 2005 | Main | November 2005 »

Saturday, October 29, 2005

筋肉ミュージカル

 今日は筋肉(マッスル)ミュージカルを取材で観てきた。レポートはパワナビ(宮崎パワスポ?)に掲載予定。画像はこのレポのなかで使わせてもらうので。ただ、自分が書いたものを事務所にチェックしてもらわないといけないので時間がかかると思う。だから、こちらでサラッと。
 今日はまずはビビッた。宮崎市民文化ホールって辺鄙な場所にあるなぁと(苦笑) 中心街からは行きにくいところだ。あと、人の多さ。昼夜の2回公演なんだけど(自分は昼)、当日券は立見しかないほどの盛況だった。会場は入場する人の長打の列。しかも、いろんな層の人がいて、子供を連れた人が目立った。
 公演は2部構成で前半が45分ほど、休憩が15分あって後半が1時間ほど。トータルで22の演目があった。感想は「凄いなぁ」と。出演しているアスリートたちの身体能力と表現力、そしてパフォーマンスはほんと驚かされる。演出もさすがで、ハリウッドムービーのようにすぐに「ツカミ」を入れて客を引き込んだ。笑えるものあり、肩の力を抜けるものありで、飽きない構成だった。客席にもどんどん来るし、一緒に体操させたり、客が参加できる物がちゃんとあるのが良かった。ノリノリだったからね、場内は。サーカスっぽい面もあった。
 このスポーツエンターテイメントに感心したのは間口の広さ。音楽の公演だと人の嗜好があるので客を選ぶけど、筋肉ミュージカルはそんなことはない。いろんな人が楽しめる。だからこそ、いろんな層の人が来てたんだろうね。
 今回はできなかったけど、個人的には女性リーダーにインタビューしたかった。自分が大井競馬場でよく見たダンスユニット「レジーナ」のメンバーだもん。残念だった。まあ1日2公演でバタバタしてるなから、しゃあないわなぁ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 26, 2005

最後の発車、寝台特急「彗星」

 9月30日(金)、宮崎で唯一だった寝台特急「彗星」(南宮崎⇔京都)が終わりを迎えた。需要はずいぶん下がっていたようで(昔は集団就職や新婚旅行などで活躍した)、10月1日からのダイヤ改正を機に、37年間の歴史に幕を閉じることになった。
 自分は鉄道ファンというわけではないけど、列車での旅は好きだ。そして、寝台列車の旅に憧れている。小さい頃、昼の移動で寝台列車に乗った記憶がいまでも残っている。北海道行きのブルートレインに乗るというのは、いつか実現したい夢だ。
 宮崎発着の寝台特急にも乗りたかったけど、機会はないままだった。いつのまにか東京と宮崎を結んでいた「富士」がなくなって、そして「彗星」の最後を迎えてしまった。
 もう乗ることはかなわないけど、その最後の姿は目に焼き付けておこうと思って、JR南宮崎駅に向かうことにした。


JR南宮崎駅

 JR南宮崎駅には自転車で行った。大淀川を渡るとき、鉄道に一番近い橋を使ったんだけど、カメラを持った人たちがチラホラいた。鉄橋を渡る彗星を撮影するためだ。9月になってから、こういう人たちをよく見かけるようになっていた。いつだったか、サッカーを観て木花から電車で戻るとき(夕方)、鉄橋を渡り終えるところにカメラ軍団が大挙いたのにビックリした。
 JR南宮崎駅は小さい駅(宮崎のなかでは中規模)。すぐ近くに宮交シティがあって交通量が激しいんだけど、人通りはそう多いほうではない。特別な日であるこの日も相変わらずだった。
 ただ、ホームをのぞくと彗星と人だかりが見える。階段を上がって改札に向かうと、カメラを持ってる人たちがいた(秋葉原のイベントで見るような人たちと同じ感じ)。入場券160円を買って、中に入った。
 彗星の停まっているホームは人でいっぱいだった。関係者、報道陣、ヲタ系、家族連れなどなど…。それぞれが彗星のために来ていた。
05Sep30_01 05Sep30_02


彗星

 彗星の赤い車体のまわりでは、多くの人たちが撮影していた。「彗星」と金文字で書かれたブルーのエンブレムがかっこいい。車体は東芝製で昭和51年製造とある。
05Sep30_03 05Sep30_05 05Sep30_06
 客車はブルー。一番前の一番前の扉は「彗星」の文字と星のマークが入っている。B寝台の中に入ってみることにした。小さい扉がある。これを開けると、窓際が狭い通路になっていて、もう片側の大部分を2段ベッドが占めている。通路には折りたたみの椅子がある。これがとても懐かしかった。小さい頃に「こんなのあるんだ」と驚き、この椅子に座って外の景色をながめていたから…。
05Sep30_09 05Sep30_10
05Sep30_12 05Sep30_13 05Sep30_14
 ベッドはソファといった感じ。窓側にスチール製の上り梯子が付いている。各ベッドにはハンガー、寝巻き、枕、布団が置かれている。
05Sep30_15 05Sep30_16
 さらに上のランクの寝台車にも行ってみた(A寝台?)。こちらは個室タイプ。乗客が入ってるので、中を見ることはできなかった。あと、通路が暗すぎて写真は撮れなかった。


セレモニー

 ホームに作られたステージには報道陣も含めてかなりの人だかりが出来ている。しばらくして、セレモニーが始まった。挨拶があり、車掌や運転士などに花束が渡された。
 運転士さんは家族を連れてきていて、一緒に写真に納まっていた。
05Sep30_20 05Sep30_22


最後の発車

 セレモニーが終われば、あとは最後の発車を待つのみ。職員は配置につき、客車に乗り、他のファンはホームに立った。それにしても、子供づれがけっこう多い。いろんな層の人たちがいる。
 時間が刻々と迫る…。彗星はライトを点灯している。
05Sep30_23 05Sep30_24 05Sep30_26
 そして、17時25分。彗星が汽笛を鳴らして動き始めた。ホームで流れているのは「蛍の光」だろうか。ホームの人たちは写真を撮り、子供たちは手を振っている。速さをだんだん増して離れていき、どんどん小さくなっていく。そして、見えなくなった。意外と呆気ないものだった。
 大分合同新聞(10月1日)によると、行く先々で人が集まったようだ。いい終わり方だったと思う。
05Sep30_27 05Sep30_28

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, October 15, 2005

茨城ゴールデンゴールズのプロアマ交流戦

05Oct14_32 14日(金)の夜、プロアマ交流戦「12球団ファーム選抜 vs 茨城ゴールデンゴールズ」を取材するためにサンマリンスタジアムに行ってきた。
 朝から小雨が降ったり止んだりでどうなるかと思ったけど、主催側はやる気だった。でも、試合開始前から激しい雨……。茨城GGはやりたそうだったけど、さすがに中止となってしまった。
 しかし、そこからが長くて。雨のなか、欽ちゃんがトークしたり、選手を使って笑わせたり。プロ選手の握手会があって、ホームラン競争があって、GGメンバーの仮試合があって終わったのが20時だった。2時間近くやってたことになる。詳しくは宮崎パワスポで書く。

05Oct14_15 試合がなかったのは本当に残念だった。NPBの先発予定は西武の涌井、キャッチャーは巨人の星だった。茨城GGがどんなプレイをするのかも見たかった…。練習を見るとさすがだったし、高校時代は甲子園で活躍した選手とかいるからね(常総とか)。
 まあ、それにしても、欽ちゃんは大したものだと思った。普通だったらトボトボ帰るであろうお客さんたちを楽しませたんだから。あれが野球の試合でどうミックスされるのかは観たかった。メディア向けのプログラムには「萩本監督のトークを交えながら」というのが何個もあるんだわ(苦笑)
 プロの選手たちも楽しそうだった。欽ちゃんと絡んでたし、ホームラン競争に参加した。欽ちゃん走りで登場した選手もいたし。

05Oct14_20 サンマリンスタジアムのナイターは初めて。けっこう明るくて、デジカメで撮影しやすかった。明るさに関しては宮崎市総合体育館の屋内よりも上。まあ、近くでは撮れないけどね、サンマリンは。
 宮崎ゴールデンゴールズも来ていた。個人的にはぜひ取材したい。だって、実体がまだよくわからないから。ローカルテレビでも紹介されてたけど、バラエティーがいじってのものだったし。
 カープの選手は東出と仁部がいた。東出がいるなんてビックリしたよ。
 そうそう、じつはタイガースの鳥谷とか来てるらしい。今日、井川が投げるかも?…だって。だから、アイビーに行く予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »