« フルマラソンの半分 | Main | 不運は重なる »

Wednesday, September 07, 2011

代表戦を観戦中

【アメージング・レース】
 5組の争いはシンガポールへ。マレーシアから寝台列車での移動となり、リセットがかかった。今回を面白くしたのは2つの権利――近道権とUターンだった。
 近道権は、ある課題をクリアした1チームだけが、残りの課題をスキップして中間ゴールまで直行できるというもの。前シリーズではメーガン&チェインがドバイでゲットして、その貯金を活かしてトップ通過を連発し、副賞をゲットしまくった。彼らはそのまま優勝している。
 今回はクルーに先頭で到達した兄弟がチャレンジ。地上165メートルの高さで、観覧車のゴンドラの間を移動するというものだった(安全のためのハーネス有り)。相当な恐怖に襲われていたようだけど、「100万ドルのため」と思ってクリア。1着でゴールしていた。自分も高いところが苦手。金のためと思ってやるけど、どうだろう。
 Uターンは2回目の登場。分かれ道の後に設置されていて、権利を行使したチームが、指名したチームを引き返させて、もう1つの課題もやらせるというもの。今回はモデル組が憎きレズビアンに行使。そのレスビアンがギリギリで最下位→脱落となったから、モデル組(というかケイティ)からすれば、してやったり。ビアン組からすれば、考えられるなかでもっとも屈辱的な脱落の仕方となった。一番嫌いな奴に引導を渡されて、しかももうやり返す機会がないのだから。
 負け犬はよく吼えるというけれど、このビアン組、最後まで悪態つきまくりで自分はさすがにドン引きした。Uターンがわかった時点から(仕掛けた相手もわかる)、悪口言いまくり。その内容が酷くて「脳みその構造が違う」とか。しかも、かなり口汚いし、表情も酷い。負けたのがわかってからも、悪口は止まらなかった。立つ鳥、跡を濁しまくり。全米の視聴者はどう思っただろうか。つーか、普段は自分たちの優れたところを誇りながら、Uターンで指名されると「私たちはトップ争いに絡んでないのに」とか……。なんやねん、この都合のいいババァどもはと思ったよ。自分たちがなぜ敗れたのか、わかってないのだろう。視聴者はよくわかってるはず。
 ビアンは、5組のうち3組にUターンで指名されていたと思う。モデル組以外は、潜入と兄弟。兄弟とは電車のなかで揉めてたから。カウボーイは不明。ビアン組はモデル組だっただろう。こいつらが消えてくれて、本当にスカッとしたよ。さらなる抗争を見てみたかった気もするけど。
 モデル組は2位でゴール。太鼓の課題でリズム感の良さを見せたし、憎い奴らも葬ったしで、大満足だろう。3位のカウボーイ組は、リズム感が無いのを露呈した。潜入は太鼓を諦めて、近道行ったら先越されてて、結局はアイスクリーム売る羽目になって、無駄に時間を使った。
 最後の、450メートルのケーブルをすべるやつ。あれなら、自分もやってみたい。すごく気持ちよさそう。ウエハースで挟むアイスも食べてみたかったな。
 残り3回の放送だから、次回は脱落はないはず。前シーズンもそうだったし。

【昼寝】
 火曜夕方に走るつもりだったけど、ちょっと休んだら寝てしまってた。う~ん。サボると気分悪い。

【下痢】
 腹の調子がまだ悪い。今日になってやっと、整腸剤と下痢止めを飲んだ。良くなってほしい……。

|

« フルマラソンの半分 | Main | 不運は重なる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60301/52666738

Listed below are links to weblogs that reference 代表戦を観戦中:

« フルマラソンの半分 | Main | 不運は重なる »