« 春の梅雨 | Main | 平成24年大相撲春場所(初日~5日目) »

Sunday, March 11, 2012

震災から一年

 東日本大震災から一年になりました。一年といっても時間の区切りにすぎず、状況は通過点に過ぎません。しかし、九州在住の自分でも、特別な気持ちで迎えた一日になりました。
 今日は日本フットボールリーグの開幕があり、試合開始が13時だったため、会場では試合前に黙祷がありました。自分自身は、時計をチェックして、14時46分にも一人で目を閉じました。これを書いている今だからこそ思えるのですが、サッカーを観れること、サッカーをできることのありがたさを、会場にいた各々が感じたことと思います。

 ここ一週間、テレビでは震災に関する番組をたくさんやってしました。書籍も多く、雑誌では多くの特集が組まれていました。そのなかで、自分の涙腺が特に緩んだのは、避難所の食事を写真に記録したものでした。当時の大変な状況、そして被災者の人たちがどう過ごしていたかが感じられます。
 自分は震災直後に寄付をしたのですが、それは、テレビで避難所の食事が紹介されたのを見て、「何かしなければ」と強く思ったからでした。

 最近、ふと思うのは、自分の叔母さんが生きていたら、どう思うのだろうと。阪神大震災を一緒に経験した叔母さんはどう思うのだろうと。叔母は数年前に脳溢血で亡くなりました。

 日本はまだまだ大変な状況です、原発問題は、数十年はかかるかもしれません。ただ、日本という国と運命を共にしている人間の一人として、日本の復興と前進に関わっていかないといけません。3月11日という日になるたびに、それを心の中で確認していこうと思います。そして、亡くなられ方々のことを祈り続けます。

|

« 春の梅雨 | Main | 平成24年大相撲春場所(初日~5日目) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 震災から一年:

« 春の梅雨 | Main | 平成24年大相撲春場所(初日~5日目) »