« これも回復の証なのか | Main | 平成24年大相撲九州場所(9日目~千秋楽) »

Sunday, November 18, 2012

平成24年大相撲九州場所(初日~中日)

【初日】
●隆の山(東十両4、1敗) vs 佐田の富士(西十両4、1勝)○
 寄り切りで負け。十両に落ちても、初日は負けるのか。
●臥牙丸(東前頭7、1敗) vs 豊ノ島(西前頭6、1勝)○
 中入りの前半戦で実現した一番。豊ノ島がよく動いた。小さい人が大きい人を負かす相撲は好き。
○把瑠都(東大関、1勝) vs 魁聖(西前頭2、1敗)●
 横綱候補は把瑠都のほうだったはずなんだけど、こちらは角番。前半を無敗で折り返せるかどうかだろう。
○松鳳山(東前頭2、1勝) vs 琴欧洲(西大関、1敗)●
 琴欧洲が負けたとき、ガッツポーズした。「幸先良いスタート!」と思った。今場所こそ、琴欧洲を大関から陥落させてほしい。琴奨菊の敗戦も喜ぶ嫌な自分である。
●隠岐の海(東前頭1、1敗) vs 稀勢の里(西大関、1勝)○
 九州場所が盛り上がるかどうかは稀勢の里次第では。初日なのに、場内は空席が目立っていた。
●鶴竜(東大関、1敗) vs 豪栄道(西関脇、1勝)○
 なんと、鶴竜も黒星スタート。大関と三役の実力差はあまりないのだろう。
●豊真将(西小結、1敗) vs 日馬富士(西横綱、1勝)○
 横綱としての最初の一番だけに緊張感があった。相撲とか所作とか、いつも通りだった。

【2日目】
○隆の山(東十両4、1勝1敗) vs 徳勝龍(西十両3、1勝1敗)●
 とったりで初白星。十両では全部勝ち越すジンクスが守られるか。
●把瑠都(東大関、1勝1敗) vs 松鳳山(東前頭2、2勝)○
 把瑠都が膝を怪我したかもしれない。休場すれば、関脇に陥落となる。怪我なら気の毒だけど、あまり同情はしていない。もともと、引く悪癖があって、そのせいで膝の故障を抱えることになった。これを乗り越えて、もう後退する相撲を取らないために、相撲が良化する力士がいるんだけど、把瑠都はそうではなかった。今回なんか、小さい力士を相手に、すんなりと懐に入れてしまっている。それじゃ、ダメだろうと。脇の甘さ、立ち会いの悪さは直らない。前に出る相撲と、小兵を懐に入れない相撲を強く心がけていれば、こういうことにはなっていなし、上を狙える力士になっていたはずだ。
●妙義龍(東関脇、2敗) vs 琴欧洲(西大関、1勝1敗)○
 あら、残念。
●安美錦(東小結、2敗) vs 稀勢の里(西大関、2勝)○
 曲者相手には慎重に。安美錦はガチンコ力士だし、ギャンブル癖はないようだし、性格も良さそうなので、好きな力士だ。
○隠岐の海(東前頭1、1勝1敗) vs 日馬富士(西横綱、1勝1敗)●
 白鵬がかなり久しぶりに結び前だった。で、結びの西横綱は金星献上。まあ、驚きはないっすよ。3場所前までなら、こういう負けは当たり前の力士だったから。横綱になったことで、力士としての寿命を縮めたと自分は思っている。大関時代のような成績なら、引退するしかないだろうから。

【5日目】
○隆の山(東十両4、2勝3敗) vs 双大竜(東十両8、1勝4敗)●
 送り出し。双大竜は苦しいね。いい相撲を取る力士だと思うけど。
●芳東(東前頭15、1勝4敗) vs 若の里(西前頭12、4勝1敗)○
 若の里は下位ならまだまだ行ける。ガチンコの大関候補で、白鵬にめっぽう強かった。
●碧山(東前頭5、4勝1敗) vs 豊ノ島(西前頭6、5勝)○
 豊ノ島がもろ差しで完勝。外国出身の大型力士は脇が甘いっすわ。
●安美錦(東小結、1勝4敗) vs 琴欧洲(西大関、4勝1敗)○
 安美錦が一度は攻めたけど、逆転されちゃった。琴欧洲はなんと、明日は鶴竜戦。もう、大関同士でやってしまう。
○松鳳山(東前頭2、3勝2敗) vs 稀勢の里(西大関、4勝1敗)●
 稀勢の里はまず、立ち会いがふわっとした感じになって失敗気味だった。で、攻めているけど、まわしがつかめていない。まわしをつかめないまま攻めて負けることが、稀勢の里は多い。それにしても、安定感がないわ。

【7日目】
○隆の山(東十両4、3勝4敗) vs 北はり磨(東十両、2勝5敗)●
 白星先行じゃないのね。
●豊真将(西小結、1勝6敗) vs 豪栄道(西関脇、7勝)○
 もう、豪栄道に頑張ってもらうしかないのでは。日本人力士のなかでは。
●妙義龍(東関脇、2勝5敗) vs 稀勢の里(西大関、5勝2敗)○
 今場所は大関vs大関、大関vs関脇を早くからガンガンやっている。妙義龍は負け越しの危機。
○鶴竜(東大関、5勝2敗) vs 琴奨菊(東大関、5勝2敗)●
 これって、まずは負ける琴奨菊が悪いんだよ。で、その次に変化した鶴竜でしょ。

【中日】
●隆の山(東十両4、3勝5敗) vs 玉飛鳥(西十両2、6勝2敗)○
 隆の山、ついに十両まで負け越すかも。相手が攻略法をわかってるからかな。それを上回らなきゃ。
●隠岐の海(東前頭1、2勝6敗) vs 豪栄道(西関脇、8勝)○
 もう、豪栄道しかいない。
●琴奨菊(東大関、5勝3敗) vs 稀勢の里(西大関、6勝2敗)○
 地元の大きい声援。勝負のときも止まないから、ムカついた。だから、稀勢の里が勝って余計にうれしかったよ。しっかし、稀勢の里が2敗で、他の3大関は3敗とは。

|

« これも回復の証なのか | Main | 平成24年大相撲九州場所(9日目~千秋楽) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 平成24年大相撲九州場所(初日~中日):

« これも回復の証なのか | Main | 平成24年大相撲九州場所(9日目~千秋楽) »