Sunday, January 16, 2005

無念の吹雪、笑顔の涙――切なく、でも明るく終わった高崎競馬

 2004年12月31日、群馬県の高崎競馬場が81年の歴史に幕を閉じました。競馬場の廃止は2000年以降、大分県の中津、新潟県の新潟と三条、島根県の益田(休止)、山形県の上山、栃木県の足利に次いで6つ目。2005年3月14日には栃木県の宇都宮競馬場も廃止してしまいます。飛行機の運賃が高い時期ではありますが、自分は遠い宮崎から高崎に行ってきました(チェックしてた居酒屋めぐりもしたかったし)。自分が見たり感じたりしたことを、ここで書かせていただきます。
 画像について一つだけ。当日は激しい雪が降っていたのですが、画像を小さくしたら雪の粒が潰れてしまいました。降雪の激しさが、この画像では伝わりにくくなっています。すみません(ToT)

【高崎競馬の開始から廃止までの流れ】
 高崎での洋式競馬は1895年(明治28年)9月、陸軍の高崎15連隊が日清戦争の戦勝祝賀競馬を200間(約400m)の円形馬場で開催したことから始まった。
 1923年(大正12年)には、高崎常設倶楽部が現在地に800m右回りの高崎競馬場を創設。翌年10月、群馬県畜産組合連合会が勝馬投票券ありの競馬を実施。これが高崎競馬81年間の幕開けとなった。現在の1200mの馬場は、1934年(昭和9年)に拡張されたものだ。
 戦争で中断するも、1945年(昭和20)年に復活。一県四市(群馬県、高崎市、前橋市、伊勢崎市、太田市)で主催するなど紆余曲折を経て、1968年(昭和43年)3月に競馬組合の構成団体が群馬県と高崎市に落ち着いた。
 1976年(昭和51年)には境町トレーニングセンターが完成。売上は伸び、1990年度(平成2年度)で約245億円に到達。競馬のほうでは、カツノコバン(高崎大賞典)やグレートサーペン(南部杯)といった全国レベルの強豪たちが華を添えていた。
 しかし、1991年(平成3年)以降は売上が減少し、1992年度(平成4年度)からは赤字を計上。2003年度(平成15年度)には売上が47億円まで落ち込み、単年度赤字は6億7800万円に。これまで群馬県の財政に143億円、高崎市に36億円貢献してきたが、累積赤字は51億円に膨れ上がっていた。この年(2003年)には、高崎競馬検討懇談会が「2年間で収支均衡の見通しが立たない場合は廃止を決断すべき」という提案を出している。
 2004年度に入っても苦戦は続き、4月と5月の売上が前年の91%までに減少。8月には県が廃止を検討していることが明るみになり、関係者が存続を求める署名運動やデモなどを始めた。そして9月28日、小寺弘之群馬県知事が群馬県県議会で高崎競馬の廃止を明らかにした。
 その後、競馬法改正を見据えライブドアが民間参入を表明するも、12月7日に交渉は打ち切り。ついに、高崎競馬は最期の日(2004年12月31日)を迎えたのであった。
 (4月以降の新聞記事、高崎競馬公式サイトにある高崎競馬の歩みをもとに書きました。思い出の名馬は読んでて涙が出そうになりました(ノД`) 全部じゃないけどここに出てくる名馬たち(12頭ほど)、他の活躍馬はゲーム『ジーワンジョッキー』シリーズに登場するので、楽しんでください)

【12月30日】
 小寺知事が廃止表明をしたときに12月末まで開催すると言ってたんだけど、不安が一つあった。それは大晦日の大一番『高崎大賞典』。南関東だと転入条件があるし、オープン馬が大賞典前に移籍したらレースがやれないのではないか…と。下級条件の馬ばかりならやらないだろうし…。ファン投票は中止になった。でも、テンリットルやタワリングドリームといった主力メンバーが出走予定馬に名を連ねて一安心。この後に自分は飛行機の予約をした。
 しかし、29日になって新たな不安が発生。それは、雪。気象庁のサイトによると、31日の群馬県は「12~18時 80%の確率で降雪」。中止なら行かないほうが、飛行機のキャンセル料だけで済ませたほうがいい…とも思い、悩みに悩んだ。
 30日になっても天気図は変わらず。ただ、雪は31日の12~18時だけだから、確率が低い前後の時間帯は降らない。「午後に入ってから中止」となるはず。それなら行こうと決意。雪対策をして出発した。

【競馬場へ】
 都内で8時に起きて情報収集。他場は「福山競馬が降雪で中止に」、高崎競馬は「開催する」、天気は「雲が西から移動してるので午後は雪」。それにしても、最終日になって雪とは…。そういえば、足利はちょっとだけ雨が降ったし、上山も酷い天気だった。
 11時頃、JR東京駅。11時半の上越新幹線で高崎駅に向かう。大晦日だけに乗車率は100%オーバー。上越新幹線に乗るのは、廃止直前の新潟県競馬を観に行ったとき以来。
 高崎に近づいて、新幹線が減速し始めたとき。窓の外を見た。暗い。しかも、ちょっと白っぽい。ジーッと見る。雪だった。雪が降っている。「あぁ…('A`)」と思った。
 12時20分頃到着。JR高崎駅の外に出て、雪の降りの激しさを初めて感じた。あと、寒ぃーーーーー!((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 本当は無料バスを使いたかったのだけど(自分は貧乏金無し)、タクシーを使った。タクシーの運ちゃん「無料バス出てるよ」。わかってるよ…('A`)
 競馬場には1メーターで着いた。当たり前だけど、雪がボーボー。3年前の大晦日はいい天気だったのにね…。入場門の上を見ると「高崎けいば 81年間のご愛顧ありがとうございました」の看板が掲げられている…いや、自分が気づいたのは画像を見てから。じっくり物を見てる余裕はなかった。急いで取材申込をして、レースに向かった。
13時頃の入場門。小さい画像で見えにくいけど、雪がかなり降っていた 入場してすぐの一号スタンド 開催終了を知らせる看板

第6レース サラ系C13(ダ1330m、12頭、雪、稍重)
 レースはちょうど発走しようかというところだった。雪のせいで視界が悪い。4コーナーがうっすらと見える程度。向正面はほとんど見えない。走路は白いパウダーを振り撒いたかのような状態。とにかく寒い。
 雪の当たらないスタンドでは、多くの人がコースを見つめている。傘を差して、ラチ沿いで見ている人もいる。自分の近くにはテレビカメラが。そういえば、この日は群馬テレビで15:30から1時間の中継番組をやるんだった。
 ここで、自分の失敗に気づいた。駅のロッカーにカバンを置いてきたんだけど、傘やタオルも置いてきてしまった…。カッパは宮崎に忘れてきてるし。雪対策失敗…_| ̄|○ キツい。でも、「このレースで最後かもしれないんだから」と自分に言い聞かせて、雪だるまになる覚悟をした。ジョッキーや関係者に比べれば、ずっと楽なんだし…。
 レース発走。目の前を過ぎて向正面へ。見えない。寒さで((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 直線に入ってもどうなってるかわからない。声援が大きくなる。ゴール直前でわかった。1着ノブシテイオウ(福元弘二)、2着ジャスピライト(赤見千尋)。
 人馬が戻ってくる。検量室前の、ジョッキーや厩舎関係者たちのやり取りする様子はいつもと変わらない。雪は激しく降ってるし、馬の息は白いし、報道関係者がいろいろいたりはしてるけど。
 勝ったノブシテイオウは走路で口取りを行った。雪が45度の角度で叩きつけるなかで…。
スタート直前のゴール前 1周目のゴール前。赤見JKが逃げる
1着ノブシテイオウ(福元弘二)、2着ジャスピライト(赤見千尋) 引き揚げてくる人馬
リバレイハートと水野貴史JK 馬の息が真っ白
ジャスピライトと赤見JK ノブシテイオウと福元JK
検量室前を過ぎるジョッキーたち 福元JKを称えつつ、にぎやかな会話が
吹雪のなかで口取り ゴール前から4角を望む。視界が悪い…

【浦和の騎手が応援】
 第6レースの4着は浦和の秋元耕成JK、10着もこれまた浦和の岡田大JK。30日と31日は、浦和競馬所属の騎手たちも騎乗していた。
 これは自分が聞いた話。30日と31日は宇都宮競馬も開催してるので宇都宮の騎手は来れないし、31日なんかは全レース12頭のフルゲート。そこで、浦和に応援を要請したらしい。声をかけたところ、多くのジョッキーたちが手を挙げてくれたそうだ。
 足利所属だった加藤和博JKの参戦は、うれしかったファンもいるのではないだろうか。浦和と彼らに感謝。

【装鞍所とパドック】
 装鞍所に足を運ぶと、中心部にある木の枝(葉は付いていない)が白くなっている。
 パドックも真っ白。ただ、周りはいつも以上の熱さだ。横断幕がズラーッと並び、人もビッシリ。高崎は屋根があるから、ありがたい。出走馬が本馬場に消えると、人も消えていたけど(馬がいなけりゃ、パドックに用はない)。
13時前の装鞍所。8レースの出走馬たち パドックを周回する7レースの出走馬たち
応援幕がたくさん 人もたくさん

【場内】
 雪が降る寒空の下を好んで歩く人はいない。外は静か。でも、内は違った。スタンドは大混雑で、食堂は大繁盛。
 高崎といえば、マスコットの「タッキー」。女性や子供たちを楽しませてくれる。自分みたいな野郎にも愛嬌を振りまいてくれるいいヤツである(ノД`) 群馬記念のときもそうだったけど、この日はタッキー2頭出しだった。
13時のパドック近辺 タッキーと子供。いいよなぁ…(ノД`)
食堂は熱気ムンムン スタンド1Fは大混雑

【新高崎競馬応援団?】
 入場門を入って左側にあるテントの下に「新高崎競馬応援団」なる人たちがいた。女性スタッフが数人おり、テーブルの前に「千円」「1万円」「後半5Rから馬を当てて図書カードをゲットしよう」などと書かれたボードが貼られている。勝ち馬当てクイズ、アンケートを行っていた。
 この人たちは、12月下旬に活動を始めた応援団(?)。パドックにこんな横断幕を掲げていた。「平成17年5月 新競馬開催(←の1/3の大きさの文字で続けて)予定 境町新競馬場でお会いしましょう」。境町トレセンを競馬場に…というものらしい。某夕刊スポーツ紙の一面のキャッチみたいに「予定」が小さいのはなぜ?と思ったけど。どうやら、ライブドアの参入表明後に立ち上げられた『夢競馬を創る会-チーム・フェニックス』の人たちが中心のようだ。数日前に彼らのサイトでなぜかハルウララ云々でいろいろあって、自分は「なんだかな(´д`)ヤレヤレ…」と思っていた。
 話を聞いてみたかったんだけど…ごめん、小心者の僕ちゃんは「アンケートどうですか?」と声かけられた途端に逃げちゃったよ(´・ω・`) アンケートは書きたくないし(署名などの個人情報を晒すような行為は嫌い)、危機センサーが働いちゃったので。アンケート用紙だけでもいただけばよかった…。
 何も知らない人は、勝ち馬クイズが目当てだったんじゃないかな。
正門入って左にあった新高崎競馬応援団のブース 机には「勝ち馬を当てよう」 クイズのついでにアンケートも記入する人たち

第7レース 若駒さよなら特別(ダ1500m、2歳12頭、雪、稍重)
 雪の降りも、積もっている量も第6レースより激しくなってきた。競馬場全体の白みが増している。それは、コースを走る人馬にとってより厳しい状況になっているということだった。レースは1着テツクリーク(浦和・加藤和博)、2着インカラリック(金井正幸)。
 ジョッキーのなかにはマスクを着けてる人もいる。「このまま銀行に行ったら通報されるだろうな…」と思った。勝った加藤和博JKには金田TRが「ありがとう」と温かみを持って声をかけていた。
二号スタンド。雪の降りが激しい 旗振りも大変
ラチ沿いでレースを観る人も大変 1着テツクリーク(浦和・加藤和博)、2着インカラリック(金井正幸)
下馬するジョッキーたち 鞍を外す矢野貴之JK。そのまま銀行に行けそうなフェイスマスクだ 加藤JKをねぎらう金田TR

【雪はさらに激しく。そして…】
 雪がさらに激しくなっていく。いつ終わってもおかしくないとは思っていたけど、その気持ちもだんだん強くなっていく。そして…。
 第7レース終了後、新たな情報が入ってきた。「境町トレセンと競馬場の間の高速道路(関越道、北関東道)が路面凍結で走れない」「11レース(10レース?)以降の馬運車が来れない」というもの。つまり、馬運車が到着できないレース(高崎大賞典、ファイナルカップ)は行えない。中止が決まったということだった。
 この雪ではどうしようもないし、宮崎にいた頃から予測はしていたこと。でも、現実に途中で終わってしまうのは…。とにかく後は、馬運車が来てるレースでどこまでやれるか…。
 事務所に行くと、組合の幹部らしき人たちが集っていた。中止が決まったレースの馬主が詰め寄っている。最後には投げやりな言葉を浴びせていた。
 場内を歩く。屋内はとにかく人がいっぱい。外はほとんどいない。いや、子供だけは元気(苦笑) 雪を投げたりして遊んでいる。それをテレビが撮影している。馬がパドックにいないとき(人気がないとき)に戻ると、小さい雪だるまがいた。
 じつは、自分はレースが終わってから知ったので先に書くけど、次の第8レースが最終レースになってしまった。パドックでジョッキーが「これで終わり」と言っていたらしい。知らないから、馬券買えんかった(ノД`)
13時26分の1角。一面銀世界… 雪が競馬場をどんどん覆っていく…
本馬場入口をおじさんが掃いていた 13時41分の様子。向うにある住宅の屋根に雪が積もっている
スタンド入口は冷たい水でビッショリ モニターを見つめる人たちの視線は熱かった
8レースの出走馬が出た後のパドック 新高崎応援団の幕
子供は元気! それをテレビが撮影していた たぶん、子供が作った雪だるま。高さは30cmほど 雪だるまとパドック

【これが最後。第8レース サラ系AB1(ダ1500m、12頭、雪、重)
 出走馬12頭が誘導馬に連れられ入場。4コーナーから直線に入ったところに、馬場整備の車輌が2台待機している。これは、馬が入場してから雪を掃いて、馬場を少しでも良い状態にして走らせよう…という関係者のアイデアだった。
 自分はスタンドで見ることに(ゴール前ばっかりだったし)。内馬場ではセレモニーで使う花火のセッティングをしている。
 14時発走。水野JKのムーブメイトが逃げて、茂呂JKのチヨノスターがマーク。(向正面は見えないんだけど)3コーナーで4番手に付けていた赤見JKのファーストルーチェが先頭に立ち、後方にいた久保田JKのブラックベスが2番手に進出。直線はこの2頭の勝負に。ファーストルーチェが逃げ、ブラックベスが追いすがる。2頭の叩き合い。しかし、ファーストルーチェがクビ差ゴール。高崎競馬81年のファイナリストは赤見千尋! ゴール前では競走を中止したライトシーザーの丸山JKが下馬していた。
 自分は検量室に急いで向かった。報道陣や関係者がたくさんいて、赤見JKが戻ってくるところだった。泣いている。顔を真っ赤にして。泣きながら量りに乗る彼女…。外に出て、ファーストルーチェに乗って、ゴール前に向かって歩き出す。ゴール前には人がたくさんいた。
 吹雪のウィニングウォーク。外ラチ沿いに歩く。「赤見ちゃん、おめでとう!」「ありがとう!」と声がかかる。赤見JKは涙を流しながら応えていた。
 赤見JKが戻ると、ジョッキーたちが待っていた。(聞き覚えてないけど)「よくやった!」とか、祝福や励ましの声が赤見JKにかけられる。水野JKが求めて握手した。
 この後、8レースで開催を中止するアナウンスが流れた。話を聞いたときは「(´゚д゚`)えっ?」と思ったけど、すぐに「しょうがないよな…」になった。
本馬場入場 誘導馬、最後の雄姿
馬が入場後、待機していたトラック2台が馬場整備 発走直前
水野JK騎乗のムーブメイトが逃げる 逃げるファーストルーチェ(赤見JK)、迫るブラックベス(久保田政弘JK)。2頭の叩き合い!
ライトシーザー(丸山侯彦JK)がゴール前で下馬 勝った赤見JKは泣きながら引き揚げて来た。そのまま検量… 吹雪のなか、ファンの前で最後のウィニングウォーク
馬上でも泣いていた…(ノД`) 戻ってきた赤見JKをジョッキーたちが温かく迎えた
水野JKが声をかけて握手した 9レース以降の中止を告げるモニター

【セレモニー】
 最終レースのファイナルカップ終了後に行われる予定だったジョッキーの挨拶などが繰り上げて行われることに。
 スタンド前の走路にジョッキーたちが一列に並ぶ。手にはムチや勝負服などを持っている。ラチ沿いには傘を持った人が多くいて、スタンドにもレースのときと同じぐらいの人がいる。雪の降りは相変わらずで、寒い寒い。タッキーの顔にも少し雪が積もってる。でも、タッキーの中は温かいかも…。
 木村芳晃騎手会長が前に出てマイクを握る。ファンに向けての挨拶。木村JKは高崎大賞典で有力馬のタワリングドリームに騎乗予定だった。だから、「僕が、勝って終わらせたかったんですけどぉ」という言葉が出る。途中で終わったことが残念なのは、競馬場にいる人すべて共通のものだったと思う。最後は「またどこかで会いましょう。ありがとう」で締めた。
 挨拶が終わるや、ジョッキーたちが人々に寄って手に持っていたプレゼントを手渡す。人々は“物貰いモード”に突入(競馬場は人の欲望を裸にする。表彰式でよくプレゼントされる花束。あれをオッサンがなんでもらいたがるかわからんよ。部屋に飾るのか? 自分が足利でもらったときは、帰りに吉原に寄って女の子にあげたけどさ)。別れを惜しむ感でもなく、物をねだる。ジョッキーたちは大盤振る舞いで、勝負服を脱いで渡す人も。後ろを見ると横断幕を持った新高崎の人たちがいつの間にかいたけど、たいして気にならなかった。人々が物を取るのに夢中になってるように、目の前のシーンを撮ることに夢中だったので。 
 プレゼントを渡し終えたジョッキーたちが一同に集る。そして最後は三三七拍子。みんな笑顔だった。
 自分はこのとき、初めて目頭が熱くなった。雪のせいで半端な終わり方になったけど、ジョッキーたちが明るく締めてくれて助かったなぁって。自分は高崎競馬場の廃止はしょうがないと考えてるし、この競馬場に思い入れのない奴だけど、これはジ~ンと来た。
 ジョッキーたちが戻っていく。水野JKや赤見JKたちはサインをせがむ人々に応えている。激しいサイン攻め。おさまる気配がない。
 走路ではタッキー2頭を従えた副管理者が挨拶していた。これまた後ろになぜか新高崎応援団がいる。正直、何を言っていたのかは覚えてない。覚えているのは、新高崎の女性が野次った「極悪人!」という一言。スタンドの野次はあっても少しだったと思う。
 雪はまだまだ降っている。整備をしていないので、走路も真っ白。ラチ沿いではジョッキーたちがまだサインしていた。人々がまだサインを求めている。この天気と温度、しかも彼らは素手。肩と頭に雪が積もっている。さすがに「オイオイ。もう、遠慮して帰してあげろよ…」と思った。
ジョッキーたちが整列。プレゼントするために勝負服やムチなどを手に持っていた ファンが見つめる
暑い日はサウナ地獄だろうけど、こういう時は中の人は快適だったかも…? 木村芳晃騎手会長が挨拶。高崎大賞典は有力馬のタワリングドリームに騎乗予定だった。「僕が勝って終わらせたかったんですけど~」
ファンにいろいろプレゼント ムチをプレゼントする丸山侯彦JK
着てた勝負服もプレゼント 横断幕を持ってアピールする新高崎応援団。「新競馬開催」の横に小さく「予定」とあるのは、某夕刊スポーツ紙の一面見出しを彷彿させる
ジョッキーたちが集って、礼して万歳。明るく〆てくれた彼らに救われたと思う。さすがに目頭が熱くなった… 戻っていくジョッキーたち
激しい雪と寒さのなか、サインに応じる水野JK 藤岡探検隊風に言えば「ファンのサインを求める波状攻撃は止まることを知らない!ギャガ━━Σ(゚д゚lll)━━ン!!!」だった… 赤見JKもサインしていた
タッキー2頭を従えて、副管理者が挨拶。その後ろにはなぜか新高崎応援団 見守る人たち
14時30分の直線走路 ジョッキーたちがさすがに気の毒に思えた…(ノД`)

【大サービス】
 宴はまだ続く。
 ゴール付近に群がっている人々に、赤見JKや福元JKなどジョッキーたちがいろんなものをプレゼントしている。ムチ、ゴーグル、ブーツ、鞍などなど。ジョッキーが笑顔で物を持ってくると、人々はテンションが上がり手を伸ばして求める。例えば、こんな感じ。
 丸山JK「タマルファイターで勝ったときの鞍だぞ~」
 人々「おおぉぉっ~!」
 丸山JKは気さくにコミュニケーションを楽しんでいた(面白そうなオッサンだった)。
 ジョッキーたちは入れ替わり立ち代わり物を持ってくる。そのたびに人々は騒ぐ。延々と続きそうだった。
物欲しさに群がるファン サインする丸山侯彦JK。面白いオッサンだった
ゴーグルを手渡す赤見JK 勝負服とかブーツとか代わる代わる持って来てくれた
ブーツを投げ込む 延々と続いた…

【花火】
 内馬場で花火が始まった。打ち上げ花火が上がり、「81年間ありがとう 高崎けいば」の仕掛け花火が鮮やかに…とはいかない。まわりが白いから、よく見えない。文字のヤツは、仕掛けに問題があったと思う。不満の声があがる。はっきり言って、失敗だった。
「81年間ありがとう 高崎けいば」の花火。明るいし、まわりが白いから良く見えなかった… 消える前。ぶっちゃけ「失敗」

【蛍の光】
 全てが終わり、「蛍の光」が流れる。場内は清掃している。自分は場内を歩いてみることにした。
 主がいない予想屋。全レースオール一本槍の「トップスター・タッチャン」で、親子が記念撮影をしている。女性のピンクの予想屋には、新聞の切抜きや全日本レディース招待の記事などが貼られている。「がんばれ!!千尋」と書かれた白い紙の下には赤見JKの写真。それを推定年齢35~45歳、独身と思わしきオッサンが剥いで持ち去っていった。
 そういや、自分は朝から何も食べていない。開催が終わってるし、食堂で半額セールやらないかなと期待してウロウロしたんだけどダメだった。ちなみに自分、スーパーの半額セールをいつも狙っている男である。
 じつは、レースの中止が決まってからも高崎大賞典とファイナルカップの馬券は買えた。記念に買ってる人たちがけっこういた。自分もだけど、打ち切りになる直前で買えたのはファイナルカップの単勝1枚だけだった。
 あと、これは警備で休ませてもらったときの話。食堂のオバチャンがやって来たんだけど、オバチャン曰く「騎手の看板が欲しいって言ってるお客さんがいるんですけど。頼まれたんで、じゃあとりあえず聞いてきますと言って来たんですけど」。その場にいた全員が「ダメだろう」。3月までは宇都宮で騎乗するんだし。なんかレース終了後は物を持って行こうってのが多かったね。
 パドックの近くに行くと、雪だるまが壊されていた…。近くでは捨てられた競馬新聞が雪に埋もれそうだった。
雪は一向に止まない。装鞍所の木はまるで樹氷… 清掃中のスタンド1F、JRA発売所付近。
全レース一本槍の「予想屋タッチャン」で記念撮影していた親子 紅一点の予想屋さんに貼ってある「がんばれ!!千尋」の赤見千尋JKの写真を剥ぎ取っている推定年齢35~45歳のオッサン 予想屋さんは3月まで営業するのだろうか?
「高崎競馬場は長い間皆様に親しまれてまいりましたが、高崎競馬は本日をもちまして、その歴史をとじることになりました。皆様にご愛顧いただきましたことを、心から感謝申し上げます」 崩れていた雪だるま…
雪に埋もれそうな競馬新聞 雪がチラチラ落ちてくる…

【打ち上げ】
 競馬場からお客さんがいなくなった後も、自分は競馬場にいた。競馬組合の人に挨拶したかったし、居酒屋に行くから早く帰ってもしょうがないし。
 話を聞くと、数発残していた花火を打ちあげるとのこと。競馬組合の職員、警備員、食堂の従業員、馬券売り場のオバチャンたちがスタンドに集ってきた。16時15分、花火を打ち上げた。少し暗くなっていたので、さっきよりはきれいに見えた。
 「打ち上げ」には「事業や興行を終えること。また、その終了の宴」という意味がある。そのための打ち上げ花火だった。そしてそれは、競馬場で働いてきた人たちへの「お疲れさん」という気持ちが込められたものだった。
花火師が待機している。売り場のオバちゃん、食堂の人たち、警備や組合の職員たちが集ってきた 数発ドカーンと打ち上げ

【タッキー】
 タッキーの画像を集めてみた。
 この日もタッキーは大活躍。子供連れの人気者だった。自分にも愛嬌を振りまいてくれて、カメラを向けるとポーズを取ってくれた。
 競馬場のマスコットで一番好きなキャラだよ。さようなら、タッキー・゚・(ノД`)・゚・
こっちにも手を振ってくれるタッキー(^-^) 騎手会長の挨拶時におどけるタッキー(^-^; バイバイ、タッキー・゚・(ノД`)・゚・

【とちぎ大賞典も雪で中止】
 この日は各地で競馬の中止が相次いだ。福山、大井、高崎、そして宇都宮。
 宇都宮でも大晦日の大一番「とちぎ大賞典」が行われる予定だった。3月に廃止されるので、これが最後。しかし、中止になってしまった。5レースまでに開催が中止になっていれば、翌日に代替開催することもできた…と聞いたので、「残念…」と思っていた。
 しかし、3月14日に「とちぎ大賞典」を実施することが後日発表された。

【大晦日。高崎の夜】
 駅まで歩いて戻り、めぼしを付けていた居酒屋に行った。これが大当たり。よりによって最後の日に、また行きたいお店が見つかってしまった(ノД`)
 外に出ると雪は止んでいた。本当に天気予報どおりの、競馬をやるときだけの雪だった。
 自分は鈍行列車で都内に戻り、宮崎に翌日帰った。

【これから】
 高崎所属馬は同じ北関東の宇都宮には出走できない。ただし、JRAや他地区のレースには出走できる。とりあえず、根岸Sに4頭が登録している。
 ジョッキーは宇都宮で騎乗可能。移籍の話は4人は聞いた。佐賀に3人、あと1人はナイショ。冬に休む競馬場は敬遠されているらしい。
 3月まで、他場やJRAの発売は行われる。

【最後に】
 あっさり終わったな…と思います。引きずられるものはありませんでした。
 「名残を惜しむファンが多かった」というコメントを見かけたり聞いたりしますが、それは違うと思います。物貰いをしていた人々に“高崎競馬のファン”がどれだけいたのか。彼らの顔、盛り上がりを見るにそんなものは感じられなかったです。だから自分は“ファン”じゃなくて、“人々”という言い方をしてるんですけどね。
 最終日の来場者は6700人。通常時の3倍。競馬場の最終日はいつも「廃止祭り」。多くの人が楽しみにやって来ます。怒りや悲しみなんて薄いものです。
 惜しいか、悲しいか、悔しいか、楽しいか――どう受け取って感じるかは、人それぞれ。立場、関わり方、時間の長さ、考え方、どれだけ事実を把握してるかで違います。
 切ないけど、明るく終わった――これが自分の感想です。関係者も、いろんなものは内に込めて、最後は明るく終わらせたかったんじゃないでしょうか。競馬場を訪れた1人として感謝してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, October 24, 2004

10/20荒尾競馬

全日本レディース招待競走、GI馬ダンツフレームの復帰戦などが10/20(水)に行われた熊本県・荒尾競馬の長いレポートです。

【大牟田→競馬場】
 前日から荒尾競馬場に行って、隣の大牟田市に泊まって、朝起きたら台風が来ていたことまでは『よもやま日記』を読んでもらうとして…
 強い風雨のなかJR大牟田駅に行くと、なんと電車はストップしていた。時刻は9時半頃。10時からの記者会見には、なんとか行きたい…。そこで、タクシーを使うことにした。予定外に高い金を払うのはイヤなんだけど('A`)
 運転手のオジサンも、競馬の開催には驚いてるようだった。「こんな天気でやったら、馬がビックリするだろうね」とか言って。主催者の意地というか、今日開催できなかったらせっかくの全日本レディースが中止になるという事情(仕切り直しの順延はできない)もあったからだと思う。川崎や園田は早々と開催中止を決めていた。
 荒尾競馬場には15分ほどで到着。タクシー代は1440円、痛ぇ~出費だ…(ノД`) 競馬場はまだ閑散としていて、レディースのぼりは強風で揺れまくっていた。
Oct20arao_001.jpg Oct20arao_021.jpg Oct20arao_023.jpg

【記者会見】
 事務所4Fの会議室で、10時から記者会見が始まった。
 1人1人紹介を受けて、抱負を語るジョッキーたち。JRA・牧原「こういう機会はなかなかないので、楽しみにしています」。荒尾・岩永「先輩達に負けないように頑張りたいと思います」。緊張のせいなのか、荒れた天候への不安からなのか、みんな表情が硬いように感じた。
 ジョッキーたちに質問が飛ぶ(女性記者が積極的に質問していた)。「ジンクスはなんですか?」と聞かれた岩永騎手。「は、恥ずかし~…」と照れに照れまくってたけど、「この靴下を履けば、勝てるというのはあります。今日のレースのために取ってます。ファンの皆さんの声援に応えられるように頑張ります!」と返していた。彼女だけがなんか明るかったな~。
 「女性騎手が交流する意義は?」という質問には、悩みに悩んで言葉に詰まりながらも佐々木騎手が答えた。「お互いに刺激にもなりますし、女性のレースのレベルや向上心が上がったり。そういう面ではいいことだと思います」。
 記念撮影で会見は終了。自分、何も質問しなかったな…('A`) 5月の某新人発表会なんかじゃ、1人で2つもやったのに…。
Oct20arao_003.jpg Oct20arao_018.jpg
Oct20arao_019.jpg Oct20arao_020.jpg

【出場騎手】
(1段目左)JRAの牧原由貴子。26歳、通算34勝。女性騎手のアイドル的存在だけど、乗り鞍が少ないのが気がかり。
(1段目中)JRAの西原玲奈。22歳、通算17勝。佐賀県出身で、荒尾ではカシノコールミーで霧島賞を制している。彼女も乗り鞍は少ない。
(1段目右)北海道の佐々木明美。29歳、通算148勝。通算騎乗数が2565戦と、出場騎手のなかでは2番目に多い。
(2段目左)北海道の笹木美典。22歳、通算4勝。デビュー3年目、ルックスはなかなか…。
(2段目中)岩手の千田和江。23歳、通算9勝。デビュー戦で初騎乗初勝利をやってのけた。
(2段目右)高崎の赤見千尋。26歳、通算85勝。自分が数年前に行ったときの高崎大賞典で、人気投票1位の馬に乗っていた。
(3段目左)浦和の牛房由美子。26歳、通算16勝。浦和の調教師の娘で、旦那は浦和の騎手。
(3段目中)浦和の平山真希。24歳、通算17勝。そういえば、南関の女性騎手は浦和だけだったのか…。
(3段目右)名古屋の宮下瞳。27歳、通算282勝。実績は女性騎手のなかではダントツ。人妻。
(4段目左)福山の佐藤徳子。29歳、通算111勝。連対率は17.2%とけっこう高い。
(4段目中)荒尾の岩永千明。22歳、通算15勝。4月デビューのルーキーで、ある意味今回の主役。
Oct20arao_007.jpg Oct20arao_008.jpg Oct20arao_009.jpg
Oct20arao_010.jpg Oct20arao_011.jpg Oct20arao_012.jpg
Oct20arao_013.jpg Oct20arao_014.jpg Oct20arao_015.jpg
Oct20arao_016.jpg Oct20arao_017.jpg

【会見でも配られていたチラシからの引用文】

女性騎手招待競走は、国内・海外の騎手を招待した81~84年のレディースカップをはじめ、88年のANJレディスカップ、そして89~93年のインターナショナルクイーンジョッキーシリーズと各地で開催されてきました。また、97~00年には国内女性騎手招待として中津競馬場で卑弥呼杯が、01年には新潟競馬で駒子賞が開催され、地方競馬ならではのイベントとしてファンに親しまれてきました。その女性騎手招待競走が、荒尾競馬で「全日本レディース招待競走」として復活。当日は第7競走「荒尾ジャンボ梨特別」と、第9競走「天草パールセンター杯」の2レース総合ポイント制で争われます。向正面のすぐ先に広がる有明海と、雲仙岳、多良岳を望む絶好のロケーションにある日本最南端の競馬場へ、10月20日はぜひご来場ください!

【第1レース・ちびすけ&ウルトラマン】
 8頭出走のサラブレッド2歳戦。ここに気になる馬が何頭かいた。
 まずは、1号馬ニューシティーピース。馬体重はなんと342kg! サラブレッドの体重はだいたい400~500kg台だから、ふつうに小さいと思われる400kgそこらの馬よりさらに小さいのだ(他の馬と見比べると、明らかに小さい)。前走のデビュー戦は339Kgだった。荒尾競馬公式サイトでは「ちびすけ」の愛称で紹介されている。
 名前が気になる馬が2頭。2号馬・オンナウルトラマン。なんじゃ、このネーミングセンスは…( ゚д゚)ポカーン “オンナ”なのに“マン”とはこれ如何に? 6号馬・ララクラフト。映画やゲームでおなじみ『トゥームレイダース』の主人公と同じ名前だ。こんなおかしな名前の馬たちが朝からひっそり走るのが、田舎の競馬場のちょっとした魅力ですな( ゚Д゚)y─┛~~プカー
 台風が最も近づくのがお昼らしく、天気はかなり悪い。雨は少ないんだけど、風が強い強い。レース前にスタンド前を歩いてみると(雨ガッパ着て)、4コーナーから1コーナー方向に押されるのだ! 吹っ飛ばされるかと思った。こんななかでレースをやるんだよなぁ…と、さすがに心配になった。
 レースはウルトラマン3着、ララ5着、ちびすけ最下位(前走もビリ)。2コーナースタートだったんだけど、ちびすけはダッシュが付かず、見せ場のないまま終わってしまった。小さいから向かい風がしんどかったのかも。まっさきに引き上げて来た、ちびすけ。村島俊策騎手が下りるとき、首筋をポンポンと叩いてねぎらってあげていた。がんばれよ(´・ω・`)
Oct20arao_032.jpg Oct20arao_034.jpg

【パドックの横断幕】
 台風接近中だけに、場内はまだ閑散としていた。パドックのお客さんもまばら。地元のケーブルテレビなどが取材をしていた。
 馬が本馬場入場をすませて不在の間、女性騎手のファンや家族らしき人たちが横断幕を張っていた。
 一番多かったのが、西原騎手の4枚。佐賀出身だからだろうか。地元の岩永騎手は2枚。「真紅の花よ 咲き誇れ」の文字がカッコイイ。他は佐藤騎手や宮下騎手など。赤見騎手の「風を切れ 風に乗れ 風邪ひくな」には笑った。
 こんな横断幕が、厳しい天気のなか華を添えていた。
Oct20arao_038.jpg Oct20arao_040.jpg

【八幡屋食堂の焼そば550円】
 起きてからまだ何も食べていなかったので、早いうちに何か食べることにした。
 場内の食堂や売店を歩いて、候補に考えたのは「焼そば」「ラーメン」「ちゃんぽん」の3つ。ちゃんぽんが一番かなぁ…と思ったんだけど、焼そばにしてみた。美味いんじゃないかという予感があったので。
 スタンドそばにある5軒の食堂のうち、八幡屋食堂に入ってみた。お客は自分1人。焼そば550円を注文した。この値段って、他の競馬場より高めだよね?
 さて、感想は――ソースが麺と具材によく絡んでて美味い! キャベツのシャキシャキした歯ごたえもグッド。ボリュームもそこそこある(食欲旺盛な自分は物足りなかったけど。大盛りは750円)。競馬場で食べた焼そばではトップクラス。川崎のパドックそばの辛い焼そば400円よりは好き。宇都宮や高知の不味い100円焼そばなんか足元にも及ばない(高知のなんか、フニャフニャしてるもんね。腹に入れるにはいいんだけど)。うん、いい物を食べた。
 お店のオネーちゃんは元気があって、「万馬券当ててくださいね~」と声をかけてくれた。うれしいね~。
Oct20arao_047.jpg

【第3レースから女性騎手が騎乗】
 第3レースのサラブレッドC-13組。女性騎手の先陣を切って、福山の佐藤徳子騎手が騎乗した。結果は9頭中の4着だった。
 地元の岩永騎手は第4レースと第6レースに騎乗。結果はともに7着。前日に行ったときは、1勝をあげていた。
 第6レースは、北海道の笹木騎手も騎乗。4着だった。
 というわけで、招待競走以外で女性騎手は勝利をあげることができなかった。
Oct20arao_049.jpg Oct20arao_104.jpg

【荒れる海と空】
 レースが進むにつれ、天気はさらに荒れてきた。3レースから雨も激しくなり、4レースあたりでピークを迎えた。
 こんな天気では人馬はもちろん、係員も大変。一番辛かったのは、旗持ちのオジサンだったと思う。
 それにしても、せっかくの一日が台風に祟られるとは…。来場者数にも売上にも影響してしまった。58ヶ所で行うはずだった場外発売も、園田や川崎の中止でほとんどオジャンに。8月3日の霧島賞を全国発売できなかった件といい、荒尾競馬はほんとについてない・゚・(ノД`)・゚・
 この日を楽しみにしていたファンも気の毒だった。前日から泊まっていた人はともかく、当日に遠方から来場するつもりだった人は飛行機の欠航などで断念したはず。九州のファンにしても、JRの運休などで競馬場に行くのが難しいため、諦めた人も多かったんじゃないだろうか。
 自分が残念だったのが、スタンドからの素晴らしい景色が見れなかったこと。晴れの日だったら、有明海や雲仙普賢岳などがよく見える。2年前、初めて荒尾競馬場に来場したときに感動したあの景色をまた観たかったのに…(´・ω・`)ショボーン 山は見えないし、海は大荒れだし…。
 ただ、5レースあたりから山がうっすら見えてきた。全日本レディースの頃には雨も風もおさまっていたし、青空が見えることもあった。台風の通過が6時間ほど早かったら…と、今でも悔やまれる。
Oct20arao_051.jpg Oct20arao_054.jpg

【騎手紹介セレモニー】
 第4レース確定後、入場門そばにあるスタンド1Fのスペースで女性騎手の紹介セレモニーが行われた(悪天候のため、ウィナーズサークルから変更になった)。
 司会は、レースの実況も務めるホッカイドウ競馬の小枝佳代アナ。女性騎手11人が横一列に並ぶ。それをファンや取材陣が熱気とともに取り囲む。岩永騎手には、地元のオジサンが「がんばれよ!」と声をかけていた。地元の年配のファンからすれば、かわいい娘みたいなもんなのかな。
 1人1人紹介され、熊本県馬主会長から騎手全員に記念品が贈られた。ここらあたりから、みんなリラックスして笑顔を見せるようになった。ファンへのボール投げや花束のプレゼントは、みんな楽しんでやっていた。ちょっとした修羅場だったけどね(^-^; 最後は記念撮影を。ジョッキーたちは、自然と笑みがこぼれるようになっていた。
 元騎手の杉村雪さん(旧姓・小田部)もいて紹介されたんだけど、人前に出るのを恥ずかしそうにしていた。そんな雪さんに声をかけてみた。じつは、自分がコーエーで『ジーワンジョッキー3』の開発に関わっていたとき、ゲームに出てくる地方騎手として小田部雪さんの名前も使わせてもらっていたのだ(地方騎手は引退した人も含めて126名ほど)。彼女は重賞を勝ったワシュウタカハル、ヨウメイカイカについての質問アンケートで細かくたくさん書いてくれたなぁ(あのゲームは、西日本の地方馬についてはほとんど、ジョッキーや関係者に聞いたものを反映している)。『ジーワン』のときのお礼を言うと、「その節はお世話になりました」と彼女も覚えてくれていた。最後に「旦那(杉村一樹騎手)の馬券を買ってくださいね」と言われた(苦笑)
Oct20arao_072.jpg Oct20arao_088.jpg
Oct20arao_074.jpg Oct20arao_077.jpg Oct20arao_089.jpg

【レース前の女性騎手たち】
 6レースがパドックを回っている頃、ジョッキーたちは装鞍所で準備を行っていた。鞍を着けて、調教師と相談したり、地元関係者のアドバイスを受けたり。そんなときの彼女たちはさすがに“プロの勝負師”で、ちょっと厳しい顔をしていた。
 事務所1Fでヘルメットなどの準備をしているときは、女の子みんな笑顔でワイワイ楽しく話していた。何話してんだろ、と聞き耳を立ててみたら競馬の話だったけど。そんな彼女たちをまわりの報道陣が撮っていた。
Oct20arao_093.jpg Oct20arao_100.jpg

【第7レース・全日本レディース招待 荒尾ジャンボ梨特別】
 さて、全日本レディース第1戦。パドックに人だかりが出来ていて、期待感が漂っていた。前日に比べると明らかに若い人や女性が多く、カメラを持ってるファンもたくさんいた(前日はオッちゃんとオバちゃんばかりだったもんな~)。
 1番人気は岩永騎乗、中央から戻って前走2着のコウセイユキムスメ。2番人気は同じレースで4着だった西原騎乗、トキメキローマン。2人とも九州出身だから、地元ファンの応援も入っていたのかもしれない。3番人気は前走1着の笹木騎乗、ブルーカンパイ。
 騎乗合図がかかった。地元の岩永騎手には「がんばれよ~」といった応援の声がかけられる。他の騎手には「1着に来てくれよ」という、馬券的中を願う声(ありがちなヤツね)がかけられていた。
 レーススタート。スタンド前の直線で、岩永騎手がハナに立つ。競馬場で働いてるオバちゃんたちもコースの近くに来て、「千明ちゃん、がんばって」と応援していた。記者会見で言っていたように、そういった地元の声援に応えるように、岩永騎手は迫る6番人気・千田騎手のヒカリコバルトをクビ差しのいでゴールした。3着は牛房騎乗のゼンノサンライズ。
 岩永騎手が引き上げてくると、地元の人みんなが大喜び。それは本人も同じで、スタンドに向かって馬上でガッツポーズを見せた。「おめでとう」「(総合優勝まで)あと一つ!」とみんなが声をかける。彼女って、ほんと地元の娘なんだな~。
 レース確定後、ウィナーズサークルで表彰式が行われた。プレゼンターの杉村雪さんから渡されたムチを、3人がファンに向かって投げ込む。喜びいっぱいの岩永騎手は、職員が「馬が入ってきますので…」「時間がないので…」と言ってるのにサインをしつこくねだるファンに、やさしく応えていた。そして、地元テレビの取材を受けていた。
 ポイントは岩永騎手が25点、千田騎手が12点、牛房騎手が8点、西原騎手が6点、笹木騎手が5点、佐々木騎手が4点、他の騎手が3点を獲得した。
Oct20arao_112.jpg Oct20arao_120.jpg
Oct20arao_122.jpg Oct20arao_124.jpg Oct20arao_125.jpg

【第9レース・全日本レディース招待 天草パールセンター杯】
 つづく第2戦。1番人気は2連勝中の牧原騎乗、ナントウジーニャス。2番人気は宮下騎乗、中央から転入初戦のコウユーシャトル。3番人気は佐々木騎乗のインタースカイハイだった(道営のファンが買っていた?)。
 レースは逃げ込みをはかる6番人気佐藤騎乗のハセノアフリートを、牧原ナントウジーニャスが差しきって勝利。3着はナントウの後ろにいた佐々木インターだった。自分、マッキーが目の前で勝つの初めて見たよ!(・∀・)チゴイネ!!
 総合ポイントだけど、岩永騎手がこのレース5着で5点を獲得。牧原騎手を2点だけ上回って総合優勝を決めた。2位は28点の牧原騎手。3位は15点の佐藤騎手だった(千田騎手が同じ15点なんだけど、どういう基準でこうなったかはわからない…。ポイントの説明がないんだもん)。
 そうそう、誘導馬に乗ってた女の子も撮ったんだけど、この子もかわいかったぞ…。
Oct20arao_132.jpg Oct20arao_134.jpg
Oct20arao_138.jpg Oct20arao_156.jpg

【表彰式】
 レース確定後、第9レースの表彰と総合表彰が一緒に行われた。
 自分が一番印象に残ってるのは、とにかくマッキー(^-^; はにかむような仕草とか笑顔とかかわいくて、マッキーばかり撮ってしまった(マッキーファンだった先輩Mさんの気持ちがわかった…)。マッキー、中央でもがんばってくれ~・゚・(ノД`)・゚・
 今回のイベントは、岩永騎手がデビューしたことで始まったと思うんだけど、彼女が優勝して良かったんじゃないだろうか。この一日の彼女を見て、地元の応援する人たちを見てそう思った。
 ああ、そういえば…。メインは牧原、西原、岩永のボックスを買って撃沈したんだった。交通費ぐらい稼ぎたかった(ToT)
Oct20arao_150.jpg Oct20arao_151.jpg Oct20arao_152.jpg

【第10レース・かんなづき特別(ダンツフレーム復帰戦)】
 ここ1ヶ月の荒尾競馬といえば、ダンツフレームの移籍が大きな話題だった。
 ダンツフレームはクロフネら最強世代の一頭。皐月賞で彼の前にいたのはアグネスタキオン、日本ダービーではジャングルポケットだった。4歳時には宝塚記念を制して、GIホースになっている。そして、翌年の宝塚記念後に故障で引退。種牡馬になると思われたが、いろいろあって(詳しい事情は知らない)荒尾競馬場で復帰することになった。この後、浦和競馬に移籍するので、一戦限りの荒尾出走ではあるが。能力と実績だけなら、荒尾競馬史上最強だと思う。
 全日本レディースで盛り上がってる頃、かんなづき特別に出走する馬たちが装鞍所に続々やって来た。99年の愛知杯を勝ったバンブーマリアッチもいる(2着はラティールでしたねぇ)。彼は今年に入ってから荒尾競馬に移籍して、オープンクラスで4連勝している(負かした相手はトーヨーペクター、ホッカイアトラスなど)。じっと見つめていたのだが、メンコを外すときにウィンクしたり、カメラを向けるとベロ出したりしてかわいらしかった(^-^;
 そして最後に、ダンツフレームがやって来た。馬体重を測り、軽く歩いて、自分の場所に入る。厩務員のおじいさんが青いメンコ(ピンクではない)を外すと、あのぶっとい顔白徴が露わに。ボーッとした顔つきだった。自分はずっと彼を見つめていた。「ああ、あのダンツフレームがいま目の前にいるんだ…」と思いながら。
 関係者、あと報道者が数人集まってきた。まわりもみんな注目している。手綱を取る吉田隆二騎手が鞍を着けて、帯を締める。彼は馬のことを聞かれて「乗りやすい馬なんですよ」と答えていた。関係者の話に聞き耳を立ててみると、どうも馬体の調整に苦労したらしかった(飼い葉の量を、云々)。でも、「勝てる」という雰囲気に感じた。
 メインが終わり、パドックに行ってみると、多くの人だかりができていた。この後、レディースの表彰式が行われるのに。GI馬の登場を待ってるんだ、と思った。
 出番がやって来た。出走各馬がパドックに入って行く。4号馬・ダンツフレームは4番目に入っていった。そして、吉田騎手を乗せて本馬場へ向かった。
 自分はとりあえず、記念にダンツ&吉田騎手の名前が入った単勝馬券を買った(倍率は1.1倍)。あと、ダンツを軸に4号馬・マルシゲアリダーと7号馬・チクシダンディの馬単裏表を。ダンツが2着なら交通費になるよな、という下心を持って…。密かに7番と8番バンブーマリアッチを間違えていた(ToT)エーン
 発走がせまる。地元の人に馬券を見せながら「どんなレースをするか楽しみですね」なんて話していた。
 レーススタート。ダンツがスタンド前でハナに立つ。しかし、2コーナーで1号馬・シゲルカミナリにハナを奪われる。3コーナー、そして4コーナーを過ぎても差が詰まらない。やばいと思った。直線に入ると差が開く。その差5馬身でゴール。2着を確保するのがやっとだった。同じ中央からの転入初戦とはいえ、あちらは条件馬(最後のレースが8月末だから、間隔はそんなに空いてなかった)。「馬券、はずしちゃった…」と自分は心の中で泣いていた(ToT)トホホ
 ダンツが戻ってきた。その後、シゲルカミナリが戻ってきた。勝者に「やったな~」と、地元の人が声をかける。後藤孝鎮騎手に、馬上でポーズを取ってもらった。シゲルカミナリには「ダンツフレームを負かした馬」というハクが付いたし、ダンツがいなくなることを思えばこの結果は良かったんじゃないだろうか。
 ダンツを管理する宇都宮調教師がレース後、「1年3ヶ月ぶりだし、調教を1ヶ月しかやってないので、しょうがい。それでも勝てるとは思っていた」と語っていたらしい。この馬の故障と今後を考えれば、無理が出来なかったというのもあると思う。この後は、予定通り浦和に移籍するらしい。現状では南関では厳しいと思うが…。
 こうして、荒尾で一戦限りのレースは終わった。
Oct20arao_158.jpg Oct20arao_165.jpg Oct20arao_169.jpg
Oct20arao_171.jpg Oct20arao_174.jpg
Oct20arao_182.jpg Oct20arao_184.jpg

【その後】
 JRでいったん熊本市に向かって、そこから高速バスの最終便で宮崎に帰ることができた。お昼まで運休していたので、どうなることかと思ったけど。
 全日本レディースは、今後もやりたいという話を聞いた。次回からは、岩手で先日デビューした皆川騎手も参加するはず。悪い天気に祟られるのは、今回限りであってほしい。
 ダンツは、自分がいろいろ電話してるとき、自分の目の前を過ぎて帰っていった。彼は今後、どんな競走生活を送るのだろうか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, October 23, 2004

BLOGもスタート(10/20荒尾競馬フォト)

さるさる日記に続いて、BLOGも始めてみました。
こちらは「画像も添えたもの中心」「毎日更新ではない」でいきます。
よろしくお願いします。

ついで、画像貼り付けのテストも (^-^;
10/20の荒尾競馬場です。

全日本レディース招待競走の頃の空。
Oct20arao_135.jpg

同じ九州出身の西原玲奈騎手(JRA)と岩永千明騎手(荒尾)。
Oct20arao_154.jpg

牧原由貴子騎手(JRA)と馬主さん。
Oct20arao_157.jpg

復帰戦にのぞむダンツフレームと吉田隆二騎手(荒尾)。
Oct20arao_179.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (1)