« 平成24年大相撲名古屋場所(初日~5日目) | Main | 平成24年大相撲秋場所、初日~中日 »

Sunday, July 22, 2012

平成24年大相撲名古屋場所(6日目~千秋楽)

【6日目~中日、10日目】
 忙しかったので、割愛。

【9日目】
○嘉風(東前頭8、5勝4敗) vs 隆の山(西前頭12、2勝7敗)●
 動きの激しい相撲。最後は土俵際でもつれたけど、隆の山の足が先に出ていた。健闘したとはいえ、隆の山は後退しながらの動きばかり。先手を取れる場面がないのは厳しい。隆の山を見ていると、幕内と十両の力士は違うんだなと思わされる。
●琴欧洲(東大関、6勝3敗) vs 豊ノ島(西小結、2勝7敗)○
 負けるときは本当に弱い。
●把瑠都(東大関、7勝2敗) vs 日馬富士(西大関、9勝)○
 リアルタイムでは寝てしまった。後で見た。クルクル回っていた。
○白鵬(東横綱、9勝) vs 豪栄道(東関脇、4勝5敗)●
 立ち会いが惜しかった。白鵬が体勢を崩したところで、組むのではなく、押し切れていれば……。

【11日目】
●玉鷲(東前頭11、2勝9敗) vs 隆の山(西前頭12、4勝7敗)○
 立ち会いでとったりのように動いて相手を崩して、そのまま押し出した。崖っぷちでボチボチ勝ち始めたね。
○豪栄道(東関脇、6勝5敗) vs 魁聖(西前頭8、9勝2敗)●
 際どい相撲だった。豪栄道は、勝ち越しは絶対クリアの条件だよ。
●妙義龍(東小結、6勝5敗) vs 琴奨菊(西大関、9勝2敗)○
 この一番が酷かった。妙義龍が低すぎ。当たって、すぐにパッタリ手をついて、場内は不満で渦巻いていた。
●稀勢の里(東大関、8勝3敗) vs 日馬富士(西大関、11勝)○
 入場してくる日馬富士の肌は汗で光っていた。みっちりと準備運動をしていたのだろう。相撲は激しい内容だった。稀勢の里は優勝争いから脱落。先場所の状況で優勝できない実力と割り切るしかない。
○把瑠都(東大関、8勝3敗) vs 鶴竜(西大関、6勝5敗)●
 把瑠都は本当に人間クレーンだ。

【12日目】
●勢(東前頭16、6勝6敗) vs 隆の山(西前頭12、5勝7敗)○
 前日のように、立ち会いで相手の右側からとったり。今日はそのまま、きれいに決まった。勝ち越しは難しいだろうけど、幕内には残ってほしいね。
○豪栄道(東関脇、7勝5敗) vs 旭天鵬(東前頭1、12敗)●
 呆気ない相撲。先場所優勝の力士がまだ未勝利。決定戦の相手だった栃煌山は3勝しかしていない。まあ、予想はしていたけど、それを超えてるかな。
○稀勢の里(東大関、9勝3敗) vs 把瑠都(東大関、8勝4敗)●
 稀勢の里はちゃんと手を着かないから、立ち会いが2回も成立しなかった。3回目は成立したけど、場内はしらけた雰囲気に。稀勢の里が苦手に勝ったのに。
●鶴竜(西大関、6勝6敗) vs 日馬富士(西大関、12勝)○
 立ち会いで鶴竜が勝ったと思ったけど、日馬富士の上手投げがきれいに決まった。白鵬戦は千秋楽か? 明日は魁聖戦だから、全勝はキープするだろう。

【13日目】
●黒海(東十両7、3勝10敗) vs 貴ノ岩(東十両14、6勝7敗)○
 黒海って、幕下に落ちそうになるまで衰えていたんだな……。貴乃花部屋の貴ノ岩もピンチじゃん。
●隆の山(西前頭12、5勝8敗) vs 宝富士(西前頭10、6勝7敗)○
 う~ん、負け越し。
○稀勢の里(東大関、10勝3敗) vs 琴奨菊(西大関、9勝4敗)●
 稀勢の里が苦手に勝ったんだけど、存在感が薄れてきた。
○白鵬(東横綱、13勝) vs 把瑠都(東大関、8勝5敗)●
 見ごたえのある相撲だった。

【14日目】
○天鎧鵬(東十両2、8勝6敗) vs 隆の山(西前頭12、5勝9敗)●
 十両に負けたか。
■豪栄道(東関脇、7勝7敗) vs 鶴竜(西大関、8勝6敗)□
 豪栄道が休場。このまま負け越しても、小結に落ちるだけという計算があればこそか。
●琴欧洲(東大関、8勝6敗) vs 日馬富士(西大関、14勝)○
 日馬富士って、横の動きが速いよね。
○白鵬(東横綱、14勝) vs 稀勢の里(東大関、10勝4敗)●
 酷い相撲。稀勢の里がつっかけて、白鵬が怒りを露にするのが2回も続き、3回目で横綱が変化。稀勢の里が呆気なく敗れた。

【千秋楽】
○貴ノ岩(東十両14、8勝7敗) vs 常幸龍(西十両9、10勝5敗)●
 貴乃花親方はホッとしたことだろう。
●隆の山(西前頭12、5勝10敗) vs 魁聖(西前頭8、11勝4敗)○
 隆の山は、やはり5勝どまりか。とったりとか通じる技はあるけど、それだけでは勝ちを重ねられない。他にも勝ち方を身につけないと。あと、不利な体勢になると、そのまま持ってかれるのもきつい。まあ、1回でも勝ち越してほしい。定着は無理だと思う。
●白鵬(東横綱、14勝1敗) vs 日馬富士(西大関、15勝)○
 先場所は日馬富士が勝たせてもらったので、今回は借りを返す番かなと思っていたら、日馬富士の家族が応援に来ていて、わからなくなった。で、日馬富士の勝ち。立ち会いで決まったような相撲。日馬富士は安定した成績は残せないので、横綱は無理だし、たとえ上がっても批判されるような成績になってしまうと思う。しっかし、先場所がイレギュラーだっただけで、またもとに戻ってしまったな……。

|

« 平成24年大相撲名古屋場所(初日~5日目) | Main | 平成24年大相撲秋場所、初日~中日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 平成24年大相撲名古屋場所(6日目~千秋楽):

« 平成24年大相撲名古屋場所(初日~5日目) | Main | 平成24年大相撲秋場所、初日~中日 »