« January 2006 | Main | March 2006 »

Monday, February 27, 2006

荒尾競馬は清武町に場外発売所を開設予定

 昨年秋、清武町が荒尾競馬の場外発売所誘致を表明していた。そして25日、新聞に続報が掲載された。

清武でも馬券売り場計画 荒尾競馬組合が開設目指す(宮崎日日新聞、2006年2月25日)

 ポイントをまとめると以下の通り。

・昨年11月に清武町の町議会全員協議会で同意、地元の同意も得て12月に進出協定書を締結。農水省の許可が出てから土地を買収して4月に着工、2006年度内のオープンを目指す。
・予定地は清武町今泉丸目(宮崎自動車道清武ジャンクションから南2km)、敷地面積56000平方メートル。
・2000平方メートルの建物には発売・払戻所以外に観覧席や売店も設置。駐車場は670台。
・土地は民間の所有。
・販売見込みは35~42億円。約1%を交付金として清武町に。
・荒尾競馬のほかにも岩手競馬など全国にある地方競馬の馬券を発売。

 21日には佐賀競馬が宮崎市田野町に場外発売所を設置するニュースが掲載された。佐賀場外のポイントももう一度出してみよう。

・4月に着工、10月にオープン。地元の同意は得ている。
・予定地は田野町中河原(宮崎自動車道田野インターチェンジ南西)、敷地面積26400平方メートル。
・延べ床面積約1400平方メートルの建物には発売・払戻所以外に映像コーナーや売店も設置。駐車場は1000台収容。
・民間企業が設置、運営。土地も民間の所有。
・営業日数は260~280日、販売見込みは17億円。1日あたりの来場者は500~700人を予想。
・佐賀競馬のほかにも岩手競馬など全国にある地方競馬の馬券を発売。

 共通する部分、異なる部分がわかるだろうか?
 自分は荒尾場外の「販売見込みは35~42億円」というのが気になる。佐賀競馬は三連勝の導入を表明している。荒尾も導入するということか? 佐賀場外は客単価1万3000円×1日あたり500人×260日営業で17億円という数字が達成される。荒尾はその倍なので1日あたりに1000人、もしくは客単価が2万円なら達成できる。客単価については2万円前後にしとくとして(古いデータだが平成15年度の上半期時点で佐賀は15600円、荒尾は23800円)、問題は人を集めれるかどうか。荒尾場外は高い目標のように感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, February 21, 2006

宮崎市田野町に佐賀競馬の場外発売所を設置

 宮崎市田野町に佐賀競馬の場外発売所が開設されるというニュースが2月21日付の新聞に掲載された。記事があるのは佐賀新聞、宮崎日日新聞、毎日新聞、朝日新聞、読売新聞。

佐賀競馬 宮崎市に場外発売所開設(佐賀新聞、2006年2月21日)
田野に場外馬券売り場 佐賀の組合打診(宮崎日日新聞、2006年2月21日)
宮崎県に場外馬券売り場開設方針、3連単導入などで増収図る…県競馬組合(読売新聞佐賀版、2006年2月21日)
的中難しく高配当、佐賀競馬が新馬券発売へ(朝日新聞佐賀版、2006年2月21日)
佐賀競馬:宮崎市に場外馬券場、10月開設へ/佐賀(毎日新聞佐賀版、2006年2月21日)

 ポイントをまとめると以下の通り。

・4月に着工、10月にオープン。地元の同意は得ている。
・予定地は田野町中河原(宮崎自動車道田野インターチェンジ南西)、敷地面積26400平方メートル。
・延べ床面積約1400平方メートルの建物には発売・払戻所以外に映像コーナーや売店も設置。駐車場は1000台収容。
・民間企業が設置、運営。土地も民間の所有。
・営業日数は260~280日、販売見込みは17億円。1日あたりの来場者は500~700人を予想。
・佐賀競馬のほかにも岩手競馬など全国にある地方競馬の馬券を発売。

 いま現在、南九州には馬券の場外発売所はない。完成すれば待望の施設となる。田野町は宮崎市街から遠くないし(車で35分)、宮崎市や都城市から無料バスを発車させるのではないだろうか。
 ところで、じつは田野町の隣にある清武町で荒尾競馬の場外発売を作る話も進んでいる。

清武町に場外馬券売り場設置を 荒尾・佐賀組合が協力要請(宮崎日日新聞、2005年9月16日)
清武町に場外馬券売り場 荒尾競馬を誘致(宮崎日日新聞、2005年11月12日)

 佐賀競馬は昨年8月下旬に清武町に打診をするも断られ、翌月の9月に田野町に打診したということになる。懸念したいのは清武町の荒尾場外、田野町の佐賀場外でパイを奪い合う可能性があること。経過を見ると、佐賀と荒尾が争っているようにも取れる。とりあえず、来年度の荒尾競馬の日程が発表されてからまた何か書くかもしれない。

【公式サイト】
さがけいば
荒尾けいば

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Thursday, February 16, 2006

岩田康誠は合格、吉田稔は不合格――JRA騎手免許試験

 16日、JRAから騎手免許試験の合格者9名が発表された。年間20勝以上を2回達成して1次試験を免除された地方騎手は、兵庫の岩田康誠は合格したものの、名古屋の吉田稔は不合格となった。1次試験免除者の不合格は初めてのケースだ。
 岩田康誠は兵庫のトップジョッキー。中央競馬でも大活躍でGIも勝っている(デルタブルースで菊花賞)。ちなみに、先に兵庫から移籍した小牧太と赤木高太郎はGIをまだ勝っていない。ある意味、実績ではこの2人をすでに上回っている。どれだけの成績を今年残すか楽しみだ。
 吉田稔については、じつは昨年秋の時点で「落ちるかも」と聞いていた。そして、その通りになった。なぜか? 2次試験の内容は競馬法規と人物考査。今まで安藤勝己や小牧太が通っているほどだから、競馬法規はそれほど難関ではない。あとは、もう言わずともわかってもらえるだろう。自業自得としか言いようがない。理由を聞いてそう思った。

【参考サイト】
平成18年度 調教師・騎手免許試験合格者(JRA)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 10, 2006

昔:理髪代10000円 → 今:散髪代990円

 前髪と耳にかかる髪が鬱陶しくなってきたので、散髪屋に行ってきた。来週は大事な面接があるし。
 宮崎に戻ってから利用しているのは、いつも江平の五差路の大衆理容。料金はカット&仕上げで990円。自分は髪を短くしてもらえば十分だし、髪型に細かい注文はつけないのでこれで十分。演歌を聴きながら、オバちゃんにカットしてもらっている。
 横浜で会社勤めをしていた頃は違った。行くのは美容院。かける金は1万円。内訳は3500円がカットで、6500円がカラーだったかな? 自分はメタル好きなので、子供から髪を染めるのに憧れていた。だから、金髪にしたり、真っ赤に染めたり好き放題。カラーさえしなければ安くすむのだけど、カラーをすると金も時間もかかってしまう。
 今の自分はもう高い金をかけられない。カラーは、好きな人に「てるKUNは黒が似合うよ!」と言われてやめた。本当はしたい気持ちもあるのだけど、取材で初対面する人に悪い印象を持たれたくないし。
 それにしても、昔の自分はバブリーだった…。そうそう、散髪で一番好きなのはシェービング。あの熱いヌリヌリが好きっス(*´Д`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, February 07, 2006

冷や汁、知ってました?

 宮崎の郷土料理として紹介され、商品にもなっている「冷や汁」。いりこや白身魚を混ぜた焼き味噌をだし汁でのばし、熱々の麦飯にかけていただくものだ。
 自分は冷や汁というのはまったく知らなかった。大学に行く前、宮崎に19年ほどいたけど、単語さえ聞いたことがなかった。関西にいたときもまったく知らず。関東に出て、土産屋かどこかで初めて見たんだと思う。
 だから、自分は正直言って、冷や汁が郷土料理と言われてもピーンと来ない。横浜に住んでるとき、向こうに住んでる同郷の連中と呑みに行って「冷や汁って知ってた?」と聞いたら2人がNO、1人が「家で食ってた」だった。
 まあ、そんな冷や汁だけど、自分はけっこう好きだ。新宿の宮崎物産館「KONNE」で材料を買って自分で作ってみたら、美味しかった。ちなみに、冷や汁って山形にもあるのね。Wikipediaに載ってた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »