« October 2011 | Main | December 2011 »

Tuesday, November 22, 2011

寒いのは苦手

【冬到来】
 宮崎もようやく、冬の気候に変わりました。土曜朝まで雨が降って(ゴルフのダンロップフェニックスが中止になるほど)、昼にはカラッと晴れた後は、まるで9月上旬のような暑さになったのだけど、翌日は空気が冷たいものに入れ替わり、しかも強い風がビュービュー吹いて
、寒くてかなわんかった。翌日は風がおさまったけど、空気の冷たさは変わらず。太陽の当たるとこはポカポカと暖かいのだけど、日陰は寒くて……。家のなかも冷え切ってしまって、布団を膝掛けにしないと寒い……。苦手な季節になってしまいました。

【ホークス】
 日曜の日本シリーズ第7戦は、ホークスを応援していた。ホークスが勝ったほうが九州の経済にいくらかプラスになるだろし、イオンとかで記念セールをやるだろうから。中日が勝ったって、宮崎は何も無いじゃん。というわけで、イオンでとんかつソースを81円で勝ってきた。
 自分は、ホークスは好かん。ジャイアンツも好かん。宮崎市でキャンプしてるチームが、よりにもよって嫌いな球団なんだな(苦笑) だって、ソフトバンクが嫌いだし、金満球団も好かんから。

【寒さ対策】
 ユニクロの特売を利用して、「ウォームドライハーフジップTシャツ(長袖)」というのを半額の1490円で買った。フルマラソン用に。ちなみに、しばらく前の特売では1980円だったから、待ってラッキーだった。
 自分は1年目は上下ともジャージで走った。さすがに、これは恥ずかしかったと思う。2年目は半袖シャツの上にパーカーを着て走った(下は短パン)。で、3年目は長袖のアンダーシャツの上に半袖シャツを着るスタイルにしたかった。というわけで、この商品を買った1時間後には着用してランニングに出かけたのだった。
 今日は最高気温が15度で、空気は乾燥気味。自分が走ったときは日が傾いていたから、本番よりは寒い状況だったと思う。
 効果はあった。肌側が起毛だから、生地が薄い割には保温効果がある。クソ寒いのに、4kmぐらいで汗が流れ落ちたから。日が当たるところでは、腕をまくって走ってた。奮発した甲斐があったかね。
 もう、本番まで3週間だし、これからはこれを着て(=本番と同じ格好)、慣らしていく。

【スクーター】
 これは、トップで書くべき重要な報告。自分用のスクーターをようやく手に入れた。
 自分はもともと、原付免許しか持っていない。新聞配達のバイトをするために取った。都会に出てからは、移動手段は電車やバスで十分だった。大学生のときに自転車を持ってたぐらいで、関東在住の頃は自転車すらなかった(今は後悔)。でも、宮崎は車社会で、電車やバスはちょっと不便だ。自転車だけだと苦労してしまう。以前は、西都市まで自転車で行って、大変な目に遭ったな(山越えで)。遠出をしたいときは、弟のスクーターを借りるか、車に乗せてもらうかだった。だから、行きたいものに行けない……ということもあった。なんせ、テレビに出たとき、「目標は原付を手に入れること」と言ってたぐらいだからね。
 今回、バンのお兄さんの、使わなくなったスクーターをタダで譲ってもらった。これをバンの車で自宅まで運んでもらい、バンの知り合いの車屋さんに修理してもらった。修理だけでなく、ナンバーの取得と自賠責保険の手続きもやってもらった。しめて、4万円ほど。
 バンとは、子供の家庭教師をする約束をしている。このバイクで、佐土原町にある家まで、片道15kmほどを行く。これで、バイクにかかる経費を回収する作戦だ。
 ガソリンがもったいないから、スクーターを使うのは遠出をするときだけ。市街地ぐらいなら自転車を使う。自転車のほうが融通が利くしね。

【チューブ】
 チューブ容器の商品がある。歯磨き粉とか、塗り薬とか。これを粘りに粘って使い切る。たとえば、映画の『Mr.Boo!』では足で踏んづけて、チョロッと出た歯磨き粉を掬ってたな。
 でも、それだと、キャップ周辺の硬い部分の裏にある中身は掬えない。だから、自分はハサミで切る。そして直接、中身を掬い取って、中身が完全に無くなってから捨てるようにしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, November 21, 2011

7年ぶりの東京・神奈川(その2)

【富士山】
 社名やデザインを一新したばかりのソラシドエアだけど、自分が乗ったのは行きも帰りも旧型機。デザインはスカイネット・アジア航空のままだった。
 ジェット機に乗るのは本当に久しぶり。宮崎⇔福岡は小型の複合機だから。座席は3列+3列で広く感じる。乗客はそこそこだったかな。離陸の時のGも違う気がした。
 日向灘を通って、四国の南を通過して、そこから陸地が見えるようになったのかな。高度もジェット機のほうが高く感じた。自分は左側の後方、窓際の席を予約しておいたから、窓からは本州の陸地を見下ろせた。静岡の2つの岬を通っているのは、地図を見てわかった。飛行機に乗ると、地理の勉強になる。
 はっきりではなかったけど、富士山が見えた。このとき、涙がこぼれた。「やっと戻ってきた」という実感が沸いたから。本当に7年のブランクは長すぎたと、このときに改めて思った。
 飛行機は9時10分頃に到着した。ターミナルまではバスで移動した。
11oct10_02

【羽田空港】
 羽田空港のターミナルビルが新しくなってからは初めてである。勝手がまったく違って、ちょっと戸惑った。
 ソラシドエアは、全日空メインの第2旅客ターミナル。ガイドマップを入手して、いろいろ歩き回ることにした。もともと、1時間ほど空港をうろつくつもりだったから。帰るときの下見も兼ねて。
 10時過ぎ、バスで川崎に向かった。空港⇔川崎のバスは、片道270円と格安だ。路線バスを使っているから。横浜時代のときから、羽田に行くときは川崎を経由していた。路線バスだから、下町のような場所も走っていく。それが懐かしくて、たまらなかった。50分ほどだったかな? 川崎に近づくにつれて、バスは満員になっていった。
11oct10_05

【川崎】
 JR川崎駅周辺は、自分にとって馴染みの場所だ。映画はいつも、チネチッタ川崎かTOHOシネマズ川崎。競馬場もあるし、競輪場もある。プロレスも川崎市体育館でよく観た。図書館もここに登録していた。他にもいろいろ……。
 まず向かったのは、ラ・チッタデラ。地中海沿岸のような街並み。日本一の映画館『チネチッタ川崎』がある。タワーレコードは、メタルコーナーが充実していたんだよな。駅地下の総菜屋で半額弁当を買って、レイトショーを見るのが楽しみだった。
11oct10_07
 次に向かったのは、『ベローチェ』の川崎新川通り店。映画を観る前とか、よくここで過ごした。ノートパソコンで仕事したり、新聞や本を読んだり。長くて2時間とかいた。トイレ近くの席に座って。ベローチェは安いからいいんだよね。以前は、ブレンドMが157円だったから。今は180円だけど。今回は30分だけいた。
11oct10_10
 次は、地下街のアゼリア。自分が人生で唯一、逆ナンパをされた場所でもある。ここを通って、駅ビルへ。半額弁当を買っていた店を探したけど、見つからなかった。
 12時半過ぎ、JR南武線で府中本町駅に向かった。南武線もよく乗ったんだよなぁ。
11oct10_14

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, November 18, 2011

7年ぶりの東京・神奈川(その1)

 10月10日から3日間という日程で、7年ぶりに上京した。そのときのことを綴っていく。

【きっかけ】
 2004年10月。アテネ五輪の後。自分は横浜を離れて、宮崎に戻っていった。帰りの飛行機が台風で飛ばず、不動産屋に連絡して事情を話し、チネチッタ川崎でシャーリーズ・セロン主演の映画『モンスター』を観て、荷物の無くなった部屋で一泊させてもらって、翌日の飛行機で宮崎に帰ったのを思い出す。自分にとっては“都落ち”。辛かったなぁ……。
 その年の暮れ、2泊3日ほどの日程で東京に戻ってきた。2005年の元旦。川崎のベローチェで過ごしたのを憶えている。この日の飛行機で宮崎に帰った。
 それからずっと、東京に行くことはなかった。というか、宮崎からなかなか出なくなってしまった。近隣の県でさえ。金も無かったし、余裕も無かったし、そしてこれといった理由もなかったし。大阪だって、叔母さんの葬式で行っただけ。だからこの前、下関に行ったことで、本当に久しぶりに本州の土を踏んだことになった。
 東京に来い来いとよく声をかけられはしたけど、とにかく行く気持ちにはなれなかった。そうこうしてるうちに、何年も時間が経ってしまった。昨年あたりから、「そろそろ行かなきゃな」と考えるようになった。
 そして、今年の6月か7月。本来は盛岡競馬場で開催される『マイルチャンピオンシップ南部杯』が東京競馬場でJRAのレースとして開催されることを知って、「行きたい」と思った。こういう、歴史的な出来事は見逃せないんだよね……。他にも、いろんな人に会いたい、いろんな所に行きたい、といった欲が出てきた。「そろそろいいよな」と。金持ちではないけど、余裕はあるし。8月に、羽田と宮崎の往復チケットを購入したことで、東京行きが決まった。
 じつは、7月に東京に行こうとしていた。突発的に理由ができて。ただ、飛行機代だけで4万円近くかかってしまうし、「どのツラ下げて行くんだ」という思いもあって、踏みとどまった。まあ、これでいろいろ終わってしまったけど、しゃあない。自分が悪いんだから。

【準備】
 飛行機は、ソラシドエアのバーゲン切符を購入。往復2万2千円ほどで済ませることができた。押さえた便が10日の始発と12日の最終で、これで2泊3日という日程も決まった。ホテルは考えなかった。楽観的に、誰かのとこに泊まれるだろうと考えていたから。宿泊費は抑えたい。
 1ヶ月前を切る頃から、スケジューリングを始めた。短い日数で、多くの人に会おうとしていたから。だから、バッティングしないように調整していった。で、10月に入ってからは細かい行程を考えて、いろいろ調べものをしていった。宿泊は、1日目はネットカフェで済ませて、2日目はF君の家で泊まらせてもらうことになった。
 前日には土産を購入。たくさん買ったから、けっこうな額を使ってしまった。しかも、量が多くて、大きな手提げ袋じゃないと入りきらない。これのせいで、移動のときに大変な思いをすることになってしまった。土産さえなければ、荷物はウェストポーチだけだったのに。まあ、しょうがない。

【波乱の船出】
 10日の起床は5時前。4時半だったかな? 従兄弟に、ついでに起こしてもらった。起きて、顔を洗おうとして炊事場に向かったら、黒い物体が……。大きいゴキブリだった。一瞬凍りついたけど、冷静にゆっくりと、掃除機を取りに行く。戻って、セッティングして起動! 見事に吸い込むことができた。ゴキブリなんて、今年の夏はあまり出なかったのに……。まさか、こんなときに久しぶりに出てくるとは。あそこで逃がしたら、大変だった。
 それから、ご飯を食べて、身支度をすませて、5時50分頃に出発。服装は、寒いときを考えて、長袖シャツの上にパーカーを羽織った。雨が降らないのはラッキー。雨具が不要だし。
 JR宮崎駅までは自転車で向かう。30分もあれば到着できる。薄暗い街をこいで行く。駅近くの自転車置き場に自転車を置いて、切符(340円)を購入して、宮崎空港に向けて6時26分に出発し、35分に到着。けっこう、利用者がいたな。

【宮崎空港】
 自分の乗る飛行機は7時35分出発。なんで1時間前に来たかというと……これしか電車がなかったから。次だと飛行機に乗れなくなってしまう。おかげで、早めに起きる羽目になってしまった。
 暇だから、空港内をブラブラ。土産屋はすでにオープンしていた。いろいろ試食する。バンの薬局の裏にある『パティスリー・ハラ』の「ぼうチーズ」が、週末限定で売られていた。
 やることがなくなって、荷物チェックして、飛行機に乗った。ジェット機に乗るのは6年9ヶ月ぶりだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 15, 2011

そして、自分だけが残った

【ぎっくり腰】
 土曜の朝に腰をやってしまった。座椅子に深く座って、マンガを読んでいるとき。クシャミをしたら、腰がグキッ!となった。深刻には思わなかったけど、しばらくしてヤバイことになったと気づいた。2日経った今はマシになったけど、走ることはまだできない。
 もともと、自分は腰が良くない。横浜時代はずいぶんと悩まされた。あの頃ほどではないけど、宮崎に戻ってからもこの時期になると痛めてしまう。いつも、10月か11月に。“寒いとき”ではなく、“寒くなっていくとき”にやられる。今はまだ、たいして寒くないのに。目覚めたら、腰がダメになっていたというのもあったな。
 今回は病院には行かない。どうせ、レントゲン撮られて、湿布を渡されて……で終わりだから。金がもったいない。湿布はあるし。1週間もすれば、走れるようになるはず。
 昨年は、マラソン本番の3週間前にやられた。その1週間後にまた痛めた。2週間の猶予でギリギリだった。今年は1週間早い。あとは、本番まで痛めないようにするだけ。調整は遅れるけど。いつもこんなんだから、マラソンをやめるというのもある。
 それにしても、土曜は辛かった。常に痛かったから。眠っても、痛くて目が覚めた(コルセットを外したら楽になった)。土日はずっと、家に引きこもる羽目になってしまった。

【風邪】
 東京から戻って1ヶ月が経っても、風邪は完全に治らない。6日の日曜にバンと20kmを走って、その後にちょっと悪くなってしまった。それで、クシャミが止まらなくなって……。クシャミすると腹や腰に響くというのがわかった。

【独身】
 大学の仲間のなかで、独身は3人――自分とF君、M君だけだった。
 しかし、先日の東京で、F君から衝撃の告白が。シャワー浴びて、一息ついてるときに、いきなり「大事な話がある」と。「じつは、結婚することになった」と。前日に互いの家族を交えて会った時の画像を見せられたのだった。ちなみに、この話。自分以外はまだ知らないはず。
 M君も噂は聞いていた。9月にT君らと話したとき、彼女ができたと。結婚するかもしれないと。そして昨晩、本人からメールがあった。来年3月に結婚すると。式場も決まっていた。
 というわけで、自分が最後の未婚者になってしまったのである。自分が最後だ。唯一の存在。気づいたら、自分だけだった。ちなみに、予定はない。相手がいないから。その気もない。諦めてるから。この年になってようやく、無我の境地に達した。
 自分は、結婚するまでなら40歳だと思っている。たとえば、40歳で子供が生まれたとして、子供が20歳になったとき、自身は60歳。これってギリギリでは? お金がいるときに働き盛りでないと。女性は子供を生むわけだから、早ければ早いほうがいいと思う。
 そういう意味で、自分以外の全員が結婚というのは安心している。よかったよ、本当に。自分はまあ、どうでもいいんで。

【画像】
 東京に行ったときの画像の整理がやっと終わった。100枚以上あって、1枚1枚整理して、説明のコメントも加えていたら時間がかかった。これでやっと、ブログに書ける。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, November 03, 2011

KITEN

【KITEN】
 JR宮崎駅西口のビル『KITEN』が11月3日にオープンした。14階建てで、1階から3階までは飲食店や観光ショップ、バスターミナルなど、その上はオフィスやJRホテルが入っている。ビルの北側は立体駐車場と駐輪場、公園みたいなスペースが整備されている。駅ビルの中も変化があって、観光案内所や旅行代理店、コンビニなどがリニューアルしている。
 ここらへんは、実際に行ってみてわかったこと。オープン初日で祝日ということもあって、駅周辺は珍しく人が多かった。といっても、都会の駅に比べると閑散としてるほうなんだろうけど。ローソンは、おにぎり50円引きとかやっていて、かなり賑わっていた。
 でも、3階まではまだテナントが入ってないところが多くて、寂しさを感じさせたね。入居率は90%らしいから、まだまだできてないってこと? 3階まではテナントで埋めないと、厳しいと思う。
 そうそう。大きなビジョンがあった。

【ランニング】
 先月は4回しか走れなかった。全部13kmだったけど、回数が少なくて……。走る余裕がなかったから、しょうがないんだけど。
 フルマラソン本番まであと40日ばかり。というわけで、今月は追い込みをかけないといけない。バンの野郎、完走さえすればいいって言いながら、この前の日曜、雨の中を97分間走ったと言っていた。「2時間走を毎週やりたい」とも。なんだかんだで気合い入ってるじゃん。負けられん。
 今日は夕方に13kmを走った。もう、基本は13kmにする。途中で小雨になったけど、これ以上は激しくならないという計算があったから、そのままランニング。ゴールする頃には止んでいた。ただ、雨が降ると寒い。で、トイレが近くなる。本番で雨が降ったら大変だ。
 今月は20kmと30kmを1回ずつやるのが目標。しばらく天気が良くないのは気がかり。

【墓参りのタイミング】
・前回から3週間が経過。
・雨が降ってない。
・298円の仏花が100円で売られている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 01, 2011

11月

【やっと】
 11月になった。ハロウィンが終わると、クリスマスソングが流れるようになる。年賀状の発売も始まる。というわけで、年末を意識する季節になった。
 自分は10月だけ○○○で○○○していたけど、それも終了。○○○○の○○○に部分的に復帰するけど、そんなに○○しないので、今月は時間が多く取れる。ネタがたまってるブログの更新、家の大掃除、あとはフルマラソンの準備などに時間を使うつもりだ。

【映画の日】
 今日は朝から映画を2本観てきた。平日なのに人が多くて驚いた。当初は『キャプテン・アメリカ』を観たかったのだけど、宮崎市では3D上映しかしていない。SDは割引が一切無しの2000円。レンタルを待つしかない。宮崎の映画館は、都会よりもサービスが劣るよ。
 1本目は『ミッション:8ミニッツ』(原題はSOURCE CODE)。監督はダンカン・ジョーンズ(デビッド・ボウィの息子)。この人の監督した『月に囚われた男』(主演はサム・ロックウェル)は低予算のSF映画で、切ない終わり方をした作品だった。今回も切ないといえば切ない。映画のあらすじの説明はやめる。タイムリプレイ物やタイムトラベル物はいろいろとややこしいから(下手すると矛盾だらけ)。同じ状況を何度も何度もやり直すというのは、某エロゲであったな。ヒロインのミシェル・モナハンがとてもきれいで色気があった(『イーグル・アイ』以来だ)。説明は面倒だけど良作。『月に囚われた男』が月面基地という限られたスペースが舞台だったけど、今回も密室と基地と電車周りだけだったな。主人公の境遇もよくよく考えると共通している。
 2本目は『カウボーイ&エイリアン』。劇場で予告編を初めて観たときから鑑賞を決めていた。だって、西部劇とエイリアンの組み合わせでっせ。自分の好きな、チキン南蛮とカレーライスを合体させたようなもの。しかも、主演はジェームズ・ボンド(ダニエル・グレイグ)とインディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)。こりゃ、行くしかねぇよ。で、感想は……大満足! 突込みどころがさくさんあるんだろうけど、気にしないようにした。ある場面(ヒロインが○き○る)でバカ映画だと解釈したから。『ロサンゼルス最終決戦』みたいに、アメリカ万歳なところはあったな。ヒロインの、白いドレスに黒のハットというのがかわいらしかったな。そうそう、サム・ロックウェルが出てた。昔からよく会う(苦笑)
 『ミッション・インポッシブル』の新作予告を見たけど、トム・クルーズを見ると、『トロピック・サンダー』での弾けたトムを思い出してしまう(苦笑) あれ、ほんと良かったわ。

【スキンケア】
 寒い季節になると、霜焼けやあかぎれに悩まされるようになる。というわけで、いろんな予防策を図る。今日はメンソレータムのビタミンクリームを買ってきた。これを手に塗る。しもやけになった場合は、ワセリンがある。あとは指空き手袋とか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »