« 平成25年大相撲初場所 | Main | 7年ぶりの東京・神奈川(その4) »

Thursday, March 21, 2013

平成25年大相撲春場所

 書くのは相撲を観た日だけ。家庭教師など、忙しくて観られないときは何も書きません。14日目からは県外に出るので、13日目までです。

【3日目】
●若荒雄(東十両7、1勝2敗) vs 隆の山(西十両8、2勝1敗)○
 隆の山はともかくとして、若荒雄って三役にいなかったっけ?
●双大竜(西前頭5、3敗) vs 磋牙司(西前頭14、2勝1敗)○
 双大竜は福島県出身として注目を集めてるし、自分の好きなタイプ(小兵)の力士ではあるけど、幕内では厳しいんじゃないかと思う。
●豪栄道(東関脇、2勝1敗) vs 把瑠都(西関脇、3勝)○
 把瑠都の押し相撲に、豪栄道は何もできる。把瑠都は実力は今の大関陣と変わらないので、気分良く且つ注意深く相撲を取れれば、二桁はいけるはず。
○千代大龍(東前頭2、2勝1敗) vs 琴欧洲(西大関、1勝2敗)●
 四つ相撲でこの結果。どっちが大関やねんという内容だった。琴欧洲はさっさと引退しろ。
○栃煌山(東小結、2勝1敗) vs 琴奨菊(西大関、1勝2敗)●
 琴奨菊は嫌いな力士なので、この結果はOK。琴欧洲と一緒で、情けない相撲だわ。実況で「大関になると守りに……」なんて言ってたけど、たしかに、2回に1回勝ち越せば地位は守れるし、危なくなっても互助相撲でなんとかできるわけだしね。
●鶴竜(東大関、2勝1敗) vs 妙義龍(西前頭2、2勝1敗)○
 この力士も、大関になる前と後での差が大きい。ダメ大関だよ。
●日馬富士(東横綱、2勝1敗) vs 高安(東前頭1、1勝2敗)○
 日馬富士がもろ差しになって前に出たんだけど、その体勢で動いた距離が長かったためか、足がついていかなくなって、逆転の突き落としが決まった。まあ、安定性はない力士だから。

【4日目】
●宇野(東三段目46、1勝1敗) vs 阿夢露(西三段目44、2勝)○
 先場所で復帰して、序二段で優勝した阿夢露は、今場所は三段目にいる。ここも勝ち星を伸ばして、来場所は幕下だ。
●誉富士(東十両4、1勝3敗) vs 隆の山(西十両8、3勝1敗)○
 送り出し。最近、隆の山の相撲を見たことがない。
●稀勢の里(東大関、2勝2敗) vs 栃煌山(東小結、3勝1敗)〇
 稀勢の里って、欠点が本当に改善されない。腰が高いとか。進歩がない。
○鶴竜(東大関、3勝1敗) vs 把瑠都(西関脇、3勝1敗)●
 四つに組んで把瑠都が勝てると思ったけど、ガクッと崩れていた。なんだか。
●日馬富士(東横綱、2勝2敗) vs 千代大龍(東前頭2、3勝1敗)○
 これで横綱かという相撲。差が激しすぎる。

【5日目】
●大砂嵐(東幕下23、2勝1敗) vs 若三勝(西幕下20、3勝)〇
 エジプト出身の大砂嵐が、もうここまで来ていた。負けたけど。
〇千昇(西十両14、2勝3敗) vs 隆の山(西十両8、3勝2敗)●
 こういう相手に負けるのはもったいないよね。雅山に負けたのもそうだけど。
〇把瑠都(西関脇、4勝1敗) vs 琴欧洲(西大関、1勝4敗)●
 これまでの成績は琴欧洲が分がいい。しかし、把瑠都が不甲斐ない大関に勝った。琴欧洲はどうせ、来場所は勝ち越すんでしょ。
〇稀勢の里(東大関、3勝2敗) vs 千代大龍(東前頭2、3勝2敗)●
 取組前の実況で、千代大龍が「前に持って行きたい」とコメントしていたのを聞いて、「そんなこと言って、当たってすぐに引くんだろ?」と思ったら、案の定だった。

【中日】
○舛東欧(東三段目49、4勝) vs 阿夢露(西三段目44、3勝1敗)●
 なんと、阿夢露が送り出しで負けてしまった。日本語の上手い舛東欧に。まあ、6勝すればいいよ。
●隆の山(西十両8、4勝4敗) vs 天鎧鵬(西十両5、6勝2敗)○
 天鎧鵬は隆の山に分がいい。その秘訣は「何もしないこと」。今回の相撲もそうだった。大きな身体を活かして、隆の山の攻めに動じずに、冷静に勝った。隆の山は、こういう力士に安定して勝てない限りは苦しいと思う。
●栃煌山(東小結、3勝5敗) vs 把瑠都(西関脇、6勝2敗)○
 把瑠都には頑張ってほしい。マジで。
●稀勢の里(東大関、4勝4敗) vs 豪栄道(東関脇、6勝2敗)○
 キセノンさぁ……。もう、恥ずかしいよ。
●日馬富士(東横綱、3勝5敗) vs 豊ノ島(東前頭4、6勝2敗)●
 白鵬が金星を献上したら驚くけど、日馬富士だと驚きは無いね。横綱になる前は、コロコロ負けるのがいつものことだったんだから。

【11日目】
〇阿夢露(西三段目44、4勝2敗) vs 琴太豪(西三段目38、3勝3敗)●
 阿夢露、なんとか勝ち越した。あと一番勝っても、幕下昇進は微妙だ。
●隆の山(西十両8、4勝7敗) vs 千代鳳(西十両3、7勝4敗)〇
 隆の山はこれ以上負けが込むと、幕下陥落もあるかも。上がった時の勢いは無いね。
●栃煌山(東小結、6勝5敗) vs 高安(東前頭1、4勝7敗)〇
 高安は、取組前のコメントと真逆の相撲を取ってしまったから情けない。まあ、そういう力士は多いけど。
●栃ノ心(西前頭1、4勝7敗) vs 把瑠都(西関脇、7勝4敗)〇
 栃ノ心は上位相手だと、普通に負けてばかり。把瑠都は白鵬相手に善戦はするけど、上手くないから結局は負ける。昨日は相手を気にせず、一気に押していけば良かったのでは。

【12日目】
●隆の山(西十両8、4勝8敗) vs 丹蔵(西十両6、8勝6敗)○
 押し出し。周りの力士たちが隆の山対策をわかってきたのに、隆の山自身に工夫が見られない……とか?
〇妙義龍(西前頭2、6勝6敗) vs 把瑠都(西関脇、7勝5敗)●
 把瑠都の足が出ていた。だから、立ち会いだよね。
〇日馬富士(東横綱、9勝3敗) vs 琴奨菊(西大関、7勝5敗)●
 また9勝だと横審にどうこう言われるから、10勝はすると思う。
●稀勢の里(東大関、7勝5敗) vs 白鵬(西横綱、12勝)〇
 白鵬と稀勢の里が逆の立場なら、星2つの差でも稀勢の里が優勝できるかどうかは怪しいけど(昨年実証済み)、白鵬ならまず優勝しちゃう。

|

« 平成25年大相撲初場所 | Main | 7年ぶりの東京・神奈川(その4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 平成25年大相撲春場所:

« 平成25年大相撲初場所 | Main | 7年ぶりの東京・神奈川(その4) »