« November 2005 | Main | January 2006 »

Sunday, December 18, 2005

うめこうじ「惣菜バイキング」

05Nov14_32 ランチバイキングというのはよくあるけど、スーパーのお惣菜のバイキングは珍しいと思う。
 スーパー「うめこうじ」の「惣菜バイキング」。たくさんのお惣菜があって、そのなかから大か小のパックに好きなだけ詰めれるというもの。大(20cm×12cmぐらい)は313円。安い。お惣菜は白飯、焼飯、スパゲティー、サラダ、肉じゃが、唐揚げ、串揚げなど――20種類ほど。
 たくさん詰め込めば、313円にしては安い量が食べられる。何より、好きなものを好き勝手入れられるというのがいい。どうしても欲張ってしまうので、何をどれだけ入れるかかなり困ってしまうけど…。
 惣菜バイキングをやってるのは平日の11:00~14:00。いつも人がたくさんいて、懸命にパックに詰め込んでる。自分はたま~に利用している。もし近くの会社に勤めてたら、毎日利用してると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, December 17, 2005

宮崎市江平「大盛うどん」その2

05Dec15_05 久しぶりに毎月第3木曜日の100円引きに行ってきた。食べたのは「かけうどん」。値段は20円値上げしていた…。
 相変わらず黒っぽい汁で甘い。麺はコシがなくボロッとしたものだけど、これが汁とよく絡んで美味い。ボリュームもあるし、自分はここのうどんが好きだなぁ。

【関連リンク】
宮崎市江平「大盛うどん」(2005年2月17日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 12, 2005

新・宮崎市

 すっかり忘れてたのですが、宮崎市(宮崎市、佐土原町、田野町、高岡町)が来年1月1日に合併します。都城市(都城市、山之口町、山田町、高城町、高崎町)も延岡市(延岡市、北方町、北浦町)も。合併後はどうなるか、わかりましぇん…。
 来年1月29日に新しい宮崎市、都城市、延岡市で市長選挙が行われます。宮崎市と都城市は一騎打ち、延岡市は4人の争いになるようです。勉強します…。
 大晦日には新・宮崎市のカウントダウンスペシャルナイト(22:00~翌0:30)が大淀川河畔と橘公園通で行われます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, December 06, 2005

『月刊SORA』2005年12月号 ~ 宮崎自慢のさしすせそ

05Dec06_01 宮崎本音マガジン『月刊SORA』2005年12月号の特集は、宮崎・自慢の「さしすせそ」。
 料理の「さしすせそ」といえば、砂糖・塩・酢・醤油・味噌のことです。今月の特集では宮崎産の調味料をピックアップ。商品だけでなく、製造元のこだわりも織り交ぜながら製造過程を紹介してます。
 自分が担当したのは、「郷土料理 光辰」の料理長と女将さんへのインタビュー。宮崎の郷土料理、素材、味覚、調味料などについて語ってもらいました。

 今月号の特集は反響が大きいようです。やりそうでやられてなかった企画ですからね。宮崎産の黒砂糖とか醤油とか「へぇ~」ということばかりです。
 取材もそうとう大変で。自分は宮崎市内で話を聞くだけだったんで楽でしたけど、製造元まで足を運んで製造過程を見せてもらって話も聞いた○○さんはきつかったと思います。商品を見つけて、アプローチするだけでも一苦労ですからね。
 今月号はほんと貴重だと思います。他のメディアのネタにされるかも(苦笑)
 ちなみに自分は、記事を書くのが大変でした。ダンロップで忙しいときで、深夜の1時から始めて5時に書きあげたのかな。2時間だけ寝て、プロアマの取材に行きましたよ。

 『月刊SORA』は1冊200円。イオン宮崎SCの旭屋書店とか、宮崎市内の書店で購入できます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 05, 2005

白麹萬年(お湯割り) with ピスタチオ

 宮崎もずいぶん寒くなってきました。家の中でも靴下を履かないと、足が冷えてたまりません。自分は暖房器具は使わないのでジャケットを着て、パソコンで作業するときは毛布を使ってます。
 身体を温める楽しみといえば、熱い食べ物と飲み物。食べ物なら焼き芋、豚まん、シチュー、鍋物など。マクドのグラタンコロッケバーガーは毎年の楽しみですね。飲み物ならホットコーヒーとか。寒空の下で熱い缶コーヒーを身体に流すときって、ほんと身体が温まります。
 そして、忘れてならないのがお酒――熱燗とお湯割りです。

 金曜の夜、宮崎市中心街のBAR「祠」に取材のお礼で行ったとき、焼酎のお湯割りをいただきました。焼酎は芋焼酎「白麹萬年」(渡辺酒造場)。香りの強い、お湯割り向きの焼酎です(「黒麹萬年」はロック向き)。芋の風味とお湯割りの熱さを楽しみつつ、身体を温かくしていました。
 おつまみは「ピスタチオ」。これ、美味いっすね~。食べる手が止まりません(苦笑) 思いっきりはまってしまいました。こういうナッツ系が酒のつまみで一番好きです。気軽に話しながら食べれるし。

05Nov08_10 じつは、自分はお湯割りはあまり飲みません。焼酎はいつも「ロック」。冬でも「ロック」。注文するとき、口が勝手に「ロック」と言ってしまいます。
 なんでロックかというと、ロックが焼酎の一番美味しい飲み方だと思ってるからです。水で薄めるのは抵抗があるし、お湯割りだと味がぼやける感がある(お湯割りだからこその良さはあります)。ロックじゃないと味の区別がつかないという、情けない理由もありますけど(苦笑)
 お店の人に聞いたところ、ロックで飲む人がかなり多いようです。そういや、自分と一緒に飲む人もいつもロックでした。

 「KING OF SOUL MUSIC 祠」はリビング・バーです。パワナビに記事があるので、詳しくはリンク先を。写真は鹿児島の芋焼酎「萬膳」。いい焼酎ですよ、これは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »