« September 2011 | Main | November 2011 »

Tuesday, October 25, 2011

ぼやき

【風邪】
 風邪がまだ治らない。良くはなっているし、普通に動けるけど、症状は完全には改善されていない。

【1日3食同じもの】
 お弁当の余りものを5個もゲットしたため、月曜は朝昼晩、同じ弁当を食べることになってしまった。食費を浮かすためだけど、さすがに辛かった。

【敗北感】
 ミルクティーの1リットルパックを定価の98円で買った。定価である。なんでかというと、最近は買い物に行ける機会が少ないし、この商品はなかなか半額にならないし、でも、ミルクティーがどうしても欲しかったから。でも、普段は49円で買っているものを2倍の値段で買うというのは、凄いためらいがあった。半額ゲッターとしてはどうなのかと。

【逆効果】
 ふつう、試合がテレビで中継されることは、そのチームにとってはアピールの機会になるはず。しかし、日曜にNHK宮崎で中継されたバスケの宮崎シャイニングサンズの試合は逆効果としか思えないものだった。試合内容は酷いし、客席はガラガラだし。地元の都城で、これかよと。まったく人気が無いし、胸スポンサーもないし、今の経営のままならば、チームは長続きしないだろう。「宮崎のお荷物」呼ばわりされるのが目に浮かぶ。こういうチームって、発足当初は「地元を元気にする」とか言うんだけど、時間が経つとチームのほうこそ地元に元気にしてもらえよという状態になるんだよな。
 あと、実況の質が高くなかった。解説のコミッショナーは一人で盛り上がってたけど、目線をバスケ初心者に落とした内容の解説をすればいいのに。実況は地元アナだからスポーツのプロじゃないし、場内リポーターはローカルニュースで噛みまくりの下手くそだし。

【東京の話】
 じつは、まだ画像を整理していないので、東京でのネタが書けません。すんません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, October 21, 2011

佐賀県の唐津市

【佐賀】
 9月24日と25日。九州サッカーリーグ(社会人)の最終戦が開催された佐賀県唐津市に1泊2日で行ってきた。地元のチーム、MSU F.Cに帯同する形で。
 今シーズンは鹿児島や延岡に連れて行ってもらっていて、最終戦もそういう約束をしていた。しかし、スケジュール等の連絡が前日になってもなかったから、連休をどう過ごそうか考えるようになっていた。前日は携帯を自宅に置いて、夕方からバンと一緒に佐土原のバン宅まで走り、風呂入りに行って、ご飯食べて、帰宅したのが23時。そしたら、その後に携帯に連絡が入った。次の日の5時半に迎えに来るということは、4時半には起きなくてはいけない。もう5時間後だよ……。しかし、断るわけにはいけないので、これでOKした。ちなみに、行程や宿泊などの情報はなし。ただ、宿泊代の半分(2000円)を負担してくださいとのことだった。これは想定内。
 佐賀県には、佐賀競馬場のある鳥栖市に何度か行っている。他の用件は、中学生の修学旅行(九州一周)と、4年前にサッカーで佐賀市に行ったぐらい。唐津は初めてだ。

【5時間移動】
 朝の6時に清武をバスで出発。チーム用のバスが新たにあったのだ。自分は入り口そばの1人用椅子席に座って、いきなりの居眠りモード。バスは九州自動車道を進んでいく。途中、熊本のサービスエリア(名前忘れた)に寄るんだけど、ここは福岡行きの高速バスも、スポーツ関係の移動でも絶対に寄る場所だ。
 鳥栖からは長崎自動車道に入って、西に向かう。途中で高速を降りて、一般道に。セブンイレブンで止まったとき、チョコの袋菓子(100円)を買った。これを合間にチョコチョコ食べて、夜まで空腹をしのぐのである。
 唐津に着いたのは11時過ぎだった。

【唐津フットボールセンター】
 バスはこの日の試合会場へ。グラウンドは、小さい客席のある人工芝だった。今度、日本代表が北朝鮮と平壌で戦う会場が人工芝で、これが話題になると思うけど、社会人や高校のサッカーでは珍しいことではない。
 九州サッカーリーグは10チームが参加していて、今回は全チームが一箇所に集まっての集中開催。1日5試合を2日連続で、2つの会場で分けて行う。MSUが着いたとき、別のチームが試合をしていた。この結果で、MSUは最下位を免れて、自動の降格(県リーグに落ちちゃう)はなくなった。
 さて、MSUは1-3で負けた。まあ、あれだけ決定機を逃せば、ちゃんとピンチが来ちゃうのがサッカーなんだよね。
11sep24_01

【ホテル】
 試合が終わって、宿泊先に移動。大きな唐津城が見えて、ちょっと興奮した。ホテルは、川沿いにある『城内ホテル』というところ。ちょっと古びた感じの建物だった。
 自分は相部屋かタコ部屋だろうと思っていたのだけど、あてがわれたのはシングルルームだった。しかも、ホテルの壁際(端っこ)。とってもラッキー。部屋の窓からは、唐津城が見える。いい雰囲気だ。とりあえず荷物を整理。16時過ぎだったから、18時まで大相撲中継を見た。
 ちなみに、ご飯はなし(素泊まり)。翌朝の集合時間は知らない。
11sep24_08

【城下町】
 18時に鍵をフロントに預けて、ホテルを出た。周辺をとことこ歩く。この唐津は城下町で、とても静かで風情がある。宮崎の日南市の飫肥に近い。ホテルに置いてあった観光マップを手にとことこ歩いていく。
 駅の周辺は、繁華街と呼べるほどではない。駅も大きくはない(JR宮崎駅ぐらい)。駅の反対側を歩いていると、回転寿司の『しーじゃっく』があった。店は混んでいるようだった。
 駅の北側に戻ってとことこ歩く。腹が減ってきた。でも、適当な店がない。『やよい軒』なんてあったら、喜んで入ってガッツリ食うのに。目に入るのは居酒屋ばかり。
 19時半ごろ、ショッピングセンターを発見した。中に入ってみる。弁当や惣菜が3割引だった。営業時間が21時までだから、20時から半額になるとみた。そのときにまた来ることにした。とりあえず、パンコーナーでパンの耳15枚ほどが入った袋を見つけたので、120円で買った。暗い夜道を、これを食べながら歩いて、空腹をしのいだ。ちなみに、あまりにも量が多くて、宮崎に戻ってもまだ残っていたほど。
11sep24_10

【唐津城】
 時間があるから、唐津城まで歩いてみることにした。川沿いの歩道を、ライトアップされた城を目指しながら歩く。結構な距離だけど、気にしない。
 舞鶴公園唐津城の麓に来たら、上へ続く長い階段が……。これをひたすら上った。さすがに汗が出る、出る。天守閣まで来たときは達成感があった。もちろん、中には入れない。山の上から、唐津の夜景を見下ろす。うん、よく見えないね。さて、半額弁当買いに行くぞ。
11sep24_12

【無い】
 思ったよりも時間がかかってしまい(そら、あんな遠くに行けばね)、ショッピングセンターに戻ったのは20時半。あれだけあった弁当が根こそぎ無くなっていた……。残っていたのはカツ丼1個だけ。あるだけマシだし。カツ丼好きだし、これは190円で。あとは、サーターアンダギー2個入りを半額の50円、ワケありお値打ちのラージサイズなカップ麺を100円で買った。そして、21時にホテルに戻った。失敗したなぁ。

【ディナー】
 部屋に戻って、テレビをつける。チャンネルが多くて困っちゃう。唐津のローカルチャンネルが2局もあるのは驚いた。番組は『アド街ック天国』に。横浜時代はよく見てたけど、宮崎ではやってないから。しかも今回は、横浜のみなとみらい特集だった。あっち行く前の勉強になる。
 カツ丼は、買ったときに電子レンジでチンしておいた。ホカホカを食べる。美味い。熱いお茶と一緒に食べる。食後は、サーターアンダギー……言いにくいな、この名前。ウチの婆ちゃんは「砂糖てんぷら」と呼んで、よく自分に作ってくれたんだよ。で、この半額の砂糖てんぷらは、外がサクサクしていてとても美味しかった。よく出来てたと思う。

【寝るまで】
 シャワー浴びて、テレビ見て、何したっけ? 『おねだりマスカット』を見てから寝たのは憶えている。

【ブレックファスト】
 ホテルでは早起き。7時に起きた。朝ごはんは、カップ麺と砂糖てんぷら。ホテルは9時過ぎに出発した。

【唐津市陸上競技場】
 今日の会場は川沿いの、古びた陸上競技場。芝生は天然だけど、状態は良くなかった。MSUは0-9で惨敗。酷いゲームだった。
11sep25_02

【帰り】
 疲れた。パンの耳かじってた。大相撲の千秋楽はワンセグで観た。帰宅したのは21時だったかな? 疲れたけど、いい経験をさせてもらった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 19, 2011

風邪ひいてます

【体調】
 東京から戻って1週間になるけど、体調はいまひとつ。睡眠不足と疲れは抜け切っていない。しかも、先週土曜からは風邪をこじらせてしまった。これがしつこくて、完全に治らない。目も疲れ気味だ。

【ランニング】
 そんな状況で今日、11日ぶりに14kmを走った。東京に行く前に走って以来だ。本番まで2ヶ月を切ったわけだけど、今月はほとんど走ることができない。だから、無理して走ってみた。状態は、落ちてもいないけど、上がってもいないという感じ。今月はこれでいい。そして来月に走りこんで、フルマラソンに備える。

【番宣】
 NHKって、ニュースの中で自分とこの番組の宣伝をするから嫌だ。紅白の司会者発表とか。国民的行事だと勝手に決めつけているのだろうか。自分にとってはどうでもいいことだから、ニュースじゃないニュースをやられると不愉快になる。

【トロピック・サンダー】
 戦場が舞台のコメディー映画のブルーレイを借りた。笑いっぱなしだった。くだらなくて。一番美味しかったのが、メガネをかけたデブ禿オヤジに扮したトム・クルーズ。下品で下種な言葉を並べまくり、変な踊りをする役。本人はさぞかし、ストレスを発散したと思われる。

【小林】
 日曜は、バンの薬局でお手伝い。美味しいものをありがとう>バン。今回は自転車が大活躍だった。疲れたよ、あれは。気づいてよかったけど。

【中国で問題視されている映像を見て思ったこと】
 神戸大学に登校する途中、自分は溝に転落してしまった。でも、自分を助けようとする奴はいなくて、素通りするばかりだった。都会の冷たさを初めて感じたときだった。大学1年生だったかな?
 というわけで、これを思い出した。

【WHITESNAKE】
 明日はまさかの、大物海外バンドの宮崎公演が行われる。しかも、自分もアルバムを聴きまくったバンド。日本で4つある単独公演の1つが宮崎って、なんでだって思う。それにしては、テレビCMがなかったな。
 で、自分は行かない。チケット代が8500円って高すぎだわ。スケジュールの都合が悪かったというのもあるけど、とにかくチケット代だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, October 16, 2011

体調はいまひとつ

【東京から生還】
 水曜に戻って、4日も経ってるのに今更だけど……。宮崎に戻ってます。睡眠不足と疲れがまだスッキリとは抜けない状態で、しかも風邪の手前です。鼻水と痰が少し出るので……。
 まあ、東京でも体調は万全ではなかったけど。1日目の夜の出来事のせいで下痢になり、下痢は翌日の昼にはおさまったものの、食欲不振は東京を離れるまで治らなかった。あと、2日目は身体中が水分を欲して苦しかった。
 東京では楽しいことも辛いこともあったけど、一番は1日目の夜の出来事かなぁ……と。今年一番凹んだし、宮崎に帰りたくなったから。今でも心中は複雑。
 これらも含めて、画像を交えて、東京でのことを書いていきます。その前に唐津か。お世話になった方々は、ありがとうございました。

【オークション】
 宮崎ではプロ野球の教育リーグ(フェニックス・リーグ)を開催中。その歓迎イベントが宮崎市の繁華街であった。バンがここで行われるオークションに毎年参加していて、今年も自分が駆り出された。
 これは、12球団から1つずつ品物が提供されて、それを競り落としていく。過去には、バンがヤクルト青木のバットを9万円近くまで競り、じゃんけんで譲ったことがある(相手も複雑な表情だったな)。自分の価値観とはかけ離れた世界だ。ぶっちゃけ、自分には野球に対するミーハー心なんて一切無いから。だから、いつも面倒臭そうに行くのである。今年は雨だったし。まあ、自分が外出してるときはうまい具合にやんでくれたけど。
 自分の役目は、バンに代わって商品を競り落とすこと。バンは本命に挑戦し、自分は2番目を……という感じ。1人でも複数の品を落とせるんだけどね。バンから軍資金を受け取り、離れた場所で待機する。合図は携帯で……とのことだった。
 結果から言えば、日ハムの中田のバットを自分が3万7千円、西武の中村のバットをバンが5万円で競り落とした。じつは、自分のは失敗だった。バンは、最初にバットが白木のままなのを見て、「行かない」と決めていた。しかし、自分はバンのアクションを「行け」と勘違いし(携帯どうこうではなくなっていた)、行ってしまった。ちなみに、1000円か2000円ずつ上げて、焦らす作戦だった。で、成功したんだけど、バンから本当のことを告げられて、その後は謝りまくった。バンは気にしていなかったけど。まあ、そこらへんは金銭感覚の違いだろう(自分の1千円≒バンの1万円)。あと、バンはもっと値段が上がると予想していたらしい。
 イベント後はサラリーマンなど、いろんな人が寄ってきたので、バットを持たせてあげて、会話で盛り上がった。あと、バンが丸万でモモ焼きをおごってくれた。

【1個3円でもクレームつける自分】
 東京に行く前、イオンで買い物をしようとしたときのこと。袋入りのそばが、棚では33円(半額なら16円)となっていたのに、レジでは38円(半額なら19円)になっていた。もともと38円だった商品だから、値段の設定を変えていなかったのだろう。このときは買うのを止めて、その場を去った。
 1週間ぶりにイオンに行って、同じものを買うことにした(もちろん半額)。さすがに値段は変わってるだとうと。ところが、まったく改善されてなかった。この商品をこの1週間で買った人って……。自分はさすがに見過ごせなくて、店員を呼んで間違いを告げて、値段を確認させて、1個16円でレジを通させた。おかげで、余計な時間食った。今度行ったとき、直ってるかどうかはわからない。
 自分は1円でもうるさいよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, October 07, 2011

福岡の旅・2011秋(その3)

【早起き】
 自分は、ホテルだと寝付きが悪くなる。前回は4時だったもんな、寝たの……。まあ、これは別の理由もあるんだけど。で、起きるのはどうかというと、早い。早起き。北海道に行った時は、6時に起きて、温泉に入ってたなぁ。
 で、今回も7時に起きた。睡眠時間は5時間。ホテルの食堂にご飯を食べに行く。宿泊費が自腹じゃないから、これもタダだ。食べ終わってからわかったんだけど、ご飯のおかわりができた……。
 朝のアニメを見ながら準備して、8時半にホテルを出た。ちなみに、自分はホテルに泊まるときは、部屋を片付けしてから出るようにしてる。立つ鳥後を濁さずと言うでしょ。掃除する人のことも考えてね。

【新幹線】
 徒歩で博多駅へ。博多と小倉(北九州市)は新幹線なら片道20分もかからない。切符は『とくとくきっぷ』という往復券と使う。値段は3000円。領収書は窓口で発行してもらえる。
 前回は、のぞみとひかりに乗ったから、今回は九州新幹線のさくらを使うことにした。新下関行きのを。9時前には小倉に到着した。
11sep11_01

【小倉】
 今回のメインの用件(これのために福岡に来た)の前に、在来線のほうに行ってみる。そこで、下関まで270円?で行けるのを知る。時間も10~20分。小倉で特にしたいことも思いつかないし、下関まで行ってみたくなった。山口県は、中学の修学旅行で行って以来(萩市に泊まった)。10月に東京に行く前に、本州に上陸するのもいいかと思った。
 でも、用件に4時間もかかっちゃって……。終わったのが14時だった。昼飯は食べることができたけど。「やべぇな」と思って時刻表を調べてみる。17時過ぎに飛行機に乗るから、遅くとも16時より前には博多に戻る新幹線に乗らないといけない。で、わかったのが、下関で取れる時間が30分だけということ。それでも、「せっかくだから」と下関行きを決めた。

【まさかの海底トンネル】
 列車の発車時間が迫っていたので、急いで切符を買って、ホームに向かう。なんとか、乗ることができた。そして、出発。列車も乗客もローカル色があふれている。
 じつは、関門海峡を見てみたいと思っていた。列車から、さぞかし綺麗な眺めなんだろうなと期待して。門司港駅を出て、いよいよ本州へ。しばらくして、「え?」となった。トンネルに入ったからだ。そう。JRは関門トンネルを使っているのだった……。トンネルを抜けたら、あっさりと本州だった。

【下関】
 さて、許された時間は30分。駅周辺しか歩けない。とりあえず、土産屋をのぞいてみる。「ふく」関連の商品ばっかり! フグじゃないよ、ふく! 下関ではフクと呼ぶんだよ。そのフク関連のお菓子とか、そんなのばっかり。なかでもびっくらこいたのが、『とらふく料理セット』。なんと、値段は27300円!! 自分は家族や親戚のために、偉人さんを模したクッキー菓子を買った。ここだけの話、値段が安かったんで。
 駅そばには、やたらと豪勢な石造りっぽい建物があった。結婚式場みたいだけど。あとは、山口国体の看板とか。バス停にはロンドンバスが停まっていた。海が見えないかなと思って、ショッピングセンターを早足で駆け回ったけど、不発に終わった。というわけで、30分終了。
11sep11_02
11sep11_08
11sep11_04
11sep11_07

【宮崎へ】
 小倉に戻り、新幹線で博多に戻り、地下鉄で福岡空港へ。楽しい時間はあっという間に過ぎ去った。宮崎のような田舎での暮らしになれている者にとっては、都会での時間はとっても刺激的だ。だから、東京に行ったらどんだけ劇薬なんだよってことなんだよね。
 帰りの飛行機は下の画像。一番後ろの席だった。日曜の夕方は満員だね、この便は。というわけで、今回の旅は終了。次回は来年3月らしい。そうそう、日曜は食費を一切使ってません。
11sep11_09

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, October 06, 2011

福岡の旅・2011秋(その2)

【中洲】
 九州最大の歓楽街である中洲は、博多駅から徒歩で15分か20分ぐらい。今回は地下鉄を使った。地下鉄のほうが断然ラクだから。
 博多から2駅目の中洲川端駅で下車し、地上に上がって行くと、キャバクラなどの地帯になる。それっぽい看板や無料案内所が通りにたくさんある。さらに歩いていくと、大きな通りにつきあたる。信号があって、向かいにはローソン。ここまでくると、エッチな看板を目にするようになる。通行量の多い通りに沿って、そういうものが目に付くのは意外とインパクトがある。横浜の曙町しかり、名古屋の栄しかり。曙町なんて、そういう店のとなりがうどん屋だったもんな。
11sep10_10

【もつ鍋】
 今回の旅で絶対にしたかったことの一つが「もつ鍋を食べる」だった。2月に来たとき、手羽先の店で小さいもつ鍋を食べて、次はちゃんとしたのを食べたいと思っていたから。
 ただ、店探しは大変だった。値段が高かったり、2人前からじゃないと注文店だったり。旅行雑誌も読んだけど、1人だけで気楽に行けそうな店がなくて困った。一時は諦めたほどだった。で、最後の手段でキーワードを入れてググってみたら、『元祖博多麺もつ屋』という店がヒットした。なんと、一人客専門の店。値段も値ごろ。しかも、中洲のすぐ近く。ここに決めた。
 開店してからしばらくの18時半頃に行った。店は狭くて、カウンター席が8つあるだけ。自分は、「麺もつしょうゆハーフ」(680円)と「おじやセット」(300円)を頼んだ。ここは、本来は〆の麺がすでに入っているのが特徴。店長に「通ですね?」と言われたけど、自分は初来店である。
 感想は「大満足!」。12時間近く何も食べてなかったせいもあるだろうけど、めっちゃ美味しかった。もつは少なめだけど、プリプリで美味しかった。しょうゆの出汁もいいんだよね~。量もこれでいい。自分はガツガツと夢中になって食べてた。
 ずっと店長さんが話しながら、目の前で調理してくれる。アドバイスもしてくれるし、好みにも合わせてくれる。焼酎の品揃えが良くて、しかも通好み。値段も安かった(390円か450円)。店長さんと宮崎焼酎の話で盛り上がった。何も注文しなかったのは申し訳なかったけど。だって、2週間前に呑んだ焼酎がけっこうあったしさ。
 また行きたい。
11sep10_11

【ブラブラ】
 店を出てから、川沿いにある屋台を見ながら歩いた。一人だと屋台は入りづらいね。近くのキャナルシティにも足を伸ばした。大きいし、建物の形が変わってる。ちょうど、噴水ショーをやっていた。そうそう。水場に落ちてる奴がいて、近くの店の店員やらが集まっていた。なんで落ちたか知らないけど、様子が変だったな。じゃねぇと、落ちねぇよ、あんなとこ。
 中洲川端駅に戻るとき、すっかり夜になっていたから、キャバクラの呼び込みがしつこかった。店から離れて付いてくるのがいてさ。しかも、運悪く信号待ちになって。相当にしつこかった。意思表示見せてないのに、勝手にいろいろ説明してるし。ああいうタイプは断り方も気をつけないといけないんだよね。だから、ああいうところは一人ではできるだけ歩かないほうがいい。
11sep10_12
11sep10_16

【デパ地下】
 博多駅に戻って、地下街に行った。博多のデパ地下はとってもにぎやか。宮崎とは違うわ。お約束で半額品を探したけど、いいのはなかった。もうバラすけど、自分が今回の旅で使った飲食代は、もつ鍋の料金だけです。1泊2日なのに。ただし、次のカフェはのぞく。

【ベローチェ】
 やっぱ、ベローチェは外せないな。200円以下でコーヒーが飲めて、しかもゆったりできるんだから。22時半まで2時間いた。
11sep10_18

【ホテル】
 大浴場を利用した。いい湯だった。浴場に入るとき、『あらびき団』でリー5世がやっていた、「温泉出るとき、俺のスリッパを誰かが勝手に履いていった」というネタを思い出したのだけど、浴場を出るときにまさにそういう事態になっていたから、可笑しくなってしまった。「シバイたろか!」と(笑)
 部屋に戻ってからは、アニメばっかり見てた。BSとか地上波とか。深夜アニメが充実してるよね。就寝したのは2時過ぎだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 05, 2011

福岡の旅・2011秋(その1)

【宮崎空港】
 9月10日と11日、バンの依頼で福岡に行ってきた。3月から半年振り、2回目である。飛行機代とホテル代などの経費は自己負担しなくていい。自分は喜んで行くのだった。
 10日の朝、JR宮崎駅を8時に出発する電車に乗り、終点の宮崎空港駅まで向かう。時間にして10分ほど。料金は360円(340円だったかも)。福岡空港と同じく、空港が市街地から近いのが宮崎の良いところだ。ちなみに、自宅から駅までは自転車で。駐輪場に停めてある。起床は6時半だったかな。
 自分がバンから受け取っていたのは、JALパックのeチケット控えの紙。これにあるバーコードを使っていろんな手続きを行う。帰りも同じ。宿泊先の情報も書かれている。バーコードでピッピとやれるから便利だ。座席指定がなぜかできなかったから、窓口でやった。
 飛行機は8時55分出発。時間があるから、空いている店で暇をつぶして、保安検査場へ。荷物は、ウエストポーチだけ。搭乗口は館内の端っこ。そこから階段を下りて、そとに出る。滑走路の近くを歩くと、小さな飛行機が停まっている。プロペラとジェットの複合機で小さい。タラップを上って入ると、中は本当に狭い。座席は1列(左)と2列(右)。自分は右側の1列目、窓側だった。非常口のところである。だから、窓口で非常時にして欲しいこと(避難時の誘導など)を書かれた紙を渡されていた。通路側は空席だから、ゆったり気分。
 ここの何がいいかって、離陸時と着陸時にキャビンアテンダントを間近に見れること。でも、シャイな自分は見れなかった。

【空の旅】
 宮崎から福岡まで、バスなら4時間かかる。でも、飛行機だと45分で着いてしまう。短い。それでも、空から九州を見下ろすのは楽しい。前回は荒尾競馬場を、今回は佐賀競馬場を確認できた。
 サービスは飴。1個取ったら、まだ取っていいですよという感じで、さらに取ったら、まだいいですよという感じで、結局4個いただいた。飛行機は小さいからけっこう傾くし、雲に突っ込むと揺れてしまう。
 小さい飛行機だけに、福岡空港の古いほうのターミナルビルから発着。ビルと飛行機の間はバスで移動する。預けてる荷物なんてないから、あっさり終了。

【福岡空港】
 10時前に到着してから、1時間ほど新しいほうのターミナルビルを散策した。まだ読んでなかった雑誌を立ち読みしたりとか。宮崎空港よりは全然にぎやかだね。
 ここからは地下鉄で移動。駅で1日乗車券(土日祝なら500円)を購入。博多駅に向かった。

【JR博多シティ】
 九州新幹線の全線開通を前にオープンしたJR博多駅ビル『JR博多シティ』。前回はオープン直後に来て、あまりの人の多さに面食らった。エスカレーターなんて2列で人がまったく途切れてなかったからね。あれから半年。さすがに落ち着いてるだろうと行ってみた。
 でも、やはり人は多かった。半年前ほどではなくても賑わってる。まあ、土曜の昼だし。レストラン街は。店による違いはあれど、行列ばかりだった。テレビカメラもいた(2日後の朝の九州ローカル番組だった)。値段が高いから、食べる気はナッシング。
 屋上へ。『つばめの杜ひろば』という名前で、鉄道神社や仲見世、小さい電車がある。仲見世では、九州各県が出店。長崎県平戸市の名物料理、アゴだと思うけど、魚のすり身を揚げたもの2つを串刺しにしたのをふるまってた。これが大ぶりだし、魚っぽい味が強くて美味だった。展望台から見る景色はあまり面白くない。
 エスカレーターを下るとき、ポケモンの店を見つけた。
11sep10_04
11sep10_05

【天神】
 博多駅から天神まで地下鉄で移動。目的地は『まんだらけ福岡店』。まんだらけに行くのは、横浜に住んでた頃以来。以前は渋谷店によく行った。その渋谷店を憶えているだけに、ちょっと期待はずれだった。品揃えはいいんだけどね。
 他に目的地を決めていなかったから、天神をうろつくことに。目に入ったのは沖縄のアンテナショップ。川崎店によく行ったね。ポークランチョンミートの値段を見てみたくて入ったけど、ネットで買うより全然高かった。1個当たり200円ほど高い。
 あとは、アーケードとか地下街とか。地下街はでかかったね。この時点で13時から14時の間だったかな?
11sep10_07

【福岡競艇場】
 天神から歩いて15分という近い場所に福岡競艇場がある。ここで時間をつぶすことにした。タダでお茶が飲めるし。開催しているのは事前に調べておいた。2月に来たときは雪が降って大変だった。
 で、4レースを観て、舟券に使ったのはゼロ円。入場料の100円だけ。賭けるつもりはなかったから。宮崎から持ってきた地方競馬の印刷物や新聞等を読みながら、レースを観戦……しただけ。でも、6号艇が最初のマークで動けなくなったアクシデントとか見れた。
11sep10_08

【チェックイン】
 15時半頃に競艇場を出て、地下鉄で博多駅に戻る。そして、徒歩でホテル(西鉄IN博多)に向かって、チェックイン。カードキー方式だから、楽でいい。部屋で一休みして、身支度して、中洲に向けて出発した。そういえば、家を出る前にパンを食べてから、何も食べてなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »