« 7年ぶりの東京・神奈川(その1) | Main | 寒いのは苦手 »

Monday, November 21, 2011

7年ぶりの東京・神奈川(その2)

【富士山】
 社名やデザインを一新したばかりのソラシドエアだけど、自分が乗ったのは行きも帰りも旧型機。デザインはスカイネット・アジア航空のままだった。
 ジェット機に乗るのは本当に久しぶり。宮崎⇔福岡は小型の複合機だから。座席は3列+3列で広く感じる。乗客はそこそこだったかな。離陸の時のGも違う気がした。
 日向灘を通って、四国の南を通過して、そこから陸地が見えるようになったのかな。高度もジェット機のほうが高く感じた。自分は左側の後方、窓際の席を予約しておいたから、窓からは本州の陸地を見下ろせた。静岡の2つの岬を通っているのは、地図を見てわかった。飛行機に乗ると、地理の勉強になる。
 はっきりではなかったけど、富士山が見えた。このとき、涙がこぼれた。「やっと戻ってきた」という実感が沸いたから。本当に7年のブランクは長すぎたと、このときに改めて思った。
 飛行機は9時10分頃に到着した。ターミナルまではバスで移動した。
11oct10_02

【羽田空港】
 羽田空港のターミナルビルが新しくなってからは初めてである。勝手がまったく違って、ちょっと戸惑った。
 ソラシドエアは、全日空メインの第2旅客ターミナル。ガイドマップを入手して、いろいろ歩き回ることにした。もともと、1時間ほど空港をうろつくつもりだったから。帰るときの下見も兼ねて。
 10時過ぎ、バスで川崎に向かった。空港⇔川崎のバスは、片道270円と格安だ。路線バスを使っているから。横浜時代のときから、羽田に行くときは川崎を経由していた。路線バスだから、下町のような場所も走っていく。それが懐かしくて、たまらなかった。50分ほどだったかな? 川崎に近づくにつれて、バスは満員になっていった。
11oct10_05

【川崎】
 JR川崎駅周辺は、自分にとって馴染みの場所だ。映画はいつも、チネチッタ川崎かTOHOシネマズ川崎。競馬場もあるし、競輪場もある。プロレスも川崎市体育館でよく観た。図書館もここに登録していた。他にもいろいろ……。
 まず向かったのは、ラ・チッタデラ。地中海沿岸のような街並み。日本一の映画館『チネチッタ川崎』がある。タワーレコードは、メタルコーナーが充実していたんだよな。駅地下の総菜屋で半額弁当を買って、レイトショーを見るのが楽しみだった。
11oct10_07
 次に向かったのは、『ベローチェ』の川崎新川通り店。映画を観る前とか、よくここで過ごした。ノートパソコンで仕事したり、新聞や本を読んだり。長くて2時間とかいた。トイレ近くの席に座って。ベローチェは安いからいいんだよね。以前は、ブレンドMが157円だったから。今は180円だけど。今回は30分だけいた。
11oct10_10
 次は、地下街のアゼリア。自分が人生で唯一、逆ナンパをされた場所でもある。ここを通って、駅ビルへ。半額弁当を買っていた店を探したけど、見つからなかった。
 12時半過ぎ、JR南武線で府中本町駅に向かった。南武線もよく乗ったんだよなぁ。
11oct10_14

|

« 7年ぶりの東京・神奈川(その1) | Main | 寒いのは苦手 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60301/53295208

Listed below are links to weblogs that reference 7年ぶりの東京・神奈川(その2):

« 7年ぶりの東京・神奈川(その1) | Main | 寒いのは苦手 »