« 7年ぶりの東京・神奈川(その2) | Main | 師走 »

Tuesday, November 22, 2011

寒いのは苦手

【冬到来】
 宮崎もようやく、冬の気候に変わりました。土曜朝まで雨が降って(ゴルフのダンロップフェニックスが中止になるほど)、昼にはカラッと晴れた後は、まるで9月上旬のような暑さになったのだけど、翌日は空気が冷たいものに入れ替わり、しかも強い風がビュービュー吹いて
、寒くてかなわんかった。翌日は風がおさまったけど、空気の冷たさは変わらず。太陽の当たるとこはポカポカと暖かいのだけど、日陰は寒くて……。家のなかも冷え切ってしまって、布団を膝掛けにしないと寒い……。苦手な季節になってしまいました。

【ホークス】
 日曜の日本シリーズ第7戦は、ホークスを応援していた。ホークスが勝ったほうが九州の経済にいくらかプラスになるだろし、イオンとかで記念セールをやるだろうから。中日が勝ったって、宮崎は何も無いじゃん。というわけで、イオンでとんかつソースを81円で勝ってきた。
 自分は、ホークスは好かん。ジャイアンツも好かん。宮崎市でキャンプしてるチームが、よりにもよって嫌いな球団なんだな(苦笑) だって、ソフトバンクが嫌いだし、金満球団も好かんから。

【寒さ対策】
 ユニクロの特売を利用して、「ウォームドライハーフジップTシャツ(長袖)」というのを半額の1490円で買った。フルマラソン用に。ちなみに、しばらく前の特売では1980円だったから、待ってラッキーだった。
 自分は1年目は上下ともジャージで走った。さすがに、これは恥ずかしかったと思う。2年目は半袖シャツの上にパーカーを着て走った(下は短パン)。で、3年目は長袖のアンダーシャツの上に半袖シャツを着るスタイルにしたかった。というわけで、この商品を買った1時間後には着用してランニングに出かけたのだった。
 今日は最高気温が15度で、空気は乾燥気味。自分が走ったときは日が傾いていたから、本番よりは寒い状況だったと思う。
 効果はあった。肌側が起毛だから、生地が薄い割には保温効果がある。クソ寒いのに、4kmぐらいで汗が流れ落ちたから。日が当たるところでは、腕をまくって走ってた。奮発した甲斐があったかね。
 もう、本番まで3週間だし、これからはこれを着て(=本番と同じ格好)、慣らしていく。

【スクーター】
 これは、トップで書くべき重要な報告。自分用のスクーターをようやく手に入れた。
 自分はもともと、原付免許しか持っていない。新聞配達のバイトをするために取った。都会に出てからは、移動手段は電車やバスで十分だった。大学生のときに自転車を持ってたぐらいで、関東在住の頃は自転車すらなかった(今は後悔)。でも、宮崎は車社会で、電車やバスはちょっと不便だ。自転車だけだと苦労してしまう。以前は、西都市まで自転車で行って、大変な目に遭ったな(山越えで)。遠出をしたいときは、弟のスクーターを借りるか、車に乗せてもらうかだった。だから、行きたいものに行けない……ということもあった。なんせ、テレビに出たとき、「目標は原付を手に入れること」と言ってたぐらいだからね。
 今回、バンのお兄さんの、使わなくなったスクーターをタダで譲ってもらった。これをバンの車で自宅まで運んでもらい、バンの知り合いの車屋さんに修理してもらった。修理だけでなく、ナンバーの取得と自賠責保険の手続きもやってもらった。しめて、4万円ほど。
 バンとは、子供の家庭教師をする約束をしている。このバイクで、佐土原町にある家まで、片道15kmほどを行く。これで、バイクにかかる経費を回収する作戦だ。
 ガソリンがもったいないから、スクーターを使うのは遠出をするときだけ。市街地ぐらいなら自転車を使う。自転車のほうが融通が利くしね。

【チューブ】
 チューブ容器の商品がある。歯磨き粉とか、塗り薬とか。これを粘りに粘って使い切る。たとえば、映画の『Mr.Boo!』では足で踏んづけて、チョロッと出た歯磨き粉を掬ってたな。
 でも、それだと、キャップ周辺の硬い部分の裏にある中身は掬えない。だから、自分はハサミで切る。そして直接、中身を掬い取って、中身が完全に無くなってから捨てるようにしている。

|

« 7年ぶりの東京・神奈川(その2) | Main | 師走 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寒いのは苦手:

« 7年ぶりの東京・神奈川(その2) | Main | 師走 »