« “ラティーノ・ヒート”エディ・ゲレロが急死 | Main | 『月刊SORA』2005年12月号 ~ 宮崎自慢のさしすせそ »

Monday, December 05, 2005

白麹萬年(お湯割り) with ピスタチオ

 宮崎もずいぶん寒くなってきました。家の中でも靴下を履かないと、足が冷えてたまりません。自分は暖房器具は使わないのでジャケットを着て、パソコンで作業するときは毛布を使ってます。
 身体を温める楽しみといえば、熱い食べ物と飲み物。食べ物なら焼き芋、豚まん、シチュー、鍋物など。マクドのグラタンコロッケバーガーは毎年の楽しみですね。飲み物ならホットコーヒーとか。寒空の下で熱い缶コーヒーを身体に流すときって、ほんと身体が温まります。
 そして、忘れてならないのがお酒――熱燗とお湯割りです。

 金曜の夜、宮崎市中心街のBAR「祠」に取材のお礼で行ったとき、焼酎のお湯割りをいただきました。焼酎は芋焼酎「白麹萬年」(渡辺酒造場)。香りの強い、お湯割り向きの焼酎です(「黒麹萬年」はロック向き)。芋の風味とお湯割りの熱さを楽しみつつ、身体を温かくしていました。
 おつまみは「ピスタチオ」。これ、美味いっすね~。食べる手が止まりません(苦笑) 思いっきりはまってしまいました。こういうナッツ系が酒のつまみで一番好きです。気軽に話しながら食べれるし。

05Nov08_10 じつは、自分はお湯割りはあまり飲みません。焼酎はいつも「ロック」。冬でも「ロック」。注文するとき、口が勝手に「ロック」と言ってしまいます。
 なんでロックかというと、ロックが焼酎の一番美味しい飲み方だと思ってるからです。水で薄めるのは抵抗があるし、お湯割りだと味がぼやける感がある(お湯割りだからこその良さはあります)。ロックじゃないと味の区別がつかないという、情けない理由もありますけど(苦笑)
 お店の人に聞いたところ、ロックで飲む人がかなり多いようです。そういや、自分と一緒に飲む人もいつもロックでした。

 「KING OF SOUL MUSIC 祠」はリビング・バーです。パワナビに記事があるので、詳しくはリンク先を。写真は鹿児島の芋焼酎「萬膳」。いい焼酎ですよ、これは。

|

« “ラティーノ・ヒート”エディ・ゲレロが急死 | Main | 『月刊SORA』2005年12月号 ~ 宮崎自慢のさしすせそ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白麹萬年(お湯割り) with ピスタチオ:

« “ラティーノ・ヒート”エディ・ゲレロが急死 | Main | 『月刊SORA』2005年12月号 ~ 宮崎自慢のさしすせそ »