« はな花『スイーツ&ライトミールフェア』 | Main | てるKUNの『WP8 2015』プレイ日記 2 ~1982年(1年目) »

Saturday, May 23, 2015

てるKUNの『WP8 2015』プレイ日記 1 ~初期設定

 競馬のシミュレーションゲーム『Winning Post』シリーズの最新版、『Winning Post 8 2015』が2015年2月に発売された。この作品と自分の関わりについては、スポーツブログに書いてある通りである。
 このブログでは、PC版のプレイ日記をつづっていきたい。自分の場合、違った視点でのプレイになると思う。問題なのは、落ち着いてゲームをプレイできる状況ではないことだ…。

 さて、まずはインストールから。本作からSteamクライアントというソフトが必要になった。しかし、これをダウンロード&インストールするのに手間取ってしまって、タイトル画面を見るまでに90分もかかってしまった。
Wp8_2015_000

 さあ、プレイ開始!…といかないのが、このゲーム。こだわりのある人なら尚更だろう。まずは、人名(騎手・調教師・馬主・牧場長)の実名化だ。これは、『WP8』のデータを継承すればOKだから楽に済んだ。
 今作から追加されたのが馬エディット。ゲームに登場する競走馬などの能力を変更できる機能だ。自分がいじったのは2012年生まれの馬(現在の3歳馬)、そして地方所属馬などである。
Wp8_2015_001

 自分は『WP8』で地方馬を作った。ただし、前作よりも前からいた地方馬(地方出身馬含む)は自分が作ったものではない。このデータを一通りチェックしてみたら、「違うでしょ?」という箇所がかなりあったのだ。そこで、既存の地方馬データをボランティアでいじった。その数、210頭。ただ、無償だとやる気がなかなか起きなくて…。
 結局、作業が間に合わず、自分の修正が反映されたのは一部だけだった。そのなかに含まれているのがトウケイニセイやカウンテスアップ。間に合わなかったのがフェートノーザン。ネットで、フェートノーザンが使えない馬と言われているのは不本意だ…。自分は「地方馬の最強はトウケイニセイとフェートノーザンです」と伝えていたから。

 そういうわけで、自分の“箱庭”については、自分の納得できるデータにそろえたかったのである。たとえば、ミツアキサイレンス。修正前はこうだ。
Wp8_2015_002

 修正後がこう。どれだけ変わったか、おわかりだろうか? この馬はかなりいじった。芝の阪神大賞典での好走とか、競走実績を反映させるとこうなる…というのが自分の考えだ。
Wp8_2015_003

 ただ、この馬エディット。プレイヤーがいじれるのは、一部のデータに過ぎない。外見データやマスクされているデータはいじれない。これもいじりたいのに…。
 3歳馬は、皐月賞が終わった時点までの成績を反映させることができた。おかげで、ゲーム開始は5月に入ってからだった。

 さて、初期設定。秘書は金髪ねーちゃんにした。
Wp8_2015_004

 ゲーム開始は1982年、難易度はHARD、モードはBにした。
Wp8_2015_005

 勝負服は灰色と白色を使ったデザインに。
Wp8_2015_006

 牧場は浦河に開設した。理由は、浦河をたびたび訪れて、泊まったこともあるから。
Wp8_2015_007

|

« はな花『スイーツ&ライトミールフェア』 | Main | てるKUNの『WP8 2015』プレイ日記 2 ~1982年(1年目) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference てるKUNの『WP8 2015』プレイ日記 1 ~初期設定:

« はな花『スイーツ&ライトミールフェア』 | Main | てるKUNの『WP8 2015』プレイ日記 2 ~1982年(1年目) »