« 平成24年大相撲名古屋場所(6日目~千秋楽) | Main | 上海飲茶ダイニング『ランチビュッフェ』 »

Sunday, September 16, 2012

平成24年大相撲秋場所、初日~中日

【初日】
●隆の山(東前頭16、1敗) vs 佐田の富士(西前頭15、1勝)○
 正面に組んで下手をつかんだけど、そこからの仕掛けがない。これでは、100kg未満の身体では勝てない。ここらへんの進歩が見られないかなぁと。相手は幕内のなかでも下のほうなのだから(体調は良くなさそうだった)、こういう相手に勝てないようでは、今場所も黒星先行で負け越すと思うし、その可能性はかな~り高いと思う。勝ち越しは期待していない。
○豊真将(東前頭3、1勝) vs 豪栄道(西関脇、1敗)●
 怪我の影響もあってか、今場所の豪栄道はダメそうだ。関脇以下の日本人若手は厳しい。
○魁聖(西前頭1、1勝) vs 把瑠都(西大関、1敗)●
 誤審。実況席と同じ意見で、自分の目にも把瑠都の足が残っていたように見えた。なのに、物言いなし。それはないよ……と。殊勲インタビューも微妙だったな。
●妙義龍(東関脇、1敗) vs 稀勢の里(西大関、1勝)○
 初日から難しい相手だったけど、これに勝てたのは大きかったのでは。先場所はモンゴル出身の全勝対決だったのに、世間的には盛り上がらなかった。まあ、八百長やらもろもろのせいだけど。盛り返せるかどうかはわからないけど、思いつく一つが稀勢の里の活躍。というわけで、頑張ってほしい。
○日馬富士(東関脇、1勝) vs 碧山(東小結、1敗)●
 いつもは不安定な日馬富士だから、綱取りは果たしてほしくない。品格どうのこうの言うなら、上げてから言うなっつーの。上げたのは誰だよって話。

【2日目】
●富士東(東前頭15、1勝1敗) vs 隆の山(東前頭16、1勝1敗)○
 上手投げで勝利。今日はよく動いたらしい。頑張って帰宅したら、民主党の代表戦の共同会見なんていう、クソみたいにどうでもいい番組をやってて、観られなかった。
○日馬富士(東関脇、2勝) vs 阿覧(東前頭2、2敗)●
 初日は正攻法しかない力士。2日目は、上位に来ると大負けする力士。日馬富士は楽な相手にスタートできたな。
●豪栄道(西関脇、2敗) vs 鶴竜(西大関、2勝)○
 お互いによく動いた一番。鶴竜、今場所でそろそろ二桁勝たないと、琴欧洲みたいに“大関に昇進した途端に終わった大関”になっちゃうぞ。
●碧山(東小結、2敗) vs 把瑠都(西大関、1勝1敗)○
 誤審に泣かされた把瑠都。勝ったのはいいけど、前に出る相撲じゃないと怪我するぞ。碧山と栃ノ心の両小結は、白星供給係で終わりそう。
●魁聖(西前頭1、1勝1敗) vs 稀勢の里(西大関、2勝)○
 ここから結びまで、寝てしまった。起きたときは、現役閣僚死亡のニュースで驚いたよ。

【5日目】
○旭天鵬(東前頭11、5勝) vs 隆の山(東前頭16、1勝4敗)●
 旭天鵬を相手に、胸を合わせて組んで勝てるわけないんだよ。なのに、あっさりそういう形に行ってしまう。頭を着けるわけでもなく。今日思ったことは、まず2つ。1つ目は、相手を研究しているのかどうか。相手の強みと弱点を。それをしなきゃ勝負にならないはずだけど、研究しているように感じられないんだよね。2つ目は、自分の特徴を活かした勝てる相撲に取り組んでいるか。持ち味はスピードだと思うんだけど、胸を合わせたら活きるわけない。軽量なんだから、上体を反らすような立ち合いは通用していないのがはっきりしているはず。なのに、工夫している跡が感じられないんだよね。毎場所、同じことの繰り返し。これじゃ、誰も期待しなくなるよ。
●臥牙丸(西前頭2、2勝3敗) vs 稀勢の里(西大関、5勝)○
 まずは臥牙丸が出たけど、稀勢の里が勢いを止めてから、寄り返した。相手はデブリすぎているから、一度止めてしまえば、また勢いよく前に出られないと思うんだよね。大関2人が休場して、もう1人も休みそうだから、稀勢の里にかかる期待はより大きくなっているはず。
○日馬富士(東関脇、5勝) vs 栃ノ心(西小結、5敗)●
 無敗で5日間を終えたのは大きいけど、相手が楽だった印象がある。
●琴欧洲(東大関、2勝3敗) vs 豊ノ島(西前頭3、2勝3敗)○
 前日も、小さい力士を相手に小さい相撲を取って情けない負け方をしていたけど、今日も小さい力士に苦戦。肩を痛めてしまったけど、こういう悪い内容の相撲を取るからでは。存在感のない大関なんて、いなくていいよ。

【7日目】
●朝赤龍(東前頭13、4勝3敗) vs 隆の山(東前頭16、3勝4敗)○
 組む形になったけど、正面ではなく、相手の横から組んで攻めたのが良かった。難しい体勢での粘りや、膝を取るといった小技は小兵ならではの長所。こういう形でいつも勝てればいいのだけど。勝った相撲は初めて見たけど、やはり盛り上がるね。
○日馬富士(東関脇、7勝) vs 臥牙丸(西前頭2、2勝5敗)●
 自分の2倍近い体重の力士を相手に、あれだけ前に前に攻めたのは、相撲内容にいちゃもんをつけやがった横審に対する当てつけだろうか。大鵬は変化じゃないと言ってたけど。
○白鵬(東横綱、7勝) vs 豊真将(東前頭3、4勝3敗)●
 豊真将、ちょっといける気がした。

【中日】
○旭天鵬(東前頭11、8勝) vs 朝赤龍(東前頭13、4勝4敗)●
 まさかなのか、やはりなのか。旭天鵬が8連勝、早く、上位と当てたほうがいい。
●隆の山(東前頭16、3勝5敗) vs 若荒雄(西前頭10、3勝5敗)○
 相手の腕をたぐるのに失敗して押し出された。もっと速く横に動ければと思うんだけど、難しいのかな。
○日馬富士(東関脇、8勝) vs 妙義龍(東関脇、6勝2敗)●
 妙義龍が2人差したけど、日馬富士の逆転の首投げが決まった。
ピンチの状況でも勝ちを拾えるということは、波に乗っているということなのだろう。
●松鳳山(東前頭1、2勝6敗) vs 稀勢の里(西大関、8勝)○
 落ち着いて相撲を取っているのがよくわかった一番だった。

|

« 平成24年大相撲名古屋場所(6日目~千秋楽) | Main | 上海飲茶ダイニング『ランチビュッフェ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60301/55617726

Listed below are links to weblogs that reference 平成24年大相撲秋場所、初日~中日:

« 平成24年大相撲名古屋場所(6日目~千秋楽) | Main | 上海飲茶ダイニング『ランチビュッフェ』 »